557件中 81 - 90件表示
  • KEI (イラストレーター)

    KEI (イラストレーター)から見た初音ミク初音ミク

    現在につながる作風の絵を描き始めたのは、学生時代『ストリートファイターII』シリーズのキャラクターイラストを雑誌『ゲーメスト』に投稿したり、『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』の絵をみたりしたことにさかのぼる。その後、サークル参加していた友人についてコミックマーケットに行った事をきっかけに、自分もサークル参加をするようになる。同人誌が電撃文庫の編集の目に止まったことをきっかけに、『奇蹟の表現』でイラストレーターデビューを果たす。2007年にデザインを手がけた『初音ミク』が空前のヒット作となり注目をうける。その人気は海外でも高く、2014年にアメリカ合衆国サンフランシスコで開催されたJ-POP SUMMITにも参加している。KEI (イラストレーター) フレッシュアイペディアより)

  • 唯月ふうか

    唯月ふうかから見た初音ミク初音ミク

    1月、初音ミクとの合作によるコラボ企画CD「教室」をリリースする。唯月ふうか フレッシュアイペディアより)

  • イエヴァン・ポルッカ

    イエヴァン・ポルッカから見た初音ミク初音ミク

    初音ミク(Miku Hatune,2007年)イエヴァン・ポルッカ フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た初音ミク初音ミク

    2007年10月14日に「初音ミク」を紹介したが、その内容が初音ミクが何なのかを説明するものではなく、初音ミクを使用しているユーザー(いわゆるオタク)を面白半分に取り上げただけの代物で、VTR終了後に和田が感想を聞かれても「よく分かりません」としか答えなかった。その結果、インターネット上で放送内容に対する抗議が各所で発生した。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • 2007年

    2007年から見た初音ミク初音ミク

    8月31日 - VOCALOID、初音ミクが発売。2007年 フレッシュアイペディアより)

  • VOCALOID

    VOCALOIDから見た初音ミク初音ミク

    VOCALOIDの利用目的については開発当初はバックコーラスのような使い方がメインになるとの想定もされていたが、発売後はメインボーカルへの利用も盛んに行われた。特に日本国内においては「VOCALOID2」を採用した「初音ミク」が発売された2007年以降、ネット上を中心にVOCALOIDをメインボーカルに起用した楽曲が数多く発表されるようになり、そうした中の人気楽曲からメジャーレーベルから発売されるものも現れるなど、一つの楽曲文化の様相を見せるようにもなっている。2010年には『EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク』が、VOCALOIDをボーカルに用いた楽曲を集めたアルバムで、初のオリコン週間チャート1位を獲得している。VOCALOID フレッシュアイペディアより)

  • ピアプロ

    ピアプロから見た初音ミク初音ミク

    ピアプロはクリプトン・フューチャー・メディア(以下クリプトン)が2007年8月に発売した音声合成ソフト初音ミクを利用した創作活動の盛り上がりを受け、そうした消費者生成メディア(CGM)を推進する、クリエイターの創作の場として2007年12月3日に開設された。ピアプロという名前は「ピアプロダクション(:en:peer production)」を略したものである。初音ミク発売当時、ソフトの歌声を用いた楽曲やキャラクターのイラストなど様々な創作活動が行われる中、他者の作品を第三者が無断で自分の作品内に使用し、トラブルになるケースもしばしば見られたと言う。一方で、こうしたトラブルは、ほとんどの場合コミュニケーション不足を解消することで未然に防げるとも考えられた。ピアプロは投稿されたイラスト、楽曲などの作品を、非営利などの条件下で会員同士で融通し合うことが出来ることを特徴としており、これによりネット上に投稿された他のクリエイターの作品の無断での二次利用といったような権利上のグレーゾーンを排し、健全なCGM文化の活性化を目指している。ピアプロに投稿された初音ミクのイラストと、自作の楽曲を組み合わせ、動画投稿サイトニコニコ動画で作品を発表する、といったような活用が可能で、複数の会員同士のコラボレーションによる創作活動も行われる。ただし、サイトの意図とは異なり単なる素材置き場、あるいはコミュニケーションサイトと見ている会員もいるという。ピアプロ フレッシュアイペディアより)

  • 森雄一

    森雄一から見た初音ミク初音ミク

    2015年12月11日から2016年3月8日まで、『OTTAVA Salone』のニコニコ動画での延長放送枠内に、「OTTAVAミクミクスタジオ」という初音ミクに関するコーナーを設けていた。コーナー終了後も、毎週火曜日には「守護神」としてスタジオ内に初音ミクのぬいぐるみを飾り、ボーカロイドに歌わせた楽曲を時々披露している。「花は咲く」「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「DREAMIN'」(BOØWY、この楽曲ではIAを使用)、「このうるわしき大地に(For the Beauty of the Earth)」(ジョン・ラター)、「START:DASH!!」(μ's)など。ラジオ体操第1と第2の曲など、ボーカロイドの歌唱の入らないDTMによる楽曲を披露することもある。森雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田咲

    藤田咲から見た初音ミク初音ミク

    2007年3月、大学を卒業。同年8月、人工的に人声ボーカルを作り上げる歌声合成ソフト『VOCALOID2』の日本語、女性版「初音ミク」の声を担当した。2008年9月24日、シングル『Crystal Quartz』で歌手デビュー。その後、日本ナレーション演技研究所を卒業、正式にアーツビジョン所属となった。藤田咲 フレッシュアイペディアより)

  • コンストラクティヴ・プロジェクト・オブ・ジェット

    コンストラクティヴ・プロジェクト・オブ・ジェットから見た初音ミク初音ミク

    2008年4月、CPJメンバーに女性ヴォーカロイド「Rosa(ローサ)」が半レギュラーとして加入。机の引出しを開けたら23世紀の未来からやってきた。昨今話題の初音ミクの性能を遥かに超越しているという。コンストラクティヴ・プロジェクト・オブ・ジェット フレッシュアイペディアより)

557件中 81 - 90件表示

「初音ミク」のニューストピックワード

  • コミックマーケット(コミケ)95

  • マジカルミライ 2018

  • ファビュラス 叶 コスプレアート写真集 FABULOUS COSPLAY WORLD