726件中 61 - 70件表示
  • 纒向型前方後円墳

    纒向型前方後円墳から見た出雲国出雲国

    第1点として、首長霊継承の諸要素について、そのための施設として、巨大な墓壙や槨の造営、また、覆屋や立石を建造して「聖なる空間」を演出することなどの点では北部九州・イヅモ(出雲)・瀬戸内地方の要素が採り入れられている。円礫や礫堆を用いることに関しては山陰・山陽地方の、また、大量の朱は主として北九州の、さらに、特殊器台や特殊壺は円筒埴輪の原型としてキビ(吉備)の要素を受けついでいるとみられる。また、首長霊継承のための呪具に関しては、鏡などが破砕されて副葬されることに関しては北九州の、巫女形・家形の土製品、弧帯文様などの諸要素はキビ(吉備)の要素を継承しているとみられる。纒向型前方後円墳 フレッシュアイペディアより)

  • 山名誠通

    山名誠通から見た出雲国出雲国

    天文13年(1544年)頃、出雲の尼子晴久より偏諱を受け名を「久通」と改名した。これは尼子氏への従属を表すと共に、その援助を期待しての行動と思われる。山名誠通 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾嘉教

    西尾嘉教から見た出雲国出雲国

    西尾 嘉教(にしお よしのり、天正18年(1590年)- 元和9年4月2日(1623年5月1日))は、美濃揖斐藩の第2代(最後)の藩主。木下吉隆の次男といわれる。母は西尾光教の長女。正室は内藤政長の娘。官位は従五位下、出雲守、豊後守。通称は小六。名は政照とも。西尾嘉教 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲湯村温泉

    出雲湯村温泉から見た出雲国出雲国

    出雲湯村温泉(いずもゆむらおんせん)は、島根県雲南市木次町(旧国出雲国)にある温泉。出雲湯村温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 小鴨氏

    小鴨氏から見た出雲国出雲国

    永正 - 大永年間にかけて出雲の尼子経久は伯耆山名氏の家中争いに介入、伯耆へ侵攻した。小鴨氏の居城・岩倉城も尼子方によって落城させられ、一族は因幡の武将を頼りに逃れた。一時的に小鴨氏は尼子氏の軍事行動に参加していることが分かっているが、まもなくして毛利氏の下に属した。毛利氏を頼った小鴨氏は永禄年間には尼子勢力の衰退と滅亡により岩倉城の回復に成功した。元亀元年(1570年)2月、小鴨氏の留守中に岩倉城は尼子勝久らの軍勢に急襲され落城するも一報を聞いた湯原元網、武田高信、南条元続らの手によって取り戻された。小鴨氏 フレッシュアイペディアより)

  • 南条氏

    南条氏から見た出雲国出雲国

    『伯耆民談記』、『羽衣石南条記』などの説によると、南条氏は出雲守護塩冶高貞の二男である南条貞宗(塩冶高秀)を始祖とする佐々木氏流塩冶氏の流れをくむ一族である。なお、南条氏の出自については佐々木流塩冶氏説と平氏説、名和氏説など多数存在するが、南条氏自身は「賀茂姓」を名乗っている。南条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宗像正氏

    宗像正氏から見た出雲国出雲国

    生年には1500年、1512年など諸説があって明確ではない。1508年、時の宗像神社大宮司であった興氏から家督を譲られて、大宮司となる。その後は大内義興に仕えて尼子氏や大野氏との戦いのために出雲や安芸を転戦した。宗像正氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宗像郡

    宗像郡から見た出雲国出雲国

    宗像は古くは宗形、胸形とも書き、7世紀に郡の前身たる評として設けられ、701年に郡になった。宗像神社(宗像大社)の所在地として重んじられ、文武天皇元年(698年)3月9日に、筑前国の宗形郡と出雲国の意宇郡だけに近親者の連任を許す詔が下された。一般に評を治める評司に近親者を続けて任命することは禁止されていたが、宗像郡では神社を代々まつってきた宗形氏が重視されたものである。宗像郡は、後に同様の扱いを受けた諸郡とともに、神郡と呼ばれた。8世紀には宗像神社の神官が郡の大領を兼任したが、この制度は延暦19年(800年)12月4日に廃止された。宗像郡 フレッシュアイペディアより)

  • 能義郡

    能義郡から見た出雲国出雲国

    能義郡(のぎぐん)は、出雲国・島根県にあった郡。人口14,126人、面積300.19 km²。(2003年)成立当初の郡域は現在の安来市の市域に一致する。能義郡 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穴氏

    赤穴氏から見た出雲国出雲国

    赤穴氏(あかなし、あかなうじ)は、日本の氏族。漢族系三善朝臣流佐波氏の一族。出雲飯石郡赤穴荘を所領とし、出雲国人として活動した。赤穴氏 フレッシュアイペディアより)

726件中 61 - 70件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード