243件中 11 - 20件表示
  • 列車便所

    列車便所から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1958年登場の151系を皮切りに、1960年代以降採光窓は小型化され、一方で蛍光灯を装備するようになって、客室並みの明るさが確保されるようになった。また列車便所にも電動換気扇が設置されるようになったことから、車体工作の簡略化を図るため新幹線車両を皮切りに便所の窓を設置しない例が増加し、1980年代後半以降の新車では、便所への窓設置は珍しくなっている。列車便所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輌製造

    日本車輌製造から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    0系・100系・200系・300系・500系・700系・N700系・E2系など営業車両、911形・912形・923形など事業用車、1000形・951形・962形・300X・STAR21など試作車両日本車輌製造 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄711系電車

    国鉄711系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    外部塗色は車体全体を赤2号(えんじ色)、先頭車の前面下部をクリーム4号とした配色であったが、1985年(昭和60年)から塗色変更が実施され、明るめの赤1号の地色に、前面と側面窓下にクリーム1号の帯を配したものに変更された。室内の化粧板も内地向け近郊形のような淡緑ではなく、新幹線0系や特急・急行用車両などと同じ薄茶色4号である。国鉄711系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽新幹線

    山陽新幹線から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    前述のように緩やかな線形を採用したことや、平野部での住宅密集化によって用地取得が困難なこともあり、東海道新幹線よりトンネルが多くなっているトンネル区間が占める割合は比率は50.8%、岡山以西に限定すると実に56.4%にのぼる(トンネルがないのは西明石駅 - 姫路駅間のみ)。またトンネルが多くなったことにより、車内気圧変動対策で換気を遮断する回数が増えるため、後から開業した岡山駅以西では連続換気方式が採用された。そのため、1973年(昭和48年)以前に製造された0系車両を組み込んだ編成は岡山駅以西への乗り入れができなかった。山陽新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 島秀雄

    島秀雄から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    鉄道技術者の島安次郎は父。末弟に国産旅客機YS-11の開発に携わった島文雄がいる。次男の島隆 (鉄道技術者)は、初代新幹線電車である「0系」の実際の設計に参画しており、新幹線輸出第一弾となる台湾高速鉄道の顧問を務めた。島秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

    日本の鉄道事故 (1950年から1999年)から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    東海道新幹線大阪運転所(鳥飼基地)からの回送715A電車(0系電車・16両編成)が本線との合流地点で停止信号を冒進、直前で運転士が気付いたが間に合わず分岐機を破損して本線上で停止。さらにCTC指令員の不手際から、十分な状況確認をせずに車両を後退させたため、分岐器上で脱線した。事故による死傷者は発生しなかったが復旧に約18時間を要し、ダイヤが正常に戻るまで2日かかるなど大幅に混乱した。日本の鉄道事故 (1950年から1999年) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄381系電車

    国鉄381系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    座席は、普通車が 910 mm 間隔の簡易リクライニングシート、グリーン車が 1,160 mm 間隔のリクライニングシートである。これは183系電車(基本番台)と同一の仕様である。最終製造の車両の普通車は、座席の背もたれにロックがかかるように改良されている。座席の端部には取手を設け、曲線通過時の立ち席客の安全に配慮している。客室と出入口との仕切り扉は新幹線0系電車と同一のマットスイッチ式自動ドアを用いた。運転開始直後に乗物酔いが多発したことから、当初はエチケット袋が各座席に用意された。これは本系列特有の装備品であった。しかし今でもエチケット袋は、「くろしお」の洗面台に用意されている。国鉄381系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線300系電車

    新幹線300系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1990年(平成2年)に東海旅客鉄道(JR東海)が発注した量産先行試作車(J0編成。のち量産化改造によりJ1編成)が登場し、その後量産車(J編成)が1992年(平成4年)から1998年(平成10年)にかけて製造された。なお1993年(平成5年)度以降の製造分は、1975年(昭和50年)3月の博多駅延伸に併せて製造された0系の置き換えを兼ねている。量産車のデザインは手銭正道、戸谷毅史、松本哲夫、木村一男によって設計された。新幹線300系電車 フレッシュアイペディアより)

  • YS-11

    YS-11から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    引退後の2007年(平成19年)8月には新幹線0系電車などと共に機械遺産(13番)に認定されている。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線の編成記号

    新幹線の編成記号から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1976年以降、0系1000番台(以下「小窓車」と表記)では小窓化や身障者対応室新設など、大幅な仕様変更が図られることになったため、小窓車だけで組成された「ひかり編成」をN(New)編成、在来車と小窓車が混在している「ひかり」編成をNH(New Hikari)編成に変更することになった。なお、1979年以降には「こだま」編成でも小窓車への置き換えが開始されたが、この際には先頭車を置き換えた場合は編成番号に50を加算し、中間車置き換えの場合は編成番号はそのままで対応していた。新幹線の編成記号 フレッシュアイペディアより)

243件中 11 - 20件表示

「初代新幹線0系」のニューストピックワード