58件中 21 - 30件表示
  • ツール・ド・ロマンディ2007

    ツール・ド・ロマンディ2007から見た別府史之別府史之

    第3ステージにおいて、別府史之(ディスカバリーチャンネル)が区間2位に入った。今季のUCIプロツアーにおいて初のポイントを獲得したが、同時に日本人選手として史上最初のポイント獲得者となった。ツール・ド・ロマンディ2007 フレッシュアイペディアより)

  • シャカリキ!

    シャカリキ!から見た別府史之別府史之

    別府史之 - 子供の頃、本作を読んで、ヨーロッパのプロロードの選手になろうと思ったと語る。シャカリキ! フレッシュアイペディアより)

  • シルキュイ・ド・ラ・サルト

    シルキュイ・ド・ラ・サルトから見た別府史之別府史之

    2005年のレースでは、別府史之が新人賞3位に入っている。シルキュイ・ド・ラ・サルト フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・フランス2011

    ツール・ド・フランス2011から見た別府史之別府史之

    全日本TT&ロードのダブルタイトルを獲得した別府史之(チーム・レディオシャック)は元々のスケジュールからメンバーには選ばれず、また新城幸也(ユーロップカー)もセレクションには選ばれたものの最後で脱落。3年ぶりにプロトン内に日本人不在となった。ツール・ド・フランス2011 フレッシュアイペディアより)

  • 浅田顕

    浅田顕から見た別府史之別府史之

    ブリヂストンアンカー時代に別府史之、チームバン・エキップアサダで新城幸也を育てており、彼らがツール・ド・フランス2009に出場した際には『J SPORTS cycle road race』の解説者を務めた。特に新城の出場が決まったときには涙を流して喜んだ。浅田顕 フレッシュアイペディアより)

  • エネコ・ツアー2007

    エネコ・ツアー2007から見た別府史之別府史之

    なおUCIプロツアーポイントには繋がらないが、今大会第5ステージにおいて、別府史之がスプリント地点(エネコ・スプリント)を3回連続でトップ通過する活躍を見せた。エネコ・ツアー2007 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ブリュイネール

    ヨハン・ブリュイネールから見た別府史之別府史之

    2007年シーズン、サヴォルデッリはアスタナへと移籍したが、リバティー・セグロスから移籍したアルベルト・コンタドール、ゲロルシュタイナーから同チームに「復帰」した形となったライプハイマーらによってディスカバリーチャンネルは息を吹き返し、ツール・ド・フランスにおいて、コンタドールが総合優勝。ライプハイマーも総合3位に入る健闘を見せた。この他、ヒンカピー、ヤロスラフ・ポポヴィッチ、ステイン・デヴォルデル、ヤネス・ブライコヴィッチ、別府史之らを率いたが、同年限りでディスカバリーチャンネルはスポンサー及びチーム活動を停止した。ヨハン・ブリュイネール フレッシュアイペディアより)

  • GP西フランス・プルエー2011

    GP西フランス・プルエー2011から見た別府史之別府史之

    GP西フランス・プルエー2011は、GP西フランス・プルエーの75回目のレース。2011年8月28日に行われ、グレガ・ボレが残り2km地点から仕掛け、大集団のスプリント争いを制した。また、別府史之が8位に入り、UCIワールドツアーポイント10を獲得した。GP西フランス・プルエー2011 フレッシュアイペディアより)

  • パリ〜ルーベ2010

    パリ〜ルーベ2010から見た別府史之別府史之

    日本人選手唯一の出場となった別府史之(チーム・レディオシャック)はゴール地点に辿り着いたが、制限時間オーバーにより完走は認められなかった。パリ〜ルーベ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤崇史

    宮澤崇史から見た別府史之別府史之

    2008年、奈良で開催されたアジア選手権・個人ロードレース3位。同年6月13日、別府史之と共に北京オリンピック男子ロードレース日本代表選手に選出された。結果は金メダルのサムエル・サンチェスから31分35秒遅れの86位で完走。同年のツール・ド・北海道では個人総合優勝。宮澤崇史 フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「別府史之」のニューストピックワード