前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見た別府史之別府史之

    別府史之が参加中のティレーノ〜アドリアティコ第4ステージのスタート前、参加全選手が東北地方太平洋沖地震にかんがみて、黙祷を捧げた。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 新城 幸也

    新城幸也から見た別府史之別府史之

    2009年7月には、別府史之とともに日本選手として13年ぶりにツール・ド・フランスに出場し、日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人となった。更に2010年のジロ・デ・イタリアを完走し、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの2大グランツールを初めて完走した日本人ライダーとなった。2012年のツール・ド・フランスに第4ステージおいて敢闘賞を獲得。日本人で初めてグランツールの表彰台に上がった選手となった。新城幸也 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンカップサイクルロードレース2010

    ジャパンカップサイクルロードレース2010から見た別府史之別府史之

    当年は初の試みとして、ジャパンカップ(男子エリート)の前日にあたる10月23日に、宇都宮市中心部、宇都宮二荒山神社前をスタート・ゴールとして、大通り(県道宇都宮那須烏山線)の本町交差点から上河原交差点間の上下車線を封鎖して設けられた1周1.55kmの特設クリテリウムコースによる「ジャパンカップクリテリウム」が行われた。こちらには男子エリートに出場する14チームに加え、特別招待選手のオスカル・プジョル(サーヴェロ・テストチーム)・別府史之(チーム・レディオシャック)と村上義弘・渡邉一成・脇本雄太の3競輪選手から成る「サーヴェロ・レディオシャック・ケイリンスペシャルチーム」が特別参加した。ジャパンカップサイクルロードレース2010 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果

    ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果から見た別府史之別府史之

    前日に引き続き平坦基調のコースレイアウト。序盤からルーベン・ペレス(エウスカルテル)、サミュエル・デュムラン(コフィディス)、マキシム・ブエ(アグリテュベル)、クン・デコルト(スキル・シマノ)の4人が逃げる展開に。一時13分近い大差をつけられた集団だが、サクソバンクのペースアップで徐々に差を縮めていく。逃げとの差が1分半前後になった辺りで横風区間に突入。ここでチーム・コロンビア=HTCの牽きで集団が二つに分断。チーム・コロンビア=HTCの選手以外で、総合争いの選手ではマイヨ・ジョーヌのファビアン・カンチェラーラやランス・アームストロング(アスタナ)など、有力スプリンターではトル・フースホフト(サーヴェロ・テストチーム)、その他別府史之らスキル・シマノの大半の選手などは28人の先頭集団に残ったが、アルベルト・コンタドール(アスタナ)やその他総合争いやスプリンターの有力選手の大半は後方集団に取り残されてしまう。結局先頭集団が後続集団に差をつけてゴールスプリントに突入。昨日に続いてマーク・カヴェンディッシュが付き位置にポジショニングして有利なはずだったフースホフトを寄せ付けずに圧勝してステージ2連勝、もちろんマイヨ・ヴェールもキープしている。カンチェラーラも問題なくマイヨ・ジョーヌをキープ。別府はステージ3位に入ったシリル・ルモワーヌをアシストしつつ、自身も8位でフィニッシュ。2日連続で日本人選手がステージトップ10に食い込んだ。後続集団は大半の選手が41秒遅れでフィニッシュ。総合争いではアームストロングがじわり総合3位に浮上。また先頭集団でゴールしたトニー・マルティン(チーム・コロンビア=HTC)がマイヨ・ブランを奪取した。マイヨ・グランペールは動きなし。また逃げ吸収後も先頭集団で踏ん張り、最後のゴールスプリントに参加して4位に入ったデュムランが敢闘賞を獲得した。ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア 2011

    ジロ・デ・イタリア 2011から見た別府史之別府史之

    また、別府史之(チーム・レディオシャック)がジロ・デ・イタリア初参加。基本的に、グランツール初出場となるティアゴ・マシャドやヤロスラフ・ポポヴィッチ、ロビー・マキュアン等のアシスト役に徹することになった。ジロ・デ・イタリア 2011 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果

    ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果から見た別府史之別府史之

    アルプスから最終決戦の地モン・ヴァントゥへと向かう移動ステージだが、ゴール手前16km地点に2級山岳が設定されているなど一筋縄ではいかないコースレイアウト。序盤から活発にアタックが起こってカデル・エヴァンス、ダニエーレ・ベンナーティなど19人が逃げる展開となる。しかしオスカル・フレイレに勝たせたいラボバンクが逃げを容認せず差は思うように広がらない。逃げ集団もアタックでレオナルド・ドゥケ(コフィディス)、デヴィッド・ミラー(ガーミン・スリップストリーム)、ヤロスラフ・ポポヴィッチ(アスタナ)、ホセ・ルイス・アリエタ(Ag2r)、ホセ・イバン・グティエレス(ケス・デパーニュ)の5人が飛び出すが、ラボバンク、さらにランプレとミルラムも加わったメイン集団の追撃に敢え無く山岳手前で全員が吸収される。その後山岳の上りでローラン・ルフェーヴル(ブイグテレコム)、続いてマイヨ・アルカンシエルのアレッサンドロ・バッラン(ランプレ)が飛び出して山頂を通過。残り1.5km付近まで懸命に逃げたが吸収。下りでルイス・レオン・サンチェス(ケス・デパーニュ)がアタックをかけるもこれも不発に終わり中集団スプリントに。最後は上りに耐え抜いたマーク・カヴェンディッシュがスプリントを制して昨年を越えるステージ5勝目。トル・フースホフトはカヴェンディッシュをきっちりマークしてステージ2位。ポイント差を5ポイントしか縮めさせずにパリ・シャンゼリゼでのマイヨ・ヴェールが見えてきた。フレイレはステージ5位。別府史之(スキル・シマノ)がステージ7位に入って自身のツール最高順位を1つ更新した。フランコ・ペッリツォッティは事実上マイヨ・グランペールが確定。総合・新人賞争いはランス・アームストロングが他選手に対して4秒のアドバンテージを得たくらいで大きな動き無し。敢闘賞はドゥケが獲得した。平均速度46km超えというハイペースの展開もあってアメツ・チュルカ、アラン・ペレス(共にエウスカルテル)の2人がタイムアウト。156人がモン・ヴァントゥに挑むこととなった。ツール・ド・フランス2009 第12-第21ステージ結果 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレース

    ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレースから見た別府史之別府史之

    スタート時間は現地時間で午前10時。日本からは、別府史之、新城幸也が参加。ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009

    ツール・ド・フランス2009から見た別府史之別府史之

    日本からはBboxブイグテレコムから新城幸也、スキル・シマノから別府史之が出場。日本人としては1926(大正15)年・1927(昭和2)年の川室競、1996年の今中大介に続く出場となる。日本人2人が同時にツールに出場するのは史上初。ツール・ド・フランス2009 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス

    ツール・ド・フランスから見た別府史之別府史之

    タイムトライアルを除く各ステージで特に果敢に動いたと認められた選手には「敢闘賞」として、通常白地に黒文字のゼッケンの代わりに赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられる(ただし2004年はスポンサーの関係から青地に白数字のものが使われていた)。「敢闘賞」は他の賞と異なり審査員の主観によって選ばれる賞で、各ステージ終了直後に受賞選手1人が主催者から発表され、表彰が行われる。審査員の中には逃げ屋でおなじみとなっていたジャッキー・デュランも含まれていることもあり、逃げ集団が吸収された際は最後まで逃げていた選手、逃げ集団が逃げ切りでゴールした際は2位の選手、単独逃げ切りに成功した場合はその選手が敢闘賞となる確率が高い。2009年の最終ステージ(シャンゼリゼ通り)では、別府史之が日本人初の敢闘賞を獲得した。また最終日には大会全体で最も果敢な走りをしたと認められた選手1人に「スーパー敢闘賞」が送られる。ツール・ド・フランス フレッシュアイペディアより)

  • ジロ・デ・イタリア

    ジロ・デ・イタリアから見た別府史之別府史之

    別府史之 2011年、2012年完走(最終成績2011年個人総合67位、2012年総合121位)2011年第1ステージ総合8位(チームタイムトライアル)、2012年第3ステージ9位ジロ・デ・イタリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「別府史之」のニューストピックワード

  • 強い選手がそろっているのでベストを尽くしたい

  • 第25回記念2016ジャパンカップサイクルロードレース

  • 新清水ジャンクション間