57件中 11 - 20件表示
  • 別府史之

    別府史之から見たFacebook

    UCIワールドツアーのティレーノ〜アドリアティコに初出場。同大会期間中に東日本大震災が発生。第4ステージスタート前、参加選手全員の前に立ち黙禱している。個人的にはTwibbonを使い「ひとりじゃない」というメッセージをTwitter、Facebookで選手、関係者、ファンの多くの人と共有し、震災で被害を受けた人々に思いを伝えている。別府は「ひとりじゃない」とメッセージが書かれているリストバンドも発売した。その売上金全額を被災地に寄付した。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見た東日本大震災

    UCIワールドツアーのティレーノ〜アドリアティコに初出場。同大会期間中に東日本大震災が発生。第4ステージスタート前、参加選手全員の前に立ち黙禱している。個人的にはTwibbonを使い「ひとりじゃない」というメッセージをTwitter、Facebookで選手、関係者、ファンの多くの人と共有し、震災で被害を受けた人々に思いを伝えている。別府は「ひとりじゃない」とメッセージが書かれているリストバンドも発売した。その売上金全額を被災地に寄付した。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見た2009年

    2009年11月24日、ランス・アームストロングを中心に結成し、2010年からUCIプロツアーに参入する新規チーム「チーム・レディオシャック」に移籍することが同チームのプレスリリースにより発表された。ところが先に発表されたスキル・シマノのラインナップに既に別府の名前が存在しており、別府とスキル・シマノは契約の有効性をめぐって対立。2010年シーズンがスタートしてからも別府はスキル・シマノ、レディオシャックいずれのキャンプにも参加できない状況が続いていた。この間、別府とスキル・シマノの弁護士の間で話し合いが続けられていたが、2月3日にスキル・シマノとの契約が解消され、翌2月4日にレディオシャックと正式契約に至った1。これにより、別府は2010年において日本人唯一のプロツアーチーム契約選手となった。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たクラシック (ロードレース)

    日本人初のツール・ド・フランス完走者の一人(同年、新城幸也も完走。ただし、総合順位は別府史之のほうが上)。また日本人初で唯一の全モニュメント完走者である。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たパリ〜ルーベ2011

    その後、北のクラシック3連戦(ヘント?ウェヴェルヘム、ロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーベ)全てで出場完走を果たす。ロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーベでは日本人初の完走となり、モニュメントのすべてで完走を果たしたことになった。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たロンド・ファン・フラーンデレン2011

    その後、北のクラシック3連戦(ヘント?ウェヴェルヘム、ロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーベ)全てで出場完走を果たす。ロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーベでは日本人初の完走となり、モニュメントのすべてで完走を果たしたことになった。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たミラノ〜サンレモ2010

    2月6日のチームのトレーニングキャンプからチームに合流。ミラノ〜サンレモに、ランス・アームストロングのリザーブとして出場。この出場によってモニュメント(=5大クラシックレース)の全てに出場したことになる。結果は10分遅れの113位。ヘント?ウェヴェルヘムには3年連続4度目の出場となったが、序盤でクラッシュに巻き込まれ途中リタイア。パリ〜ルーベでは、落車などの多くのトラブルに遭いながらも、ルーベの競技場までたどり着くがタイムアウトで順位は付かなかった。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見た世界選手権自転車競技大会ロードレース2006

    2006年の世界選手権では見せ場を作ることはできなかったが124位で完走を果たした(野寺秀徳・福島晋一は共にリタイア)ほか、チューリッヒ選手権で序盤に逃げを決め、2007年のツール・ド・ロマンディでは第3ステージで2位となり日本人として初めてUCIプロツアーのポイントを獲得した。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見た第28回アジア自転車競技選手権大会

    2008年、奈良で開催されたアジア選手権・個人ロードレースで優勝。同年6月13日、北京オリンピックロードレース日本代表選手に選出された。別府史之 フレッシュアイペディアより)

  • 別府史之

    別府史之から見たツール・ド・ロマンディ2007

    2006年の世界選手権では見せ場を作ることはできなかったが124位で完走を果たした(野寺秀徳・福島晋一は共にリタイア)ほか、チューリッヒ選手権で序盤に逃げを決め、2007年のツール・ド・ロマンディでは第3ステージで2位となり日本人として初めてUCIプロツアーのポイントを獲得した。別府史之 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「別府史之」のニューストピックワード

  • 強い選手がそろっているのでベストを尽くしたい

  • 第25回記念2016ジャパンカップサイクルロードレース

  • 新清水ジャンクション間