953件中 61 - 70件表示
  • 阿倍意宇麻呂

    阿倍意宇麻呂から見た出雲国出雲国

    天平宝字2年(758年)従五位下に叙爵。天平宝字4年(760年)内蔵助、天平宝字5年(761年)大炊頭と淳仁朝では京官を務めるが、天平宝字7年(763年)出雲介として地方官に転じる。阿倍意宇麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 大伴古慈斐

    大伴古慈斐から見た出雲国出雲国

    孝謙朝に入ると一転して昇進が止まり出雲守に左遷される、さらに聖武天皇崩御直後の天平勝宝8年(756年)には紫微令・藤原仲麻呂の誣告を受け、朝廷に対する誹謗を行い臣下の礼を失したとの理由により、内堅(天皇の身近に仕える少年)の淡海三船と共に衛士府に拘禁され、3日後に赦免となった。のち土佐守に遷されて任地に赴くが、翌天平宝字元年(757年)橘奈良麻呂の乱に連座して、そのまま任国である土佐国への流罪となった。大伴古慈斐 フレッシュアイペディアより)

  • たたら製鉄

    たたら製鉄から見た出雲国出雲国

    1750年代にケラを大ドウと呼ばれる巨大な装置で割って鉄を各種類に選別する技術が開発されたことや、1790年代の錬鉄価格の暴落を背景とし、19世紀初頭には出雲国を中心にズク押しと並行して盛んに操業されるようになった。ズク(銑鉄)の多くは錬鉄に仕上げられ、ケラの中の鋼はそのままで商品として出荷されたが、当時はケラ押しによって生産される鋼の製品全体に対する割合は25%程度であった。たたら製鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 百済王敬福

    百済王敬福から見た出雲国出雲国

    孝謙朝に入り、天平勝宝2年(750年)宮内卿として京官に復す。天平勝宝4年(752年)4月9日大仏開眼の法要が営まれ、5月26日には敬福は常陸守に任ぜられた。左大弁を経て、天平勝宝9歳(757年)には出雲守にも補せられているが、これらの地方官への任官は実際に任地に赴かない遙任と推測される。同年7月に橘奈良麻呂の乱が勃発すると、大宰帥・船王らとともに衛府の人々を率いて黄文王・道祖王・大伴古麻呂・小野東人ら反乱者の勾留警備および拷問の任に当たっている。百済王敬福 フレッシュアイペディアより)

  • アメノホヒ

    アメノホヒから見た出雲国出雲国

    天照大神とスサノオが誓約をしたときに生まれた五男三女神の一柱。天照大神の右のみずらに巻いた勾玉から成った。物実(ものざね:物事のタネとなるもの)の持ち主である天照大神の第二子とされ、アメノオシホミミの弟神にあたる。葦原中国平定のために出雲の大国主神の元に遣わされたが、大国主神を説得するうちに心服して地上に住み着き、3年間高天原に戻らなかった。その後、出雲にイザナミを祭る神魂神社(島根県松江市)を建て、子の建比良鳥命は出雲国造らの祖神となったとされる。アメノホヒ フレッシュアイペディアより)

  • 気多大社

    気多大社から見た出雲国出雲国

    能登半島の付け根、羽咋市北方に日本海に面して鎮座する。祭神の大己貴命は出雲から舟で能登に入り、国土を開拓したのち守護神としてこの地に鎮まったとされる。古くから北陸の大社として知られ、中世・近世には歴代の領主からも手厚い保護を受けた。気多大社 フレッシュアイペディアより)

  • 山内隆通

    山内隆通から見た出雲国出雲国

    天文元年(1532年)、出雲の尼子経久の三男・塩冶興久が経久に対して反乱を起こすも敗北。敗れた興久は義兄の山内直通を頼って山内氏の居城である甲山城に落ち延び、直通は興久を匿った。これに対し尼子経久は、天文3年(1534年)に尼子氏家臣の黒正甚兵衛を派遣して興久の引き渡しを直通に要求した。直通は興久に対する義理や情誼によって応諾することが出来なかったが、そのことを察した興久は直通に謝して自害したとされる。直通は興久の首を尼子氏に引渡して和睦したものの、山内氏と尼子氏の関係は改善しなかった。山内隆通 フレッシュアイペディアより)

  • 三刀屋氏

    三刀屋氏から見た出雲国出雲国

    三刀屋氏(みとやし、みとやうじ)は、日本の氏族の一。清和源氏満快流信濃源氏一族を称した三刀屋氏が有名で、この一族は出雲国に住した後に三刀屋を名字とする。三刀屋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穴盛清

    赤穴盛清から見た出雲国出雲国

    赤穴 盛清(あかな もりきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。出雲国飯石郡赤穴荘の赤穴城(瀬戸山城)を本拠とした国人で、尼子氏と毛利氏に属する。赤穴盛清 フレッシュアイペディアより)

  • 善世豊永

    善世豊永から見た出雲国出雲国

    右少史在職中の承和2年(835年)一族の豊上らとともに掃守連から善世宿禰に改姓し、翌承和3年(836年)本拠を河内国から改め右京四条二坊に貫附される。承和8年(841年)朔旦冬至に行われた叙位にて外従五位下に叙せられ、翌承和9年(842年)出雲介に任ぜられる。善世豊永 フレッシュアイペディアより)

953件中 61 - 70件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード