726件中 81 - 90件表示
  • 楯縫郡

    楯縫郡から見た出雲国出雲国

    楯縫郡(たてぬいぐん)は出雲国にかつて存在した郡である。島根半島の中央部から西寄りに位置していた。現在の自治体名でいえば全域が出雲市に該当する。楯縫郡 フレッシュアイペディアより)

  • 置塩城

    置塩城から見た出雲国出雲国

    反浦上村宗派は、赤松義村の子赤松晴政を密かに三代目城主に据えた。その後、村宗は細川家の内紛に加担し、細川高国方について各地を転戦する。赤松晴政は大物崩れで村宗を背後から襲い、ついに倒した。しかし、その後も村宗の子の浦上政宗を服従させることはできなかった。天文7年(1538年)11月には出雲の尼子晴久が大軍を率いて播磨に侵攻し、赤松晴政は摂津国に逃亡する。尼子晴久は2年後に播磨国から撤退し、赤松晴政は帰国したが、その後も政宗との対立は続いた。晩年には子の義祐を擁立した政宗のため置塩から退去し、龍野城の赤松政秀の庇護を受けた。永禄8年(1565年)に死去する。置塩城 フレッシュアイペディアより)

  • 生駒騒動

    生駒騒動から見た出雲国出雲国

    幕府は両派の者たちを江戸城に召して審議することにした。この間に一方の首領の前野助左衛門が病死した。7月、前野・石崎派と帯刀派は対決し、帯刀は前野・石崎の専横を申し立て、更に彼らが武装して立退いたことを訴えた。3回の対審の後に幕府の裁定が決した。帯刀派に対して帯刀は主人に対して忠心あるとして出雲松江藩にお預け、その他の者も諸大名家へお預けとなった。前野・石崎派に対しては石崎、前野冶太夫(助左衛門の子)ら4人は切腹、彼らの子供のうち男子は死罪、また主だった者たち数人も死罪となった。生駒騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 会津田島祇園祭

    会津田島祇園祭から見た出雲国出雲国

    これも『古事記』の出雲国における国譲りの神話を舞う。建御雷命(鹿島明神)は色の白い武将の面に剣を持ち、建御名方命(諏訪明神)は色の赤い武将の面に鎌と岩を持つ。国譲りの条件として高天原方と出雲国方をそれぞれ代表して力比べをする。建御雷命が建御名方命を信州諏訪まで追い詰めて勝ち名乗りをあげるまでの闘争が力強く演じられる。会津田島祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 平佐就之

    平佐就之から見た出雲国出雲国

    毛利氏の庶家である平佐氏の一族として生まれる。元就側近として活躍し、天文9年(1540年)の吉田郡山城の戦いの局地戦・青山土取場の戦いで他の諸将とともに尼子軍の三沢為幸を打ち破った。永禄6年(1563年)の出雲国白鹿城攻めでも戦功を挙げている。毛利元就が息子の毛利隆元、吉川元春、小早川隆景に宛てた有名な「三子教訓状」への返書の宛先も、元就側近であった就之宛となっている。平佐就之 フレッシュアイペディアより)

  • 郡司

    郡司から見た出雲国出雲国

    郡司の任免は式部省が管轄した。国司が推薦する郡司候補者は式部省に直接赴き、試問を受けて任命された。国司が推薦する者が必ずしも郡司に任命されるとは限らず、その地方の情勢で判断されることが多かった。郡司任命に最も重要視されるのは令制上は個人の能力であったが、実際には譜第と呼ばれる候補者の氏・家の系譜経歴であった。また、正員の郡司が任命されるまでの間、臨時の郡司(擬任郡司)を国司は任命することができた。正員の郡司が決まると、擬任郡司は自然に失職したが、後に国によっては国司が郡司を臨時に増員する権限を与えられ、臨時増員の郡司も擬任郡司と呼ぶ。出雲国意宇郡では大領から主帳まで全て出雲臣氏が任命されている例もあるが、意宇郡、筑前国宗像郡のような神郡は例外とされた。郡司 フレッシュアイペディアより)

  • 灰吹銀

    灰吹銀から見た出雲国出雲国

    『明和諸国灰吹銀寄』による各銀山より山出しされた灰吹銀の品位の例を挙げると、津軽銀は三分引ケ(88%)、院内銀山の秋田銀は二分入レ(93%)、佐渡印銀は一割入レ(上銀)、因幡銀は五分引ケ(86%)、雲州銀は一割引ケ(82%)となっている。灰吹銀 フレッシュアイペディアより)

  • 山中勝重

    山中勝重から見た出雲国出雲国

    長享2年(1488年)、経久は出雲雲南地方に勢力を持つ三沢氏当主、三沢為幸へと仕官するよう勝重に命じた。山中勝重 フレッシュアイペディアより)

  • 森脇久仍

    森脇久仍から見た出雲国出雲国

    森脇久仍(もりわき ひさのり)は、、、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。尼子氏家臣。出雲布部山城主。森脇久仍 フレッシュアイペディアより)

  • 山中幸久

    山中幸久から見た出雲国出雲国

    山中 幸久(やまなか ゆきひさ、応永11年(1404年) - 長禄2年1月11日(1458年1月26日))は日本の戦国時代の武将。出雲国の戦国大名尼子氏の家臣。尼子持久の次男で尼子清定の弟。名を五郎と称した。出雲山中氏の祖。妻は桜井尾張守為信の娘。子に山中幸秀、山中幸満。山中幸久 フレッシュアイペディアより)

726件中 81 - 90件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード