前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示
  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た西日本旅客鉄道

    史上初の高速鉄道専用車両として1964年(昭和39年)から1986年(昭和61年)までの23年間・38次にわたり、東海道・山陽新幹線用の初代車両として改良を重ねつつ、合計3,216両が製造された。先頭車は224両ずつ製造。初期製造車を0系新造車で置き換えたため、在籍両数は1976年(昭和51年)の2,338両(うち2両は保留車)が最多である。JR発足時にはJR東海に1,339両{H編成(N編成2本、NH編成19本、H編成32本)の合計53本、S編成(SK編成26本、S編成12本)の合計38本、保留車35両}、JR西日本に715両{H編成(N編成1本、NH編成16本、H編成15本)の合計32本、SK編成5本、R編成21本、保留車17両}が承継された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た四国旅客鉄道

    2007年10月までは四国旅客鉄道(JR四国)多度津工場で保存されていた。「新幹線の父」と呼ばれた十河信二ゆかりの地ということから展示が実現した経緯がある。前記の通り21次車の1両で、0番台(大窓)車としては最後のグループである。また同じ編成の反対側先頭車(22-141)が後述の通りイギリスで保存されている。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た東海旅客鉄道

    史上初の高速鉄道専用車両として1964年(昭和39年)から1986年(昭和61年)までの23年間・38次にわたり、東海道・山陽新幹線用の初代車両として改良を重ねつつ、合計3,216両が製造された。先頭車は224両ずつ製造。初期製造車を0系新造車で置き換えたため、在籍両数は1976年(昭和51年)の2,338両(うち2両は保留車)が最多である。JR発足時にはJR東海に1,339両{H編成(N編成2本、NH編成19本、H編成32本)の合計53本、S編成(SK編成26本、S編成12本)の合計38本、保留車35両}、JR西日本に715両{H編成(N編成1本、NH編成16本、H編成15本)の合計32本、SK編成5本、R編成21本、保留車17両}が承継された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た川崎重工業

    2月19日に、JR西日本は川崎重工業に、同社で製造されたR61編成の1号車であった21-7008(←21-7034←21-2012)を譲渡すると発表した。3月14日に博多総合車両所から搬出され、同社兵庫工場で保存される。また、大阪府吹田市の吹田操車場跡地に再開発して商業施設や公園を整備する計画(吹田貨物駅開発事業)があるが、そこに先頭車を保存し、展示することが決定された。そしてR68編成6号車であった22-7007(←22-7036←22-2022)が2009年6月11日に吹田操車場跡に搬入された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た吹田市

    2月19日に、JR西日本は川崎重工業に、同社で製造されたR61編成の1号車であった21-7008(←21-7034←21-2012)を譲渡すると発表した。3月14日に博多総合車両所から搬出され、同社兵庫工場で保存される。また、大阪府吹田市の吹田操車場跡地に再開発して商業施設や公園を整備する計画(吹田貨物駅開発事業)があるが、そこに先頭車を保存し、展示することが決定された。そしてR68編成6号車であった22-7007(←22-7036←22-2022)が2009年6月11日に吹田操車場跡に搬入された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たリニア・鉄道館

    オリジナルの塗装は、車体がアイボリーホワイト、窓周りがブルーの塗り分けだった。この青色塗装は、新幹線ブルーともいわれる。配色は、航空機(旅客機)をライバルとして意識し、青空と白い雲のイメージから採用されたものである。配色の由来は太平洋の青、航空機や青空など諸説あるが、JR東海の運営するリニア・鉄道館が保管していた旧国鉄の内部資料「東海道新幹線電車技術発達史」に記載のあることが判明し、それによれば、1962年(昭和37年)、国鉄や車両メーカーの担当者、外部の画家やグラフィックデザイナーらが参加した会合で配色が決定した際、卓上にあった煙草のハイライトのパッケージが議論の中で重要な役割を果たした。星晃へのインタビューによれば、塗色はパンアメリカン航空の旅客機の塗装と煙草のハイライトのパッケージを意識したものである。当初は部外委託委員会の検討結果から「アクリル樹脂エナメル塗装自然乾燥」で行われたがその後変更された。なお21-2は保存の際にこれに近い材料を用いて復元されている。1988年(昭和63年)に登場した「ウエストひかり」用車両は100系と似た窓下に子持ちラインを追加した塗装パターンを採用した。当初地色は他の0系同様のアイボリーであったが、その後1995年(平成7年)に100系の地色と同じパールホワイトとなり、それ以外の車両も順次変更されている。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た高倉健

    高倉健主演作品全205作品中181番目の作品。高倉健は犯人役を演じた。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た日本車輌製造

    22-2029(JR東海YK8編成16号車) : 愛知県豊川市 日本車輌製造豊川製作所新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た日立製作所

    当時編成記号は車両製造会社によって割り振られていた。日本車輌(東京支店)…N、汽車製造(東京支店)…K、川崎車輛(川崎重工業)…R、近畿車輛…S、日立製作所…H、東急車輛製造(1967年以降、T11編成 - )…Tであった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た三菱電機

    駆動方式はWN継手を介して電動機の出力軸と駆動歯車を接続するWN駆動方式を採用。主電動機は MT200 形と称する直流直巻電動機で、連続定格出力185 kW/415 V・490 A・2,200 rpm であり、原設計は三菱電機が担当した。1964年(昭和39年)当時、日本における電車用、かつカルダン駆動方式のモーターとしては最高の出力を持つ。これを1両あたり4基搭載し、1両で740 kW(≒1,000 HP)の出力を確保している。全車電動車編成を組み、動力性能上の均衡速度は平坦で235 km/h、10 ‰ 上り勾配で196 km/h に達する。1966年(昭和41年)度の新造車(4次車)より絶縁強化を図ったMT200A形を、1973年(昭和48年)度の新造車(15次車)からは1時間定格出力を225 kW に増強したMT200B形を装備する。1992年(平成4年)、0系の主電動機がMT200Bに統一されたことで、限流値を上げ、起動加速度を1.2 km/h/s に向上させた。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示