953件中 21 - 30件表示
  • 甲良町

    甲良町から見た出雲国出雲国

    その子孫が甲良荘尼子郷で尼子氏を称し、出雲国へ下向して戦国大名となった。甲良町 フレッシュアイペディアより)

  • 赤尾氏

    赤尾氏から見た出雲国出雲国

    清綱の長男は通称新兵衛尉、後に清冬。浅井氏滅亡後宮部継潤に仕え、因州諸磯の城代となる。その後、継潤の子宮部長房に仕えるも、関ヶ原の戦いで長房が西軍に組したために長房は所領鳥取5万石を没収される。清冬の子の三右衛門清正は初め宮部継潤に仕え、関ヶ原の戦いの後、元の主家である京極高次に1000石(京極高次分限帳)で仕える。寛永11年(1634年)に高次の子京極忠高が出雲松江藩へ転封されると、忠高につき従い小浜より出雲へ移った。富山赤尾氏の祖となる赤尾勝野は清正の次女である。赤尾氏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言

    日本語の方言から見た出雲国出雲国

    共通語のイ段母音は舌が口の中で最も前寄りになる音、ウ段母音は舌が最も後ろ寄りになる音である。しかし、舌の位置が真ん中寄りになって聴覚印象としては少しこもった音、つまり中舌母音の1・2となって、イ段とウ段の発音が相互に近づく現象が、北海道沿岸部・東北地方全域・新潟県越後北部・栃木県・茨城県および鳥取県伯耆西部・島根県出雲に分布している。また千葉県・埼玉県東部や富山県・石川県・福井県嶺北でも若干こうした現象がある。特にシとス、チとツ、ジ(ヂ)とズ(ヅ)の区別がなくなる現象が、北海道沿岸部・福島県北部以北の東北地方大部分・新潟県越後北部・富山県の一部・島根県出雲に分布している(東関東では区別がある)。また出雲や米子市では「く」「ぐ」「ふ」を除くほとんどのウ段音がイ段音との区別をせず3と発音される。ただ、近年ではこれら四つ仮名の区別がないのは高年層に限られ、若年層では中舌的発音そのものを失って共通語と同じ発音になっている地域が多い。日本語の方言 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た出雲国出雲国

    島根県(しまねけん)は、日本の中国地方の日本海側である山陰地方の西部をなす県。県庁所在地は松江市。離島の隠岐島、竹島なども島根県の領域に含まれる。旧国名は出雲国・石見国・隠岐国であり、現在でも出雲地方・石見地方・隠岐地方の3つの地域に区分されることが多い。全国では鳥取県に次いで2番目に人口が少ない。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 大国主の国づくり

    大国主の国づくりから見た出雲国出雲国

    大国主が出雲の美保岬にいたとき、鵝(蛾の誤りとされる)の皮を丸剥ぎにして衣服とする小さな神が、海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って現れた。大国主の国づくり フレッシュアイペディアより)

  • 雲州

    雲州から見た出雲国出雲国

    雲州 (日本) - 日本の令制国である出雲国の別称。雲州 フレッシュアイペディアより)

  • 清原有雄

    清原有雄から見た出雲国出雲国

    その後、出雲守・肥後守と引き続き地方官を歴任する間、嘉祥3年(850年)清原真人姓を賜与され臣籍降下し、仁寿4年(854年)には従四位上に昇叙されている。清原有雄 フレッシュアイペディアより)

  • 花長下神社

    花長下神社から見た出雲国出雲国

    同じ旧谷汲村内にある花長上神社とは密接な関係がある。花長下神社の祭神の赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命(あかふすまいぬおおすみひこさわきのみこと)と花長上神社の祭神の天甕津媛命(あめのみかつひめのみこと)は、出雲風土記に記述がある出雲神話の神であり、花長下神社が男神、花長上神社が女神という(夫婦神の説もある)。また、9月7日の祭礼は、花長下神社と花長上神社が交互に行なっている。花長下神社 フレッシュアイペディアより)

  • 花長上神社

    花長上神社から見た出雲国出雲国

    同じ旧谷汲村内にある花長下神社とは密接な関係がある。花長下神社の祭神の赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命(あかふすまいぬおおすみひこさわきのみこと)と花長上神社の祭神の天甕津日女命(あめのみかつひめのみこと)は、出雲風土記に記述がある出雲神話の神であり、花長下神社が男神、花長上神社が女神という(夫婦神の説もある)。また、9月7日の祭礼は、花長下神社と花長上神社が交互に行なっている。花長下神社と花長上神社との距離は約3km。花長上神社 フレッシュアイペディアより)

  • 小浪城

    小浪城から見た出雲国出雲国

    1333年、名和長年は後醍醐天皇の隠岐島脱出を助け、船上山に立てこもった。隠岐国守護の佐々木清高は追撃のため小浪城に入り、出雲国、伯耆国、因幡国の軍勢をまとめ、天皇方のこもる船上山を攻めた。しかし、船上山を落すことはできず、清高は再び当城に入った。小浪城 フレッシュアイペディアより)

953件中 21 - 30件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード