953件中 81 - 90件表示
  • 尼子晴久

    尼子晴久から見た出雲国出雲国

    尼子 晴久(あまご はるひさ)は、戦国時代、出雲国の戦国大名、出雲・隠岐・備前・備中・備後・美作・因幡・伯耆の守護大名。尼子経久の嫡孫に当たる。山陰山陽十一カ国のうち、八カ国を領域に置いた。また大内、毛利両軍をよく制した。八カ国守護とも言われる。尼子晴久 フレッシュアイペディアより)

  • 堀尾忠氏

    堀尾忠氏から見た出雲国出雲国

    堀尾 忠氏(ほりお ただうじ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。出雲松江藩の初代藩主。堀尾忠氏 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た出雲国出雲国

    毛利輝元は、安芸国、備後国、周防国、長門国、石見国、出雲国、隠岐国に加え、備中・伯耆両国のそれぞれ西部を領有する太守となった。所領の総石高は120万5,000石であり、大名領としては徳川家康(駿府150万石→江戸256万石)に次ぐ全国第二の規模であり、上杉氏の会津120万石にほぼ等しく、太閤蔵入地(約220万石)の半分強にも達する大身となった。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 安房神社

    安房神社から見た出雲国出雲国

    櫛明玉命(くしあかるたまのみこと) - 出雲忌部の祖。安房神社 フレッシュアイペディアより)

  • 米子城

    米子城から見た出雲国出雲国

    応仁の乱時、西軍の山名氏が支配する伯耆と、東軍京極氏が支配する出雲の国境は緊張した。『出雲私伝』によると、文明2年(1470年)尼子清定と戦った伯耆方が敗れて米子城に入るとあり、この頃の築城と考えられる。米子城 フレッシュアイペディアより)

  • 和紙

    和紙から見た出雲国出雲国

    製紙技術の伝来から100年程経過してから、本格的な紙の国産化が始まった。『正倉院文書』によれば、天平9年(737年)には、美作、出雲、播磨、美濃、越などで紙漉が始まった。和紙 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木高綱

    佐々木高綱から見た出雲国出雲国

    文治元年(1185年)に左衛門尉、次いで文治2年(1186年)には長門、備前の守護へと任ぜられる。また安芸・周防・因幡・伯耆・出雲・日向などに恩賞地を拝領している。東大寺再建にあたり、材木の調達を奉行して頼朝から杣出しの功を賞された。建久6年(1195年)に家督を子の重綱に譲って高野山大悲金剛院に出家し、西入と号した。諸国を巡回したと伝えられ、各地には高綱を由緒とする寺社や宝物が多く残る。佐々木高綱 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡忠光

    大岡忠光から見た出雲国出雲国

    享保7年(1722年)に第8代将軍徳川吉宗に御目見得。享保9年(1724年)8月には将軍家世子(後の第9代将軍)・家重の小姓となり、江戸城二の丸へ詰める。翌年には西の丸へ詰め、以後家重に側近として仕える。享保12年(1727年)従五位下出雲守に叙任。享保18年(1733年)、800石の地方知行取となる。大岡忠光 フレッシュアイペディアより)

  • 宍戸氏

    宍戸氏から見た出雲国出雲国

    安芸宍戸氏の中興の祖である宍戸元家は、元々常陸宍戸氏の出であったとされる(元家の項を参照)。その子である宍戸元源は勇将と知られ、安芸国人の盟主格の毛利氏とたびたび抗争しこれを苦しめたが、毛利元就の代になると和解し、孫である宍戸隆家の妻に元就の娘五龍局を迎え、以後宍戸氏は毛利氏と協力関係となり、天文9年(1540年)の吉田郡山城の戦いでは出雲国の尼子詮久(後の尼子晴久)を撃退するのに協力した。宍戸氏 フレッシュアイペディアより)

  • 陣幕久五郎

    陣幕久五郎から見た出雲国出雲国

    陣幕 久五郎(じんまく きゅうごろう、文政12年5月3日(1829年6月4日) - 明治36年(1903年)10月21日)は、出雲国意宇郡意東村(現・島根県松江市東出雲町下意東)出身の元大相撲力士。第12代横綱。本名は石倉 槇太郎(いしくら まきたろう)。「負けず屋」と言われた強豪で、明治維新の後に大阪頭取総長となり横綱の代数を創案した。陣幕久五郎 フレッシュアイペディアより)

953件中 81 - 90件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード