刑務所と受刑者 ニュース&Wiki etc.

本項では日本の刑務所(にほんのけいむしょ)について解説する。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本の刑務所」のつながり調べ

  • 吹上佐太郎

    吹上佐太郎から見た日本の刑務所

    それ以来西陣の機屋で働いたが前科がばれクビ。大阪で浮浪者、野宿生活となり泥棒集団の仲間に入るが逃げ出し、京都で泥棒をして13歳で再び監獄に戻される。この13歳の時期男色に耽った。刑務所を出ると家族は四国で乞食をしていたが、泥棒の金で家を借り一家を住まわせた。15歳の秋には初めて少女の味を知った。だが、名古屋に向かう途中自転車を盗んだ罪で刑務所に戻る。(吹上佐太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 乞胸

    乞胸から見た医療刑務所

    善七のもと、磯右衛門が乞胸頭になり、町人、または身元の明らかでない者で乞胸を稼業する者には「鑑札」を渡し、一人につき18文ずつ毎月徴収した。乞胸頭は無許可で大道芸をする者を取り締まり、その世話と管理をし、浅草溜(善七が管理していた医療刑務所のような施設)の火事の際には囚人の警固もした。その後、1843年(天保14年)の天保の改革で、それまで江戸の各所に住んでいた乞胸も、非人同様、幕府によって一か所に集まって住むように命じられた。(乞胸 フレッシュアイペディアより)

「日本の刑務所」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ