726件中 31 - 40件表示
  • 多賀清直

    多賀清直から見た出雲国出雲国

    多賀 清直(たが きよなお、生年不詳 - 文明11年8月21日(1479年9月16日))は、室町時代後期から戦国時代前期の武将。多賀高直(昌宗入道)の子で宗直の父。妹に多賀高忠室。通称は四郎右衛門尉、官位は出雲守。号は徳源。京極氏の家臣多賀氏の一族で多賀出雲守家の出身。多賀清直 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利水軍

    毛利水軍から見た出雲国出雲国

    永禄5年(1562年)に、毛利元就は当主の尼子晴久が急死して弱体化した尼子氏を降すべく、出雲国へ出陣した。この際に毛利水軍は、日本海に出陣し、尼子氏方であった隠岐水軍の奈佐日本之介らと戦闘を繰り広げた。また、尼子氏の海上輸送ルートを海賊行為で遮断し、尼子氏の防衛網(尼子十旗)の弱体化を促した。永禄9年(1566年)に尼子氏当主・尼子義久は降伏して、戦国大名尼子氏は滅びた。毛利水軍 フレッシュアイペディアより)

  • 源義親

    源義親から見た出雲国出雲国

    河内源氏三代目棟梁・源義家の嫡男だったが、対馬守に任じられたとき九州で略奪を働き、官吏を殺害したため、隠岐国へ流された。だが、出雲国へ渡って再び官吏を殺して官物を奪ったために、平正盛の追討を受けて誅殺された。剛勇の義親が簡単に討たれたことを人々は疑い、その後に幾度も義親を名乗る者が現れている。源義親 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田郡山城の戦い

    吉田郡山城の戦いから見た出雲国出雲国

    毛利元就は安芸の吉田を治める地方の一小領主であり、出雲の尼子氏と周防の大内氏の二大勢力の間で、巧みな外交を続けていた。享禄4年(1531年)に元就は尼子氏の傘下に入り、元就と尼子詮久は義兄弟の契りを結んでいたが、天文6年(1537年)に尼子経久が隠居して詮久が家督を継ぐと、元就は長男の少輔太郎を人質として差し出し、尼子氏から離反して大内氏の傘下に加わった。吉田郡山城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大国主の国づくり

    大国主の国づくりから見た出雲国出雲国

    大国主が出雲の美保岬にいたとき、鵝(蛾の誤りとされる)の皮を丸剥ぎにして衣服とする小さな神が、海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って現れた。大国主の国づくり フレッシュアイペディアより)

  • 富田義泰

    富田義泰から見た出雲国出雲国

    佐々木頼泰は、出雲国神門郡塩冶郷を領し、塩冶氏を称して出雲国守護職を父泰清から継承した。頼泰の弟である義泰は、父泰清から出雲国意宇郡富田庄を分与せられ、祖父佐々木義清の築城した月山富田城(がっさんとだじょう)を本拠として富田氏を称す。子に泰茂、師泰、頼秀、胤清らがいる。富田義泰 フレッシュアイペディアより)

  • 布部山の戦い

    布部山の戦いから見た出雲国出雲国

    翌年、山中幸盛らは、但馬、隠岐を経て出雲に上陸、出雲忠山を占領後、次いで新山城を攻略し、月山富田城を除き出雲一国をほぼ手中に収めんとするまでに勢力を伸張した。布部山の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 甲良町

    甲良町から見た出雲国出雲国

    南北朝時代初期、近江源氏の佐々木道誉が甲良荘に勝楽寺城を築いて本拠地とした。その子孫が甲良荘尼子郷で尼子氏を称し、出雲国へ下向して戦国大名となった。戦国時代末期には、甲良荘藤堂村(現・甲良町在士)から藤堂高虎を産している。同時期には、日光東照宮の造営を始めとする土木工事を江戸幕府に任された宮大工で、甲良氏の祖である甲良宗広(甲良豊後守宗広)が、甲良荘法養寺村から出ている。甲良町 フレッシュアイペディアより)

  • 牧尚春

    牧尚春から見た出雲国出雲国

    その後、尼子晴久の跡を継いだ尼子義久が毛利元就との争いで劣勢となり美作国における力が衰退し始めると義久は尚春に対して、美作国での戦いの働き次第では宇山誠久の領を他に移して三浦貞広の高田への復帰を認める旨を通達した。この時、貞広と尚春は出雲国で義久の元に置かれていたが、戦局の悪化によって高田の直轄支配を断念してでも彼らを美作に派兵するという判断に至ったようである。牧尚春 フレッシュアイペディアより)

  • 椎谷藩

    椎谷藩から見た出雲国出雲国

    堀直旧(なおひさ) - 従五位下。出雲椎谷藩 フレッシュアイペディアより)

726件中 31 - 40件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード

  • 成果出した若手に

  • GMOインターネットグループ

  • 彼はこれから先の長い間、倒さなければならないトップ選手になっていくだろう