137件中 41 - 50件表示
  • 出雲国

    出雲国から見た尼子倫久

    1562年 - 1563年:白鹿城の戦い、毛利(毛利元就、吉川元春、小早川隆景等20,000人の軍勢) x 尼子(尼子倫久等12,000人の軍勢)出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た久世広文

    久世広文:関宿藩第8代藩主出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た尼子秀久

    1565年 - 1565年:第二次月山富田城の戦い、毛利(毛利元就、吉川元春、小早川隆景等35,000人の軍勢) x 尼子(尼子義久、尼子倫久、尼子秀久等10,000人の軍勢)出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た加藤泰令

    加藤泰令:第9代藩主。新谷藩知事出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た源光保

    源光保:久寿元年(1154年)任官出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た播磨国

    本多政利:大和郡山藩、播磨明石藩、陸奥大久保藩主出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た武蔵国

    大岡忠光:上総勝浦藩主、武蔵岩槻藩初代藩主。第9代将軍徳川家重の側近出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た月山富田城

    平安期には東部出雲(意宇郡)を朝廷に没収された出雲国造家は今の出雲大社がある西部出雲に中心を確定する。東部出雲は荘園守護の管轄下となり、月山富田城(現:安来市広瀬町富田)を中心とし製鉄を支配し雲伯地方を押さえた戦国大名尼子氏を生み出すこととなる。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た古墳

    古代出雲は、青銅器を主とする西部出雲(現在の島根県出雲市付近)と鉄器を主とする東部出雲(現在の島根県安来市、鳥取県米子市、大山町)との二大勢力から出発し、以後統一王朝が作られ、日本海を中心とした宗教国家を形成したと考えられている。特に東部出雲は律令下のいう伯耆国まで連続的な文化的つながりがあったため、特に弥生期では出雲と伯耆(鳥取県西部)を出雲文化圏とする向きもある。考古学的見地からは、古墳が発達する以前の特徴的埋葬様式四隅突出墳丘墓の分布状況からすると、北陸地方なども上古出雲とすべきとの説もある。これらの環日本海への版図拡大の逸話は国引き神話として『出雲国風土記』に記されているとの見方も有力である。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た吉田重賢

    吉田重賢:戦国時代の武将・弓術家。近世弓術の主流となった吉田流(日置流)弓術の祖出雲国 フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード