557件中 31 - 40件表示
  • 山形龍司

    山形龍司から見た初音ミク初音ミク

    2016年、「ニコニコ超会議2016」で「超歌舞伎」「(主演:中村獅童、初音ミク)『ACCインタラクティブ部門 ブロンズ受賞』」の テクニカル演出プロデュースを担当。日本の伝統芸能、歌舞伎とバーチャルシンガー初音ミクを融合した史上初のコラボレーションを成功させる。 プロジェクションマッピング、AR などとNTTの持つ最新技術「kirari!」と融合した新しいエンタテインメントとして多くの賞賛を集める。山形龍司 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地徹

    菊地徹から見た初音ミク初音ミク

    2013年 冨田勲 × 初音ミク イーハトーヴ交響曲 花巻公演(8.29) 名古屋 東京 大阪公演(9.1-9.21)菊地徹 フレッシュアイペディアより)

  • フジミ模型

    フジミ模型から見た初音ミク初音ミク

    自動車の模型はフジミの主力商品であり、主に1/24で新旧の乗用車やチューニングカー、レーシングカーを数多く商品化している。ただし、1970年代までに開発された旧製品と、そのバリエーションも多い。2000年代半ばからは、1/20のF1カーや、1/32のトラックと観光バスもシリーズ展開されている。また、種類は少ないものの1/16や1/12の大型モデルも作られており、1990年代には1/48の製品も作られていた。改造やディテールアップ用のタイヤ、ホイール、メタルマフラー、エッチングパーツ、デカールなども1/24用を中心に発売されている。また、『頭文字D』、『湾岸ミッドナイト』、『逮捕しちゃうぞ』、『ナニワトモアレ』など講談社系の作品を中心に、『オーバーレブ!』や『よろしくメカドック』、『サーキットの狼』など、自動車を扱ったマンガ作品の版権を取得し、登場する車両を再現したモデルも発売している。また、アオシマの痛車に対抗してアニメなどのキャラクターのデカールを加えた「きゃらdeCAR?るシリーズ」を展開している。初音ミクやエヴァンゲリオンをモチーフにした実在のレーシングカーやレーシングオートバイと、その架空のバリエーションも製品化している。フジミ模型 フレッシュアイペディアより)

  • KAITO

    KAITOから見た初音ミク初音ミク

    パッケージイラストについてはキャラクター化を意図したものではなかったが、2009年6月に発表された同社製品のキャラクターの利用についての規約「ピアプロ・キャラクター・ライセンス」においてはKAITOもキャラクターとして扱われるようになっている。キャラクターの利用についてはピアプロを参照。なおKAITO含め後発の初音ミクや鏡音リン、巡音ルカ同様ヘッドセットマイクを装備している。KAITO フレッシュアイペディアより)

  • Rocket! ぼくらを月につれてって 新・月世界旅行

    Rocket! ぼくらを月につれてって 新・月世界旅行から見た初音ミク初音ミク

    初音ミクが主題歌に使用された最初のアニメ番組でもある。Rocket! ぼくらを月につれてって 新・月世界旅行 フレッシュアイペディアより)

  • ZANIO

    ZANIOから見た初音ミク初音ミク

    2012年にファミリーマートのコラボ商品として、自身の初音ミク楽曲「ペヤングだばあ」をモチーフにまるか食品とタイアップした「ペヤング ネギ塩やきそば」が発売された。その後、おやつカンパニーとコラボした「ベビースターペヤングやきそば feat.初音ミク」も発売された。ZANIO フレッシュアイペディアより)

  • 恐山ル・ヴォワール

    恐山ル・ヴォワールから見た初音ミク初音ミク

    動画サイト「ニコニコ動画」にてVOCALOID・初音ミクをボーカルに用いて発表され、後に同サイトにて漫画の登場人物恐山アンナの担当声優林原めぐみによるカバーが発表された曲。恐山ル・ヴォワール フレッシュアイペディアより)

  • ロイツマ・ガール

    ロイツマ・ガールから見た初音ミク初音ミク

    『ニコニコ動画』には歌い手をボーカロイド「初音ミク」にしたパロディ動画が公開された。ここでも『イエヴァン・ポルッカ』を歌う初音ミク(から派生した「はちゅねミク」なるキャラクター)の手にはネギが握られており、その後の初音ミク人気の高騰に伴い、「初音ミクとネギ」の組み合わせが定番とされるようになった。なお、このパロディ動画の作者であるおんたま(原案:Otomania、作画:たまご)により『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』が月刊コンプエース(角川書店)にて連載されている。ロイツマ・ガール フレッシュアイペディアより)

  • メーカー非公式 初音みっくす

    メーカー非公式 初音みっくすから見た初音ミク初音ミク

    クリプトン・フューチャー・メディアの音声合成ソフト「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第1弾である「初音ミク」を、初音ミクのキャラクターデザイナーであるKEI自身が漫画化した作品。ただし同社が販売する音声合成ソフトの初音ミクには物語的な背景を与えず設定を最小限にとどめ、ユーザーが自由にイメージを作り上げられるキャラクターとしての方針が取られており、本作も公式な設定に基づくストーリーではなく非公式の案件としての扱いとなっている。そうした背景もあり、タイトルにはアンオフィシャルの作品であることを強調する「メーカー非公式」が冠されている。メーカー非公式 初音みっくす フレッシュアイペディアより)

  • 巡音ルカ

    巡音ルカから見た初音ミク初音ミク

    浅川悠を起用した日英バイリンガルのVOCALOIDはCVシリーズ第一弾として発売された初音ミクが企画される前の2007年初旬から検討されておりCVシリーズの第1弾として浅川悠の声を用いた日本語版のVOCALOIDを発売した後に英語ライブラリを追加する計画となっていたが、スケジュールが折り合わなかったことなどから初音ミク、鏡音リン・レンの後に日本語英語両対応の製品としての発売となった。巡音ルカ フレッシュアイペディアより)

557件中 31 - 40件表示

「初音ミク」のニューストピックワード