212件中 41 - 50件表示
  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た国家公務員法

    日本の刑務官(一般的にいわれる「看守」とは刑務官の階級のことで、一番下の階級名である)は国家公務員法により労働基本権が認められておらず労働組合を結成することができない。しかし、主な先進国では各国で原則として認められており、日本でも労働者としての性格を十分に考慮して、団結権は認めるべきだとの意見がある。また、その仕事の特殊性から心身のバランスを崩す職員が増加傾向にあるため、採用時点で適性を慎重に吟味しつつ職員数を増やし、定期的な職員への研修やカウンセリングを行い、指導能力の向上、悩みや問題点の早期解決の助けにするなどの改善策をとって、刑務官の業務を少しでも適正にする必要がある。犯罪を犯しても、人権の制限は矯正に必要な範囲で適正に保たれるべきであるのは現在の憲法の理念からいっても当然であるため、刑務官の質の向上と適正な人員の配置が求められる。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た飲酒運転

    なお、全国の刑務所のうち、医療的な処置が必要な者を収容するために設けられた刑務所を医療刑務所(いりょうけいむしょ)と呼び、2007年5月から開始されたPFI方式を採用して新設される刑務所は、「社会復帰促進センター(しゃかいふっきそくしんセンター)」と呼ばれる。また、飲酒運転など重大な交通違反や交通事故を起こし、禁固または懲役の刑を受けた者を収容する刑務所を交通刑務所(こうつうけいむしょ)と呼ぶことがある(市原刑務所(千葉県市原市)・加古川刑務所(兵庫県加古川市)など)。詳しくは収容分類級を参照のこと。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た鎌倉時代

    律令制下の日本では刑部省の下に獄所を掌る囚獄司が設置され、都にあった左右の獄所を監督していたことが知られている。『延喜式』によれば、囚人は鈦または盤枷を嵌められて3・4人の組を編成され、日中は鈦・盤枷を外されて労役に従事した。後に検非違使が獄所を監督するようになった。だが、平安時代後期になると機能が衰退し、11世紀には獄舎は破損して脱獄が容易になり(「万寿3年8月26日左看督長紀延正等解」『平安遺文』505号)、また代替施設として用いられた検非違使職員の屋敷などでは囚人は鈦・盤枷は嵌められず、邸内は自由に行動でき、籠居した者よりも良い待遇を受けていたという(『小右記』長和2年8月15日条・『宇槐記抄』仁平2年5月12日条など)。その背景として、罪人といえども人間を特定の場所に幽囚することを罪悪視する当時の観念が影響したとみられている。それでも京都の右獄は鎌倉時代後期まで、左獄は戦国時代まで存在していた。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律

    明治時代に入り、律令制の復活による徒刑が導入された。1872年に欧米諸国に学んだ監獄則が制定され、1879年に国立の集治監が東京都と宮城県に建設され、少年矯正施設なども作られた。その後1908年に監獄法が制定され名称を監獄とした(監獄という名称は、1922年(大正11年)に、組織法上、刑務所及び少年刑務所と改められた)。この監獄法は、制定後、2005年(平成17年)5月18日に国会で可決された、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律が2006年(平成18年)5月24日に施行されるまでの約100年もの間、日本の行刑政策の根幹をなす法律であった。なお、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律は、2007年6月1日、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律に改正され、現在に至っている。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た刑務官

    拘置所では主として勾留中の被疑者・被告人を収容し、これらの者が逃走したり、証拠を隠滅したりすることを防止するとともに、公平な裁判が受けられるように配慮すべきとされており、2006年現在では全国に東京拘置所など7庁が設置されている。なお、拘置所7庁の他に、全国の刑務所の下に「拘置支所」が多数置かれている。2006年現在、全国の刑務所、少年刑務所及び拘置所(それらの支所を含む。)においては約16,000人の刑務官が勤務している。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た美祢社会復帰促進センター

    2006年(平成18年)の構造改革特別区域法施行令の改正により、構造改革特区の指定を受けた地域へのPFI手法による刑務所の設置が可能となった。この方式により設置されたのが2007年(平成19年)4月に供用開始の美祢社会復帰促進センター(山口県美祢市)である。この施設は刑務官と民間職員が協働して運営する混合運営施設であり、刑罰権の行使にかかわる業務は刑務官、その他の業務(施設の維持・管理、食事の提供など)に関しては社会復帰サポート美祢株式会社が担当する。この施設では、PFI事業期間中(20年間)においては、武器や手錠等の特殊な物品を除いた施設などほとんどの設備・物品の所有者は民間事業者のものであり、しばしば、刑務所の「民営化」、「民営刑務所」といわれるが、処遇の最終決定権はあくまで「官」にあり、一部民間委託にすぎない。もっとも、どのような形であれ日本における刑務所改革の一つの動きとして注目されていることに違いはない。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た監獄法

    明治時代に入り、律令制の復活による徒刑が導入された。1872年に欧米諸国に学んだ監獄則が制定され、1879年に国立の集治監が東京都と宮城県に建設され、少年矯正施設なども作られた。その後1908年に監獄法が制定され名称を監獄とした(監獄という名称は、1922年(大正11年)に、組織法上、刑務所及び少年刑務所と改められた)。この監獄法は、制定後、2005年(平成17年)5月18日に国会で可決された、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律が2006年(平成18年)5月24日に施行されるまでの約100年もの間、日本の行刑政策の根幹をなす法律であった。なお、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律は、2007年6月1日、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律に改正され、現在に至っている。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た喜連川社会復帰促進センター

    なお、現時点で4つ新施設でPFI事業が行われており、美祢社会復帰促進センター・島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)のPFI事業は建設からのPFI事業であるが、喜連川社会復帰促進センター(栃木県さくら市)・播磨社会復帰促進センター(兵庫県加古川市)のPFI事業は運営特化型PFI事業で、建設は国が行っており、設備や物品の所有者は最初からすべて国である。また、民間事業者が関与する勤務もそれぞれ違っている。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た加古川市

    なお、全国の刑務所のうち、医療的な処置が必要な者を収容するために設けられた刑務所を医療刑務所(いりょうけいむしょ)と呼び、2007年5月から開始されたPFI方式を採用して新設される刑務所は、「社会復帰促進センター(しゃかいふっきそくしんセンター)」と呼ばれる。また、飲酒運転など重大な交通違反や交通事故を起こし、禁固または懲役の刑を受けた者を収容する刑務所を交通刑務所(こうつうけいむしょ)と呼ぶことがある(市原刑務所(千葉県市原市)・加古川刑務所(兵庫県加古川市)など)。詳しくは収容分類級を参照のこと。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の刑務所

    日本の刑務所から見た栃木県

    なお、現時点で4つ新施設でPFI事業が行われており、美祢社会復帰促進センター・島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)のPFI事業は建設からのPFI事業であるが、喜連川社会復帰促進センター(栃木県さくら市)・播磨社会復帰促進センター(兵庫県加古川市)のPFI事業は運営特化型PFI事業で、建設は国が行っており、設備や物品の所有者は最初からすべて国である。また、民間事業者が関与する勤務もそれぞれ違っている。日本の刑務所 フレッシュアイペディアより)

212件中 41 - 50件表示

「刑務所と受刑者」のニューストピックワード