242件中 81 - 90件表示
  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た新幹線700系電車

    0系の後継車両である100系や300系、700系の増備に伴い、0系は編成数を減らしていく。1995年の300系の5,6次車投入に伴い、まず「ひかり」編成であるN編成が淘汰された。その後は、唯一残る「こだま」編成であるY編成の淘汰が進行していく。浜松工場での0系全般検査も1997年9月22日のY8編成をもって終了となり、後は検査切れとなった順に編成ごと廃車となっていった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た集電装置

    集電装置には、小型化して空気抵抗を小さくするため、1959年にクモヤ93000で現車による175km/h運転を含む実用試験を実施した上で、下枠交差型パンタグラフが初めて採用された。これも PS200形と、200 が付番されている。集電舟は揚力の発生を抑えるため、あえて空力的には鈍感な、直方体とした。3次車新造以降、碍子の絶縁を強化するため、碍子が大型化された。この変更は1,2次車にも施された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た新幹線300系電車

    このときは種車の旧番号ごとにそれぞれ0番台→3030番台、1000番台→5030番台、2000番台→7030番台へ改番した。しかし、これらの車両は、300系などの新型車両の急速な投入により、本来の投入目的であった「ひかり」運用への充当は短期間に終わり、そのまま「こだま運用」に転用されている。これと同種のアコモ改善は後年の「こだま」用編成のR編成の一部にも施された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た鉄道車両の台車

    実用速度 200km/h を表す DT200形と名付けられた台車は、鋼板溶接組立構造で、高速域での走行安定性を重視し、固定軸距は 2,500mm、車輪径は 910mm とされた。基礎ブレーキとして、高速域から安定して作動する空圧油圧変換式ベンチレーテッド車輪ディスクブレーキを採用した。これはブレーキディスクを車軸に取り付けるのではなく各車輪のホイール部両側面に、その内周部分でボルト締結して取り付け、油圧により2つのライニング制輪子がこれら2枚1組のブレーキディスクを外側から挟み込む形で締め付けることで所要の制動力を得る機構を備える、また連続高速走行のため、軸受構造は日本鉄道車両史上初の潤滑油式ボールベアリングとした。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た博多駅

    2000年代に入った時点で既に大半が廃車されていて東海道新幹線区間での運転も終了していたが、2008年11月30日の岡山駅14:51発博多行の「こだま659号」を最後に山陽新幹線区間での定期営業も終了した。同年12月6日・13日・14日に新大阪 - 博多間にて「ひかり号」として「0系さよなら運転」が行われた。その後は全車が廃車され、車種としては廃止された。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た国鉄181系電車

    車体長24.5m、車体幅3,380mmと非常に大型の流線型準張殻構造車体である。在来線車両より5m長く、50cm以上(151系に対しても約43cm)広い。また、高速安定走行実現のため、車輪径が大きく台車の背が高くなったことや床下に艤装される電装品の制約もあって客室床面高さも1,300mmと高い。このように従来にない破格の大型車体であるが、1mmから6mmの範囲で部材の板厚を細かく変更し、必要に応じ高耐候性圧延鋼材(SPA-C)・熱間圧延軟鋼板(SPHC)・一般構造用圧延鋼材(SS)と鋼材の種類を使い分けることで、設計当時の技術で実現可能な普通鋼製車体としては限界の軽量化に近い、公称構体重量10.5tを実現した。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たDC-8

    そのデザインは、空力特性を考慮して形状を決定された。設計者の三木忠直の下で風洞実験に当たった鉄道技術研究所の技術者田中眞一によれば、レーシングカーや航空機などの設計を検討したうえで、ジェット機のDC-8の先頭形状をモディファイして前面形状を設計したという。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た旅客機

    航空機(特に旅客機)に範をとった丸みのある先頭形状と、青・白塗り分けのスマートかつ愛嬌のある外観を備える。初期の新幹線のイメージを確立した車両であり、戦後日本の高度成長時代を象徴する存在として、人々から長く親しまれた。1980年(昭和55年)頃までの書籍などでは「旅客機を思わせる先頭部」、「まるで地面を走る航空機」と形容されることが多かったが、晩年は後に登場した新型新幹線車両と比べ「団子鼻」と称されるようになった。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た東京都

    21-25(前頭部のみ) : 東京都千代田区交通博物館→埼玉県さいたま市大宮区 鉄道博物館新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見たアクリル樹脂

    先頭車前面には「ひかり前頭装置」と呼ばれる丸いプラスチックカバーを装着している。この中には非常用の連結器が納められている。開発当初、このカバーは半透明のアクリル樹脂製で、前灯を光源にして光る構造となっていた。後に走行中の鳥との接触で破損することから、不透明の丈夫なFRPに変更され、当初目論んだ「光前頭」としての機能は失われた。前灯と尾灯は同一のライトであり、尾灯として使用する場合は赤いスクリーンを通して点灯させる仕組みである。前期車はバタフライ式スクリーン、後期車は半円形スクリーンである。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

242件中 81 - 90件表示

「初代新幹線0系」のニューストピックワード