192件中 51 - 60件表示
  • 初音ミク

    初音ミクから見たCNET

    2007年10月14日に放送されたTBSのバラエティ番組『アッコにおまかせ!』にて『初音ミク』が取り上げられたが、その放送内容に対して「ミクがきちんと紹介されていない」「ソフトとは無関係な、「オタク」を面白おかしく取り上げたテレビの印象操作」などといった苦情や批判が初音ミクファンの間で相次ぎ、クリプトン・フューチャー・メディアのホームページにあるブログへの書き込みが殺到した。クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役の伊藤博之は、番組制作サイドに問題があったとしつつ、ユーザを不快にさせたことへの謝罪コメントを発表している。なお、TBS側はこの件に関して後にCNETの取材に対し「謝罪のコメントを出す予定はない。具体的にどの辺が問題なのか指摘してもらいたい」とコメントしている。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たグッドスマイルカンパニー

    3月31日 - グッドスマイルカンパニー、ディフォルメフィギュア「ねんどろいど 初音ミク」発売。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たテレビ神奈川

    3月29日 (テレビ神奈川放送分) - 『【俗・】さよなら絶望先生』への出演(アニメ作品への出演を参照)。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たビクターエンタテインメント

    8月27日 - 音楽サークルlivetuneがビクターエンタテインメントよりアルバムCD『Re:package』をリリース。初音ミクのイラストや名称などを使用してメジャーレーベルから発売されたCDはこれが初めて。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たBCNランキング

    9月27日 - BCNランキングに取り上げられる。"大ブレイクの「初音ミク」、売り上げもぶっちぎりのトップを爆走中!"1初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たZepp

    3月9日 - 3月9日をミクの日と称し、ライブイベント「ミクの日感謝祭 39's Giving Day」を東京のZepp Tokyoで開催。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たMAGIX

    AHSが日本国内での販売を行っているドイツMAGIX製のDAW「Music Maker Producer Edition」の限定版パッケージ。「初音ミクをボーカルに、Music Maker Producer Editionをバックバンドとして使って欲しい」として、パッケージと同梱ディスクケースにオリジナルの女性キャラクターからなる「jamバンド」が描かれた製品を2007年12月より販売している。なお、AHSは2009年12月より自社でもVOCALOID製品を発売している。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たジャイブ

    ジャイブ「月刊コミックラッシュ」2008年1月号発売。KEI作『メーカー非公式 初音みっくす』連載開始。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たみくみくにしてあげる♪【してやんよ】

    投稿される楽曲の傾向は、発売当初こそ既存の楽曲を初音ミクに歌わせたカバー曲が多くを占めていたが、徐々にユーザーが作詞作曲を行ったオリジナル曲の割合が増えてゆく。オリジナル曲も当初は、9月20日に投稿されて大きな人気を集め、ニコニコ動画で一時は最も再生回数の多い動画にもなった「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」のような歌うソフトという初音ミクの立場に立った歌詞の楽曲が多いという特徴があったが、同年の末にかけては12月7日にニコニコ動画へ投稿され大きな人気を集めたラブソング「メルト」のように普遍性のある楽曲が増えていった。また、ブームの広がりとともに「MEIKO」や男声VOCALOIDの「KAITO」にも注目が集まるようになり、12月27日にはCVシリーズの第2弾「鏡音リン・レン」も発売され、初音ミクだけでなく他のVOCALOIDをも巻き込んだムーブメントとなっていった。作品の発表の場となったニコニコ動画にとっても、こうしたユーザーのコミュニティが作り上げる作品による文化の定着は好都合だった。初音ミクが流行し始めた当時、ニコニコ動画ではMADムービーのような企業の著作権を侵害した動画への対応を進めつつあったためである。初音ミク フレッシュアイペディアより)

  • 初音ミク

    初音ミクから見たトヨタ・カローラ

    初音ミクに関連するコンテンツは、日本でのブーム当初から日本製コンテンツを好む国外の人々からも関心を集め、日本製アニメが違法にアップロードされた動画などによって海外に広まっているのと同様に作品の翻訳も行われ、ネットを通じて徐々に浸透していった。特に大きな関心を集めるようになったのは、2009年から2010年にかけ、初音ミクのライブイベント「ミクフェス '09(夏)」、「ミクの日感謝祭」の動画がアップされてからとされる。ライブイベントの動画は違法にアップされたものであったが、これについては多くの人に見てもらうことを優先してあえて削除申請を行わなかったという。クリプトンの運営するレーベルKarenTからiTunes Storeを通じて販売されるVOCALOID関連楽曲では、2010年以降アメリカからの売り上げが急増したという。アメリカでは2011年5月よりトヨタ・カローラの広告に起用され、同年7月には日本国外で初めての単独ライブも催されている。初音ミク フレッシュアイペディアより)

192件中 51 - 60件表示

「初音ミク」のニューストピックワード