242件中 21 - 30件表示
  • 近鉄12000系電車

    近鉄12000系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    座席テーブルは国鉄の在来線タイプとは異なり、新幹線車両(0系初期タイプ)と同様のひじ掛けにテーブルを内蔵する方式である。支柱を引出して同一平面で180°回転して支柱上に倒す構造で、座席が窓際に位置する場合でもテーブルセットが可能となるよう考案された。当時の近鉄特急の座席は前席背面に格納した折りたたみ式テーブルが主流であったが、肘掛内蔵型のテーブルの出現によって利便性が大きく向上し、スナックコーナーで調理した食事をここに載せて食べることが可能となった。近鉄12000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • プラレール

    プラレールから見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1979年 - 国鉄0系新幹線をライト付き車両に模した「ライト付きひかり号」発売。ヘッドライトを点灯しながら走行するプラレールの始祖。プラレール フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線300系電車

    新幹線300系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1990年(平成2年)に東海旅客鉄道(JR東海)が発注した量産先行試作車(J0編成。のち量産化改造によりJ1編成)が登場し、その後量産車(J編成)が1992年(平成4年)1月から1998年(平成10年)10月にかけて製造された。なお1993年(平成5年)度以降の製造分は、1975年(昭和50年)3月の博多駅延伸に併せて製造された0系の置き換えを兼ねている。量産車のデザインは手銭正道、戸谷毅史、松本哲夫、木村一男によって設計された。新幹線300系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    9月18日:この日の臨時「こだま473号」を以って、0系が東海道新幹線での運転を終了。35年の歴史に幕を下ろす。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

    日本の鉄道事故 (1950年から1999年)から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    東海道新幹線大阪運転所(鳥飼基地)からの回送715A電車(0系電車・16両編成)が本線との合流地点で停止信号を冒進、直前で運転士が気付いたが間に合わず分岐機を破損して本線上で停止。さらにCTC指令員の不手際から、十分な状況確認をせずに車両を後退させたため、分岐器上で脱線した。事故による死傷者は発生しなかったが復旧に約18時間を要し、ダイヤが正常に戻るまで2日かかるなど大幅に混乱した。日本の鉄道事故 (1950年から1999年) フレッシュアイペディアより)

  • 列車便所

    列車便所から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    1958年登場の151系を皮切りに、1960年代以降採光窓は小型化され、一方で蛍光灯を装備するようになって、客室並みの明るさが確保されるようになった。また列車便所にも電動換気扇が設置されるようになったことから、車体工作の簡略化を図るため新幹線車両を皮切りに便所の窓を設置しない例が増加し、1980年代後半以降の新車では、便所への窓設置は珍しくなっている。列車便所 フレッシュアイペディアより)

  • YS-11

    YS-11から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    2007年(平成19年)8月には新幹線0系電車などと共に機械遺産(13番)に認定された。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道博物館 (さいたま市)

    鉄道博物館 (さいたま市)から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    10月21日 - 施設を一部増築し、西日本旅客鉄道(JR西日本)から寄贈された新幹線0系電車先頭車を一般公開。鉄道博物館 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線500系電車

    新幹線500系電車から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    初代新幹線である0系以来となる、16両全車に主電動機が1両あたり4基ずつ搭載される全電動車方式を採用している。高速走行によって増大する走行抵抗に対応するため、64基の電動機による出力は300系の約1.5倍である18,240kW(約2万5千馬力)(W2編成以降は17,600kW)にも上り、地上を走行する旅客輸送機関として史上空前の動力を備えている。新幹線500系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 汽車旅12カ月

    汽車旅12カ月から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    3月 新幹線16号車16B席と祖谷渓汽車旅12カ月 フレッシュアイペディアより)

242件中 21 - 30件表示