953件中 71 - 80件表示
  • 山名氏

    山名氏から見た出雲国出雲国

    さらに出雲の尼子経久、周防の大内義興、備前守護代・浦上村宗らの圧迫を受けるようになり、次第に山陰道山陽道の領国は奪われていった。跡を継いだ致豊の弟・山名誠豊の時代には、但馬守護山名氏は但馬上守護代・垣屋氏や但馬下守護代・太田垣氏らののような立場となった。因幡守護家でも、山名豊時の孫・山名誠通が因幡守護としてかろうじて因幡を名目上支配しているという程度の状態になった。山名氏 フレッシュアイペディアより)

  • 都御酉

    都御酉から見た出雲国出雲国

    左大史を経て、天安2年(858年)清和天皇の即位に伴って行われた叙位で外従五位下に叙せられる。散位を経て翌天安3年(859年)因幡権介に任ぜられると、貞観4年(862年)因幡介、貞観6年(864年)出雲守、貞観12年(870年) 因幡介に再任されるなど、清和朝前半は山陰地方の地方官を歴任する。またこの間の、貞観11年(869年)には内位の従五位下に叙せられている。都御酉 フレッシュアイペディアより)

  • 和智元郷

    和智元郷から見た出雲国出雲国

    備後国の国人である和智氏は藤原秀郷の流れを組む家系で波多野氏などと同族。室町時代の当主である時実・豊実・豊広・豊郷は代々、備後守護の山名氏に臣従し、また守護からは偏諱を受けている。戦国期は他の備後の国人と共に、出雲国の尼子経久、次いで安芸国の毛利元就が力をつけると、それに従属した。和智元郷 フレッシュアイペディアより)

  • 吉備氏

    吉備氏から見た出雲国出雲国

    吉備氏は主として5世紀に繁栄し、吉備を筑紫・出雲・ヤマトと並ぶ古代の有力地方国家に発展させることに貢献した。ヤマトの豪族たちと同盟し、日本列島の統一と発展に寄与した。吉備国内の造山古墳(全国第4位)・作山古墳(全国第9位)などの巨大前方後円墳は、その首長の墓として往時の勢力の大きさを今に伝えている。しかし、列島統一過程で「中央」となったヤマト政権の中央集権策によって、『日本書紀』の記述によれば雄略朝期に吉備前津屋(さきつや)、吉備田狭(たさ)、吉備稚姫を母とする星川稚宮皇子など数度にわたる「反乱鎮圧」の名目で勢力を削がれた。また、8世紀の史料によれば、出雲国や近江国や紀伊国や大和国にも吉備部など「吉備」を冠する地名が西日本の広範囲に存在する。吉備氏 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た出雲国出雲国

    小瀬甫庵の縄張りによる平山城。江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となった。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 皿屋敷

    皿屋敷から見た出雲国出雲国

    日本各地にそのがみられ、出雲国松江の皿屋敷、土佐国幡多郡の皿屋敷、さらに尼崎を舞台とした(皿ではなく針にまつわる)異聞が江戸時代に記録される。皿屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木氏

    佐々木氏から見た出雲国出雲国

    また、治承4年(1180年)の頼朝挙兵時に平氏方につき、後に頼朝に従った佐々木義清(佐々木秀義の五男)は、初め「源氏仇方」であったため平氏追討以後も任国を拝領しなかったが、長年の功と承久の乱の時に幕府方についたため、初めて出雲、隠岐の両国守護職を賜い、彼国に下向し、分派して出雲国に土着したため、この一族を出雲源氏という。佐々木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原蔵下麻呂

    藤原蔵下麻呂から見た出雲国出雲国

    内舎人・出雲介を経て、天平宝字2年(758年)各道に対して問民苦使が派遣された際に、蔵下麻呂は山陽道問民苦使に任ぜられる。藤原蔵下麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 源義親

    源義親から見た出雲国出雲国

    河内源氏3代目棟梁・源義家の嫡男だったが、対馬守に任じられたとき九州で略奪を働き、官吏を殺害したため、隠岐国へ流された。だが、出雲国へ渡って再び官吏を殺して官物を奪ったために、平正盛の追討を受けて誅殺された。剛勇の義親が簡単に討たれたことを人々は疑い、その後に幾度も義親を名乗る者が現れている。源義親 フレッシュアイペディアより)

  • 御室今嗣

    御室今嗣から見た出雲国出雲国

    従五位下・式部少輔の官位にあった大同3年(808年)に出雲介を兼ねる。大同4年(809年)には二階の昇進により正五位下に叙せられる。この頃、兄弟と思しき氏嗣(従五位上)・是嗣(従五位下)も順調に昇進しており、嵯峨朝初頭は兄弟揃って優遇されていた様子が窺われる。御室今嗣 フレッシュアイペディアより)

953件中 71 - 80件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード