137件中 81 - 90件表示
  • 出雲国

    出雲国から見た日本書紀

    この律令以前の出雲国の影響力は日本神話の各所に見られ、日本創生の神話の大半が出雲やその周辺の話になることから、その精神的影響力は絶大であったとの見解が主流である。しかし、やがてはヤマト王権に下ることとなり、それが有名な国譲り神話として『日本書紀』などに記されたと考えられる。国譲りの交換条件として建立された出雲大社は、いまだに全国から参拝が絶えない。更には、出雲大社の祭祀を執り行う出雲国造(北島氏、千家氏)は、天照大神の第二子天穂日命の裔孫として、皇室と同等の血統の長さを誇り、この「国造」と言う呼び名も古代律令に用いられていた官職名であることからその歴史の長さを読み取ることが出来る。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た飯南町

    明治維新の直前の領域は、島根県松江市、安来市、雲南市および出雲市の大部分(多伎町神原を除く)、大田市の一部(山口町山口・山口町佐津目)、仁多郡の大部分(奥出雲町八川字三井野を除く)、飯石郡の大部分(飯南町塩谷・井戸谷・畑田を除く)にあたる。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た熊野大社

    意宇郡 熊野坐神社 (現 熊野大社、松江市八雲町熊野)出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た和名抄

    和名抄』によれば国府は意宇郡にあり、松江市大草町に国府跡が発掘され公開されている(かつては現在の阿太加夜神社(松江市東出雲町出雲郷)周辺という説もあった)。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た一宮

    一宮 出雲大社 - 古代には熊野大社の方が上位で一宮とされていたが、中世に逆転し、出雲大社が一宮とされるようになった。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た令制国

    出雲国(いずものくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陰道に属する。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た広瀬県

    7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により松江県、広瀬県、母里県の管轄となる。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た大久保藩

    本多政利:大和郡山藩、播磨明石藩、陸奥大久保藩出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た弥生時代の墓制

    古代出雲は、青銅器を主とする西部出雲(現在の島根県出雲市付近)と鉄器を主とする東部出雲(現在の島根県安来市、鳥取県米子市、大山町)との二大勢力から出発し、以後統一王朝が作られ、日本海を中心とした宗教国家を形成したと考えられている。特に東部出雲は律令下のいう伯耆国まで連続的な文化的つながりがあったため、特に弥生期では出雲と伯耆(鳥取県西部)を出雲文化圏とする向きもある。考古学的見地からは、古墳が発達する以前の特徴的埋葬様式四隅突出墳丘墓の分布状況からすると、北陸地方なども上古出雲とすべきとの説もある。これらの環日本海への版図拡大の逸話は国引き神話として『出雲国風土記』に記されているとの見方も有力である。出雲国 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国

    出雲国から見た戦国大名

    平安期には東部出雲(意宇郡)を朝廷に没収された出雲国造家は今の出雲大社がある西部出雲に中心を確定する。東部出雲は荘園守護の管轄下となり、月山富田城(現:安来市広瀬町富田)を中心とし製鉄を支配し雲伯地方を押さえた戦国大名尼子氏を生み出すこととなる。出雲国 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード