726件中 41 - 50件表示
  • 花長下神社

    花長下神社から見た出雲国出雲国

    同じ旧谷汲村内にある花長上神社とは密接な関係がある。花長下神社の祭神の赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命(あかふすまいぬおおすみひこさわきのみこと)と花長上神社の祭神の天甕津媛命(あめのみかつひめのみこと)は、出雲風土記に記述がある出雲神話の神であり、花長下神社が男神、花長上神社が女神という(夫婦神の説もある)。また、9月7日の祭礼は、花長下神社と花長上神社が交互に行なっている。花長下神社 フレッシュアイペディアより)

  • 花長上神社

    花長上神社から見た出雲国出雲国

    同じ旧谷汲村内にある花長下神社とは密接な関係がある。花長下神社の祭神の赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命(あかふすまいぬおおすみひこさわきのみこと)と花長上神社の祭神の天甕津日女命(あめのみかつひめのみこと)は、出雲風土記に記述がある出雲神話の神であり、花長下神社が男神、花長上神社が女神という(夫婦神の説もある)。また、9月7日の祭礼は、花長下神社と花長上神社が交互に行なっている。花長下神社と花長上神社との距離は約3km。花長上神社 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木泰清

    佐々木泰清から見た出雲国出雲国

    佐々木 泰清(ささき やすきよ)は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府の御家人。佐々木義清の次男。通称は隠岐次郎。官位は左衛門少尉、信濃守など。隠岐・出雲両国の守護職。佐々木泰清 フレッシュアイペディアより)

  • 大田市

    大田市から見た出雲国出雲国

    大田市の大半は旧安濃郡と旧邇摩郡である。但し大田市祖式町、大代町新屋・大家(新屋地区、大家本郷地区、北佐木地区の一部)はかつての邑智郡、大田市山口町山口・佐津目は、昔の出雲国(旧簸川郡)にあたる。大田市 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠光

    大岡忠光から見た出雲国出雲国

    享保7年(1722年)に第8代将軍徳川吉宗に謁見し、享保9年(1724年)8月には将軍家世子(後の第9代将軍)・家重の小姓となり、江戸城二の丸へ詰める。翌年には西の丸へ詰め、以後家重に側近として仕える。享保12年(1724年)従五位下出雲守に叙任。享保18年(1733年)、800石の地方知行取となる。大岡忠光 フレッシュアイペディアより)

  • 松平直政

    松平直政から見た出雲国出雲国

    松平 直政(まつだいら なおまさ)は、江戸時代前期の大名。上総姉ヶ崎藩主、越前大野藩主、信濃松本藩主を経て出雲松江藩の初代藩主。直政系越前松平家宗家初代。越前北ノ荘藩主・結城秀康の三男。母は三谷氏(月照院)。松平直政 フレッシュアイペディアより)

  • 気多大社

    気多大社から見た出雲国出雲国

    祭神の大己貴命は出雲から舟で能登に入り、国土を開拓したのち守護神としてこの地に鎮まったとされる。古くから北陸の大社として知られ、中世・近世には歴代の領主からも手厚い保護を受けた。気多大社 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言の概観

    日本語の方言の概観から見た出雲国出雲国

    北海道沿岸部・東北地方全域・新潟県越後北部・栃木県・茨城県および鳥取県伯耆西部・島根県出雲においては、イ段・ウ段の母音は中舌母音1・2となる。また千葉県・埼玉県東部や富山県・石川県・福井県嶺北でも若干こうした現象がある。特にシとス、チとツ、ジ(ヂ)とズ(ヅ)の区別がなくなる現象が、北海道沿岸部・福島県北部以北の東北地方大部分・新潟県越後北部・富山県の一部・島根県出雲に分布している。ただ、近年ではこれら四つ仮名の区別がないのは高年層に限られ、若年層では中舌的発音そのものを失って共通語と同じ発音になっている地域が多い。日本語の方言の概観 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野大社

    熊野大社から見た出雲国出雲国

    熊野大社(くまのたいしゃ)は、島根県松江市八雲町熊野にある神社。式内社(名神大社)、出雲国一宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は一重亀甲に「大」の文字。熊野大社 フレッシュアイペディアより)

  • 山名時氏

    山名時氏から見た出雲国出雲国

    山名 時氏(やまな ときうじ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将、守護大名である。室町幕府侍所頭人、引付頭人。伯耆・出雲・隠岐・因幡・若狭・丹波・丹後守護。父は山名政氏、母は上杉重房の娘。子に師義、義理、氏冬、氏清、時義など。足利尊氏・直義兄弟の母上杉清子は母方の従姉妹に当たる。山名時氏 フレッシュアイペディアより)

726件中 41 - 50件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード