242件中 41 - 50件表示
  • 新通町公園

    新通町公園から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    新通町公園(しんどおりちょうこうえん)は、静岡県富士市中央町2丁目8番地に位置する、新幹線0系電車が展示された公園である。園内の案内板によると、この公園が日本で最初に新幹線を展示したとのこと。新通町公園 フレッシュアイペディアより)

  • 蛇行動

    蛇行動から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    枕ばり(ボルスタ)付きのボギー台車では、心皿と呼ばれる部分を中心に台車枠と枕ばりが回転し、側受と呼ばれる部分が車両を支えて台車回転時に摺動する構造となっている。この側受に適切な摩擦力を発生させて、蛇行動に対する抵抗を発生させている。車体と枕ばり間の回転はボルスタアンカーにより拘束されるが、取付部に適切な剛性のゴムブシュを使用することで回転剛性を与えることができる。すなわち、直線走行時の回転変位が小さいときには、ボルスタアンカゴムブシュによる大きな剛性で台車の蛇行動を抑制し、曲線通過時に大きく台車が回転しようとするときには、側受の摩擦力を越えて枕ばりが滑ることで台車が回転できるような仕組みである。後述のヨーダンパ付きボルスタレス台車が開発される以前は、高速車両には必須の装置とされていた。最初の新幹線用車両である0系でも本構造が採用されている。蛇行動 フレッシュアイペディアより)

  • トレブルオートレインズ

    トレブルオートレインズから見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    TADAは自社で開発した9mmゲージ鉄道模型用動力車とトレブルオートレインズ製品の客車・貨車を組み合わせて鉄道模型車輌セットとしたものを主にアメリカ市場で販売した。動力車は日本国有鉄道のC58形蒸気機関車をタンク機関車化したもので、販売時期は1960年代後半から1970年代初頭である。この機関車は後にディスプレーモデルとして日本市場などで販売された。このほか同社では新幹線0系電車も9mmゲージで模型化している。トレブルオートレインズ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道記念物

    鉄道記念物から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    0系新幹線車両(21-1, 16-1, 35-1, 22-1) - 所蔵:京都鉄道博物館鉄道記念物 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーレール

    スーパーレールから見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    0系新幹線(200系新幹線の塗色を変更したもの)スーパーレール フレッシュアイペディアより)

  • 輪軸 (鉄道車両)

    輪軸 (鉄道車両)から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    円錐踏面 : レールと接する主な部分が直線(円錐)となる形状。国内では、在来線は10分の1から20分の1の傾斜の円錐形状が広く使用されているが、新幹線は40分の1の傾斜の円錐形状を使用して直進安定性を向上させており、新幹線0系と新幹線200系で使用されていた。輪軸 (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道こども博覧会

    北海道こども博覧会から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    下記のパピリオン、および遊園地施設と巨大ロボットを模した屋外展示物を中心とした広場、他、運搬してきた本物の新幹線0系電車先頭車両野外展示(内部に入れる様、入り口にステップ式階段設置)などで構成され、会場全体の縁を円形小型モノレール高架軌道が囲っていた。規模が小さかったので独立したパピリオンとはならなかったが、旧ソ連関連の物産や同国観光情報紹介などを扱った「白樺(「ベリョースカ白樺」運営)」など外国館機能も併せ持つパピリオン施設も含む。北海道こども博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンエクスプレスアストル

    ゴールデンエクスプレスアストルから見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    座席は新幹線0系の普通車の廃車によって生じた転換クロスシートに取り替え、床には絨毯を敷き、客室の前後に50インチビデオスクリーンを設置し、側壁面にサイドスピーカー24個を取り付けた。定員は44名となった。外観上の変化としては客室後位寄りの窓1枚を小型化し、戸袋窓脇にシンボルマークを入れ、冷房装置を1台撤去して6台としたが、塗色については当時は規制が厳しかったため従前の気動車急行色のままとされた。ゴールデンエクスプレスアストル フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国立鉄道博物館

    イギリス国立鉄道博物館から見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    日本の西日本旅客鉄道(JR西日本)から2001年に寄贈された0系新幹線が展示されていており、車内では新幹線を紹介するビデオが放映されている。イギリス国立鉄道博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道歴史パーク in SAIJO

    鉄道歴史パーク in SAIJOから見た新幹線0系電車新幹線0系電車

    公益財団法人日本ナショナルトラストが建設した鉄道保存展示施設である。新幹線0系電車や国鉄DF50形ディーゼル機関車、四国で使用された鉄道用品などが展示されている。2014年7月20日、伊予西条駅を挟んだ南側に新しい展示施設「南館」が開設された(従来の建物は「北館」と呼ばれる)。入館料:大人300円小中学生100円団体割引あり、水曜日休館、開館時間:午前9時から午後6時(詳細は四国鉄道文化館の記事を参照)鉄道歴史パーク in SAIJO フレッシュアイペディアより)

242件中 41 - 50件表示

「初代新幹線0系」のニューストピックワード

  • airKitchen for Vegiarian

  • せっかく日本に観光に来たのだから日本食を食べたいが、食べられるものがない!