953件中 31 - 40件表示
  • 平野王

    平野王から見た出雲国出雲国

    平野王(ひらのおう、天応元年(781年) - 天長6年6月19日(829年7月23日))は、平安時代初期の皇族。系譜は明らかでないが、光仁天皇の孫で三品・薭田親王の子か。官位は正四位上・出雲守。平野王 フレッシュアイペディアより)

  • 山名満幸

    山名満幸から見た出雲国出雲国

    山名 満幸(やまな みつゆき、生年不詳 - 応永2年3月10日(1395年3月31日))は、室町時代の武将、守護大名。丹後・出雲・隠岐・伯耆守護。山名師義の4男で、義幸、氏之、義熙の弟。妻は叔父の山名氏清の娘。官称は播磨守、弾正少弼。室町幕府第3代将軍足利義満より偏諱を賜い満幸と名乗る。山名満幸 フレッシュアイペディアより)

  • 庶家

    庶家から見た出雲国出雲国

    また、宗家たる主家に取って代わった例として出雲の戦国大名 尼子氏がある。戦国時代、出雲においては京極氏が出雲守護職に補任されてきたが、同氏が室町幕府において三管領に次ぐ四職の家柄にあり、北近江守護職を兼務していたことから、京極氏の庶流である尼子氏が、京極氏の守護代として出雲国を任されていた。しかし、守護 京極政経の代に入ると、政経は守護代 尼子経久と次第に対立を深め、政経が経久を追放すると、その翌年には尼子経久が奇襲を持って主家を攻め、主君より領土と実権を奪い、出雲守護となった。このように、戦国時代に入ると主家を打倒或いは追放して主君の座を奪う者、主家から離反し他家に転ずる者、主家を傀儡化し家政を牛耳る者も現れるようになった。庶家 フレッシュアイペディアより)

  • 百済王孝忠

    百済王孝忠から見た出雲国出雲国

    天平勝宝元年(749年)孝謙天皇の即位後間もなく紫微中台が新設されると、その次官(紫微少弼)に任ぜられるが、翌天平勝宝2年(750年)に出雲守として地方官に転任する。天平勝宝4年(752年)の東大寺大仏開眼会の際には鎮裏京使に任ぜられ、内裏と平城京の警護を務めている。百済王孝忠 フレッシュアイペディアより)

  • 紀末成

    紀末成から見た出雲国出雲国

    弘仁元年(810年)薬子の変が発生している最中に従五位下に叙せられる。のち、伊予介・出雲守・常陸守・大和守・越前守と地方官を歴任する。越前守在任中には、同国の加賀郡について国府から遠く往還に不便で郡司や郷長が不法を働いても民が訴えることができずに逃散する、国司の巡検が困難との理由を上げ、建国の提案を行っている。これを受けて弘仁14年(823年)3月に太政官は符を下して越前国のうち加賀郡・江沼郡の二郡を分割して加賀国を建てて中国とした。また同年12月には大雪により加賀国と平安京との往還が不能となったことから、存問渤海客使が停止され、代わりに加賀守の末成が渤海使の慰問を担当した。紀末成 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木泰清

    佐々木泰清から見た出雲国出雲国

    佐々木 泰清(ささき やすきよ)は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府の御家人。佐々木義清の次男。通称は隠岐次郎。官位は左衛門少尉、信濃守など。隠岐・出雲両国の守護職。佐々木泰清 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原仲成

    藤原仲成から見た出雲国出雲国

    延暦4年(785年)父・種継が暗殺されたことから、若年ながら従五位下に叙され、翌延暦5年(786年)衛門佐に任ぜられる。桓武朝では衛門佐・左中弁などを務める一方で、出雲介・越後守・山城守・大宰大弐・大和守・伊勢守と地方官も兼ねた。この間、延暦16年(797年)従五位上、延暦17年(798年)正五位下、延暦20年(801年)従四位下と桓武朝後半にかけて順調に昇進した。藤原仲成 フレッシュアイペディアより)

  • 香川光景

    香川光景から見た出雲国出雲国

    1540年(天文9年)に、出雲国の戦国大名・尼子詮久(後の尼子晴久)が毛利元就の居城・吉田郡山城へ侵攻すると、信実は尼子氏の支援を得て、牛尾幸清らとともに佐東銀山城に復帰した。しかし、吉田郡山城の戦いで尼子氏が撤退を余儀なくされると、信実と牛尾幸清は出雲国へ逃亡した。佐東銀山城にはまだ安芸武田氏の兵士が籠っていたが、毛利元就が佐東川対岸より火の点いた草鞋を流して陽動作戦を行い、後方より奇襲して攻略した。また残存の諸勢力は光景が投降を呼びかけ、抵抗する者は皆無となり、安芸武田氏は滅んだ。香川光景 フレッシュアイペディアより)

  • 野木氏

    野木氏から見た出雲国出雲国

    出雲国に発祥の氏族で、同国内の地名に由来し、表記は野木、乃木、能義、野城が通じて用いられている。『和名抄』では能義に乃木の注記があるとする。野木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 平基親

    平基親から見た出雲国出雲国

    蔵人所雑色・六位蔵人を経て、保元3年(1158年)従五位下に叙爵。出雲守・伯耆守と地方官を歴任した後、中宮大進・五位蔵人・右少弁を兼ね、高倉天皇と中宮・平徳子に仕えるが、治承三年の政変(1179年)で解官となる。平基親 フレッシュアイペディアより)

953件中 31 - 40件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード