58件中 11 - 20件表示
  • ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレース

    ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレースから見た別府史之別府史之

    スタート時間は現地時間で午前10時。日本からは、別府史之、新城幸也が参加。ロンドンオリンピック (2012年) における自転車競技・男子個人ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス

    ツール・ド・フランスから見た別府史之別府史之

    タイムトライアルと最終ステージを除く各ステージで特に果敢に動いたと認められた選手には「敢闘賞」として、通常白地に黒文字のゼッケンの代わりに赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられる(ただし2004年はスポンサーの関係から青地に白数字のものが使われていた)。「敢闘賞」は他の賞と異なり審査員の主観によって選ばれる賞で、各ステージ終了直後に受賞選手1人が主催者から発表され、表彰が行われる。審査員の中には逃げ屋でおなじみとなっていたジャッキー・デュランも含まれていることもあり、逃げ集団が吸収された際は最後まで逃げていた選手、逃げ集団が逃げ切りでゴールした際は2位の選手、単独逃げ切りに成功した場合はその選手が敢闘賞となる確率が高い。2009年の最終ステージ(シャンゼリゼ通り)では、別府史之が日本人初の敢闘賞を獲得した。2010年以降、最終ステージについてはステージ敢闘賞の対象外となっている。また最終日には大会全体で最も果敢な走りをしたと認められた選手1人に「スーパー敢闘賞」(「総合敢闘賞」とも)が送られる。ツール・ド・フランス フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2009

    ツール・ド・フランス2009から見た別府史之別府史之

    日本からはBboxブイグテレコムから新城幸也、スキル・シマノから別府史之が出場。日本人としては1926(大正15)年・1927(昭和2)年の川室競、1996年の今中大介に続く出場となる。日本人2人が同時にツールに出場するのは史上初。ツール・ド・フランス2009 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ダイグナン

    フィリップ・ダイグナンから見た別府史之別府史之

    ジロ・デッラ・ヴァッレ・ダゴスタのチームタイムトライアルにおいて、別府史之、ユベール・デュポンとのトリオで挑んで制覇。フィリップ・ダイグナン フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ファンヒュメル

    ケニー・ファンヒュメルから見た別府史之別府史之

    スプリンターである彼は、山岳ステージを大の苦手としており、2009年にツール・ド・フランスに初出場すると、第2ステージ最初の3級山岳にて、最初に集団から離され、山に対する弱さが浮き彫りになった。しかし山岳コースを苦手とするスプリンタータイプの選手が何人かリタイアする中、ピレネー、アルプスの両山岳ステージにおいて、収容車に追われながらも常に制限時間すれすれでゴールした。両方とも100km以上をグルペットにも入れず個人タイムトライアル状態でゴールするという体力的には非常に厳しい状態であった。フランスのスポーツ紙・レキップから『史上最悪のクライマー』と皮肉混じりに取り上げられる一方で、僚友の別府史之はツイッターでファンヒュメルを「超人」と賞賛し、ランス・アームストロングもこれに賛同した。ケニー・ファンヒュメル フレッシュアイペディアより)

  • リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2012

    リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2012から見た別府史之別府史之

    残り約20?地点付近で、ヴィンチェンツォ・ニバリが後続集団に40秒以上の差をつけ独走状態になったかに思われたが、残り5?を過ぎて、マクシム・イグリンスキーが単独でニバリを猛追。そしてゴール手前でニバリを捕え優勝した。なお、別府史之、土井雪広の2人は途中棄権した。リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2012 フレッシュアイペディアより)

  • ロンド・ファン・フラーンデレン2011

    ロンド・ファン・フラーンデレン2011から見た別府史之別府史之

    昨年に続いての出場となった別府史之(チーム・レディオシャック)は17分51秒遅れの120位で完走。日本人史上初のロンド・ファン・フラーンデレン完走者となった。ロンド・ファン・フラーンデレン2011 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンカップサイクルロードレース2011

    ジャパンカップサイクルロードレース2011から見た別府史之別府史之

    15周目 - 別府史之(クリテリウム・スペシャルチーム)ジャパンカップサイクルロードレース2011 フレッシュアイペディアより)

  • ヘント〜ウェヴェルヘム2010

    ヘント〜ウェヴェルヘム2010から見た別府史之別府史之

    ヘント〜ウェヴェルヘム2010(Gent?Wevelgem 2010)は、ヘント〜ウェヴェルヘムの72回目のレース。2010年3月28日に行われた。日本人では別府史之が出場したが序盤でクラッシュに巻き込まれた影響もありリタイヤに終わった。ヘント〜ウェヴェルヘム2010 フレッシュアイペディアより)

  • UCIプロツアー2007

    UCIプロツアー2007から見た別府史之別府史之

    ジロ・デ・イタリアの総合優勝以後、総合トップの座を維持してきたダニーロ・ディルーカは10月15日、イタリアオリンピック委員会(CONI)より、「オイル・フォー・ドラッグ」と言われるドーピング事件に関与している疑いがあるとして3ヶ月の出場停止処分を言い渡された。これを受け、UCIは、ディルーカが獲得してきたポイントを剥奪。その結果ディルーカの順位は抹消された。また、別府史之が日本人選手として初めて同制度のポイント獲得者となり、205位となった。UCIプロツアー2007 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「別府史之」のニューストピックワード