953件中 41 - 50件表示
  • 椎谷藩

    椎谷藩から見た出雲国出雲国

    堀直旧(なおひさ) - 従五位下。出雲椎谷藩 フレッシュアイペディアより)

  • 大伴駿河麻呂

    大伴駿河麻呂から見た出雲国出雲国

    のち罪を赦されたらしく、神護景雲4年(770年)5月に従五位上・出雲守に叙任される。光仁朝に入ると急速に昇進し、同年10月の同天皇の即位に伴い正五位下に、さらに肥後守として改元の祥瑞白亀を献上したことから正五位上と続けて昇叙され、翌宝亀2年(771年)に従四位下に叙せられている。大伴駿河麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内町

    竹内町から見た出雲国出雲国

    備中国英賀郡草間(現・岡山県新見市草間)川崎城城主。室は美作高田城主三浦元兼の娘。1521年(大永元年)信則は元兼の口入により雲州富田月山城主尼子経久の旗下に属す。竹内町 フレッシュアイペディアより)

  • 源進

    源進から見た出雲国出雲国

    元慶2年(878年)図書頭に任ぜられる。のち、備中権介を経て、元慶9年(885年)三河守に任ぜられるなど、陽成朝から光孝朝にかけて地方官を務め、この間の元慶8年(884年)従五位上に昇叙されている。また時期は不明ながら、但馬守・丹波守・出雲守・信濃守なども歴任した。源進 フレッシュアイペディアより)

  • 当麻永嗣

    当麻永嗣から見た出雲国出雲国

    光仁朝後半は山陰道検税使、大判事などを歴任するが、宝亀9年(778年)出雲守として地方官に転じる。また、光仁天皇の詔を受けて、石川名足・淡海三船らとともに『続日本紀』の編纂に参画した。当麻永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取のたのも崩れ

    鳥取のたのも崩れから見た出雲国出雲国

    元亀3年3月から4月(1572年2月から3月)、出雲国における尼子家再興活動(第一回尼子家再興)に失敗した山中幸盛は、毛利軍に捕らわれ尾高城に幽閉されるも脱出する。そして、再び尼子家の再興を図るため但馬の地に潜伏し、尼子旧臣らを招集して出雲の地への進攻をうかがっていた。鳥取のたのも崩れ フレッシュアイペディアより)

  • 尼子再興軍による鳥取城の戦い

    尼子再興軍による鳥取城の戦いから見た出雲国出雲国

    元亀3年3月?4月(1572年2月?3月)、出雲国における尼子家再興活動(第一回尼子家再興)に失敗した山中幸盛は、再び尼子家の再興を図るため但馬の地に潜伏していた。尼子再興軍による鳥取城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 高岡氏

    高岡氏から見た出雲国出雲国

    出雲高岡氏は、宇多源氏佐々木義清流で、高岡宗泰を始祖とする一族。本貫は出雲国神門郡塩冶郷高岡邑。のち山名時氏に仕えて、1393年(明徳4年)出雲の本貫を離れ、但馬、備後三次郡に移住した。1581年(天正9年)因幡丸山城落城の後、宮部継潤に属したが朝鮮征伐の後致仕して小出秀家のに属した。和泉陶器(かわらけ)藩士の高岡氏(佐々木氏)はこの一族で、陶器藩が無嗣断絶した後、但馬に戻った。高岡氏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原相如

    藤原相如から見た出雲国出雲国

    藤原 相如(ふじわら の すけゆき、生年不詳 - 長徳元年5月29日(995年6月29日))は平安時代中期の貴族、歌人。藤原北家、右近衛中将・藤原助信の子。官位は正五位下・出雲守。藤原相如 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原是助の乱

    藤原是助の乱から見た出雲国出雲国

    この報告から2日後の2月16日には関白・藤原忠平に勅使が出され、因幡・出雲・美作に官符が発せられている。このことは、この乱が周辺諸国に波及する恐れのあるものだったことがうかがえる。2か月後の4月3日、今度は忠明が報復として是助と関係のある人物と見られる賀茂岑助を殺害したとを伯耆守実平が報告している。忠明は押領使に任命され、是助の乱を鎮圧したという。藤原是助の乱 フレッシュアイペディアより)

953件中 41 - 50件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード