557件中 51 - 60件表示
  • 乃木坂春香の秘密

    乃木坂春香の秘密から見た初音ミク初音ミク

    裕人のことを「おに〜さん」(時折「お義兄さん」)と呼んで慕っている。裕人を何かと振り回す一方で、何かにつけて彼に甘えるようになる。そして交流が進むうちにその甘えぶりにもさらに拍車がかかり、クリスマスパーティでは父や姉の目の前で裕人の膝の上に座ったり抱きつく等していた。また年末には春香の手伝いのため構ってくれない裕人に不平を漏らしている。密かに裕人が自分のことしか考えられない「みっかみか」にする事を目論んでいるようである。春香と裕人の関係を応援しており、二人により親密になってもらおうとメイドたちと共謀しては裕人にメイドたちを春香の代役に見立てたシミュレーションをやってもらうなど協力的だが、その一方で裕人が春香と二人っきりなっている所を水を差し邪魔をしたり、大富豪の罰ゲームとして旅行中に自分の言うことを聞かせようとしたり、運悪くそのシミュレーションをルコや由香里に遭遇されて勘違いされた時は助けようとしないばかりか、言い返さないのを良いことに自分の計画が失敗すると裕人に責任転嫁をしたりするなど、春香同様不自由の無い生活をしていたため、自分は可愛いからという理由で何でも許してもらえると思っている描写がいくつかあり、自意識過剰で利己的な部分が目立つが姉の春香や裕人のことを大切に思っており、また那波が家の事情でメイドをやめようとした際、ショックを受けたり、春香の妹であるだけに繊細な一面もある。また本人は否定しているが、那波曰く「かなり寂しがり屋」とのこと。しかしこうした裕人との交流が深まるにつれ、春香同様無自覚のうちに彼に対する恋愛感情が募り、裕人から椎菜に告白された件を聞いてからはその想いがさらに強くなっていった。そして伊豆の別荘で行われた誕生日パーティの後、遂にその感情を抑え切れず裕人を連れ出し、彼と一日デートした後に自らの想いを裕人に告げる。結局、椎菜同様「初恋」という形では実らなかったものの、椎菜とは違い、決して裕人のことを諦めているわけではない。後に裕人が春香と結婚したため、裕人とは義兄妹(裕人が義兄、美夏が義妹)となった。アニメでは疲労で倒れた裕人に対してツンデレのような態度を取ったことがあるが原作に比べ、恋愛感情を見せる描写が減っており、誕生日の回もなくなっている。乃木坂春香の秘密 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックガンガン!

    ミュージックガンガン!から見た初音ミク初音ミク

    ピアプロとのコラボレーション(後述)により、初音ミクを使用した楽曲が公募されそのうち3曲が収録された。ミュージックガンガン! フレッシュアイペディアより)

  • かんざきひろ

    かんざきひろから見た初音ミク初音ミク

    「鼻そうめんP」という名義はニコニコ動画のユーザーから付けられた名前であり、HSPと略す場合もある。ニコニコ動画では既存曲のアレンジや、「初音ミク」を音源にもちいた楽曲やイラストをこの名義をもちいて無料公開している。かんざきひろ フレッシュアイペディアより)

  • 平清盛 (NHK大河ドラマ)

    平清盛 (NHK大河ドラマ)から見た初音ミク初音ミク

    『梁塵秘抄』に収められた今様「遊びをせんとや生まれけむ」が「夢中になって生きる」というメッセージとしてドラマ全体を貫くテーマとなっている。テーマ音楽に舘野泉によるピアノソロと「普通の子供が普通に口ずさんでいるような」イメージで採用された子役の松浦愛弓による歌唱で「遊びをせんとや」のメロディが用いられているほか、劇中でも清盛の子守唄として使用された。「遊びをせんとや」のメロディの作曲に当たって、吉松は音声合成ソフトウェア「初音ミク」を使用した。平清盛 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 上条衿

    上条衿から見た初音ミク初音ミク

    初音ミク コスメシリーズ/コラボ傘/初音ミクパズル/2014カレンダー上条衿 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡音リン・レン

    鏡音リン・レンから見た初音ミク初音ミク

    鏡音 リン・レン(かがみね リン・レン、KAGAMINE RIN/LEN)は、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアの製品名、およびキャラクターとしての名称である。大ヒット商品となった初音ミクに続く「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」第2弾として2007年12月27日に発売された。2008年7月までに約2万を出荷し、大きな売り上げを記録している。鏡音リン・レン フレッシュアイペディアより)

  • 清水達也

    清水達也から見た初音ミク初音ミク

    シンデレラ・ロマンス (初音ミク清水達也 フレッシュアイペディアより)

  • VOCALOIDの派生キャラクター

    VOCALOIDの派生キャラクターから見た初音ミク初音ミク

    初音ミクをはじめとするVOCALOIDのファンの間では、VOCALOID製品のキャラクターをモチーフとして自由に名前や容姿、性格などを設定し、新しいキャラクターを創作するということが行われている。創作されたキャラクターの中には複数のユーザーが作品に取り入れているものも多い。中でも、最も早くに生み出された派生キャラクターであるはちゅねミクについては、2007年9月にニコニコ動画に投稿されたはちゅねミクの登場した動画「VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた」が大きな人気を博し、初音ミクのブームの発火点となるなど、その後の初音ミクのムーブメントに大きな影響を及ぼしている。VOCALOIDの派生キャラクターは2008年末時点で400種類以上が存在したと見られており、後に沈静化はしたものの一時はVOCALOIDの文化の一翼を担っていた。VOCALOIDの派生キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • Wine

    Wineから見た初音ミク初音ミク

    MikuInstaller - IntelベースのMacintoshにWindows用のDAWソフトである 初音ミク をインストールするための環境パッケージ。WineやCrossOverのソースコードの一部を利用している。 初音ミクをインストールするためのソフトと謳われているものの、書き換えなくても実行できるソフトがある可能性が示唆されておりまた同梱のWineを書き換えることで様々なアプリケーションをMacネイティブで実行できるともしている。なお、現在開発は中止されている。Wine フレッシュアイペディアより)

  • 痛車

    痛車から見た初音ミク初音ミク

    モータースポーツの現場にも痛車風のデザインの車両や、「痛車」であることを銘打った車両が登場しつつある。2005年のもてぎEnjoy耐久レースにcolor's R&D CR-Xが参戦し、これが公認モータースポーツへの痛車の初参戦となった。国内最高峰カテゴリー初のレーシング痛車としては、2007年ADVANらき☆すたランサーが全日本ダートトライアル選手権に参戦。さらに2008年4月、メロンブックスBRIGキャッツDLシティが全日本ラリー選手権第1戦ツール・ド・九州に参戦しクラス優勝したのを皮切りに、8月にはSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmにクリプトン・フューチャー・メディアの初音ミクをフィーチャーしたカラーリングのBMW・Z4が出場。さらにSUPER GT第9戦にはMOLAレオパレスZが鏡音リン・レンをフィーチャーしたカラーリングで参戦しGT300のシリーズチャンピオンとなっている。2012年にはフォーミュラ・ニッポンにおいてもProject μ/cerumo・INGINGがオリジナルキャラクター山口美羽を車体に配し、レース参加車としては史上初の「痛フォーミュラ」が誕生した。痛車 フレッシュアイペディアより)

557件中 51 - 60件表示

「初音ミク」のニューストピックワード