242件中 21 - 30件表示
  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た川崎重工業車両カンパニー

    編成記号は車両製造会社によって割り振られていた。日本車輌(東京支店)…N、汽車製造(東京支店)…K、川崎車輛(川崎重工業)…R、近畿車輛…S、日立製作所…H、東急車輛製造(1967年以降、T11編成 - )…Tであった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た十河信二

    2007年10月までは四国旅客鉄道(JR四国)多度津工場で保存されていた。「新幹線の父」と呼ばれた十河信二ゆかりの地ということから展示が実現した経緯がある。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た三木忠直

    そのデザインは、空力特性を考慮して形状を決定された。設計者の三木忠直の下で風洞実験に当たった鉄道技術研究所の技術者田中眞一によれば、レーシングカーや航空機などの設計を検討したうえで、ジェット機のDC-8の先頭形状をモディファイして前面形状を設計したという。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た星晃

    オリジナルの塗装は、車体がアイボリーホワイト、窓周りがブルーの塗り分けだった。この青色塗装は、新幹線ブルーともいわれる。配色は、航空機をライバルとして意識し、青空と白い雲のイメージから採用されたものである。星晃へのインタビューによると塗色はパンアメリカン航空の旅客機の塗装と煙草のハイライトのパッケージを意識したものだという。当初は部外委託委員会の検討結果から「アクリル樹脂エナメル塗装自然乾燥」で行われたがその後変更された。なお21-2は保存の際にこれに近い材料を使い復元されている。1988年に登場した「ウエストひかり」用車両は100系と似た窓下に子持ちラインを追加した塗装パターンを採用した。当初地色は他の0系同様のアイボリーであったが、その後1995年に100系の地色と同じパールホワイトとなり、それ以外の車両も順次変更されている。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たお召し列車

    かつて0系には専用のお召し列車も存在した。1965年5月7日の島根県植樹祭の際に初登場となったが、この時は12両編成から3 - 6号車を抜き取った、0系ではウエストひかりで一時採用されたのみの珍しい8両編成だった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た臨時列車

    前述のとおり、トンネル内換気方式の違いにより岡山駅以西に入れない車両(13次車以前)が入っている編成は原編成番号に+50されていたが、このような編成が1995年まで残っていた。なお原則として「こだま」用だったが、多客時には山陽新幹線区間走行のものを含む臨時「ひかり」に充当されることも少なからずあった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たリニア・鉄道館

    21-86, 36-84 ,37-2523 ,16-2034 : 名古屋市港区 リニア・鉄道館。それ以前は、浜松工場で保管されていた。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た福岡市

    22-77 : 福岡県福岡市早良区 さつき幼稚園新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た騒音

    0系16両編成時は、8台ものパンタグラフを上げて走行していたが、風切りとスパークにより、それらは非常に大きな騒音源となっていた。また、6両編成に短縮されてからもなお3台のパンタグラフを有しており、東海道・山陽新幹線の中では、1編成あたりの実使用パンタグラフが最も多い系列となっていた。100系は当初6台からパンタ半減工事にともなって3台(16両編成)もしくは2台(4・6両編成)に、300系は当初3台から2台に、それ以降の系列は、組成両数にかかわらず全て2台使用である。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た時刻表

    R編成は6両と短いため、先頭車に収められている非常用連結器が営業運転で使われた事例もあった。「ウエストひかり」のうち、R51編成(初代)は12両化されずに6両のまま残され、1日1往復のみ運転されていた。超多客時には輸送力増強のため、東京方先頭車22-3901(16-133を先頭車化改造)に連結器強化改造(R51編成の博多方先頭車21-7001も同様に改造)を施したR23編成を博多方に連結していた。12両として運転する際には、R23編成が自由席、R51編成が指定席として扱われた。当時の大型時刻表の編成表には「こだま型6両編成を併結する日があります」という表記があった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

242件中 21 - 30件表示

「初代新幹線0系」のニューストピックワード