397件中 21 - 30件表示
  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た高速鉄道

    新幹線0系電車(しんかんせん0けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業用に開発した、初代の営業用新幹線電車である。同時に、「世界初の高速鉄道車両」でもある。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た東京駅

    10月6日、第61回列国議会同盟 (IPU) 議員団輸送のため東京 - 京都(ひかり」421・424号)往復に充当。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たYS-11

    2007年(平成19年)8月にはYS-11などとともに機械遺産として認定される。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た牽引自動車

    廃車後長らく大阪府吹田市 JR西日本社員研修センターで研修用に使用されていたが、埼玉県にある鉄道博物館へ収蔵されることになり、博物館に隣接している大宮総合車両センターへ搬送された。搬送は2008年8月27日JR西日本社員研修センター内でクレーン吊上げ、トレーラー積込み、同月28日にセンターから搬出、神戸港から船積み、東京港大井埠頭に到着後、同月31日未明大宮総合車両センターに搬入された。再塗装や車両内部の全面復元がなされた後、2009年9月13日未明に鉄道博物館に搬送され、10月21日から鉄道博物館に新設した展示棟内に展示された。前頭部は、アクリル樹脂製のものが取り付けられている。これはかつて交通博物館に存在した0系先頭部のモックアップ(後に解体)に取り付けられていたもので、カバーのみが鉄道博物館に継承、同車の展示に伴い取り付けられたものである。なお、展示と同時に東海道新幹線の開業から約10年程度使用されていた発車標、時刻表、駅名標も併せて復刻されている(ただし時刻表と駅名標は当時と書体が違うなど、細部の相違点はある)。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た日本国有鉄道

    新幹線0系電車(しんかんせん0けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業用に開発した、初代の営業用新幹線電車である。同時に、「世界初の高速鉄道車両」でもある。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た総合車両製作所

    当時編成記号は車両製造会社によって割り振られていた。日本車輌(東京支店)…N、汽車製造(東京支店)…K、川崎車輛(川崎重工業)…R、近畿車輛…S、日立製作所…H、東急車輛製造(1967年以降、T11編成 - )…Tであった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た川崎重工業車両カンパニー

    当時編成記号は車両製造会社によって割り振られていた。日本車輌(東京支店)…N、汽車製造(東京支店)…K、川崎車輛(川崎重工業)…R、近畿車輛…S、日立製作所…H、東急車輛製造(1967年以降、T11編成 - )…Tであった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た葛西敬之

    このため0系を新しく製造して古い0系を置き換える状態が続き、約22年間・38次にわたって、細部の改良を重ねながら0系が発注・製造され続けることになった。なお、JR東海会長葛西敬之「国鉄改革の真実」によると、編成価格は約30億円である。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た十河信二

    2007年10月までは四国旅客鉄道(JR四国)多度津工場で保存されていた。「新幹線の父」と呼ばれた十河信二ゆかりの地ということから展示が実現した経緯がある。前記の通り21次車の1両で、0番台(大窓)車としては最後のグループである。また同じ編成の反対側先頭車(22-141)が後述の通りイギリスで保存されている。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た三木忠直

    そのデザインは、空力特性を考慮して形状を決定された。設計者の三木忠直の下で風洞実験に当たった鉄道技術研究所の技術者田中眞一によれば、レーシングカーや航空機などの設計を検討したうえで、ジェット旅客機DC-8の機首を修正して前頭形状を設計したという。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

397件中 21 - 30件表示