前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示
  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た前原誠司前原誠司

    24日、国際連合総会開催中で菅直人内閣総理大臣および前原誠司外務大臣不在の中、那覇地方検察庁鈴木亨・次席検事が船長の行為に計画性が認められないとし、また日中関係を考慮したとして、中国人船長を処分保留で釈放すると突如発表。本決定を仙谷由人内閣官房長官は容認。25日未明、中国側が用意したチャーター機で、中国人船長は石垣空港から中国へと送還された。()尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-2016)

    民主党 (日本 1998-2016)から見た前原誠司前原誠司

    1993年、宮澤内閣でも法案が否決されるに至って党内の対立は決定的となり、小沢・羽田孜・岡田克也ら改革推進派は内閣不信任案に賛成票を投じて自民党を離党し、新生党を結成した。首相の宮澤喜一は衆議院を解散して第40回衆議院議員総選挙に踏み切るも、自民党は議席数では第一党(223議席)となったが、過半数割れとなり政権から転落。この選挙では枝野幸男・前原誠司・野田佳彦・小沢鋭仁ら、後に民主党の主要メンバーとなる議員が政治改革を訴えて日本新党から多数初当選した。民主党 (日本 1998-2016) フレッシュアイペディアより)

  • 民進党

    民進党から見た前原誠司前原誠司

    2017年9月28日、第48回衆議院議員総選挙直前に希望の党に合流するという前原誠司党代表の案が党常任幹事会で承認され、両院議員総会においても全会一致で採択された。同党より合流を拒否されたリベラル系議員などは、10月3日に枝野幸男が結成した立憲民主党へ入党したり、民進党籍を持ったまま無所属で出馬するなどした。これにより、民進党は事実上の「解党」となったとも報じられたが、10月27日の両院議員総会で合流方針を撤回し、国政政党として存続している。民進党 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た前原誠司前原誠司

    2009年10月9日、前原誠司国土交通大臣は、建設中の国土交通省直轄ダム(水資源機構が事業主体となっているダムを含む)56事業のうち、改修事業を除く48事業について「2009年度は(ダム事業を“調査・設計”→“用地買収”→“生活再建工事”→“転流工工事”→“本体工事”という段階に区切った場合における)新たな段階に入らない」ことを表明、ダム建設事業を全面的に見直す立場を示した。今後、事業を継続すべきか否かの妥当性について再検証が行われることとなり、12月に具体的な「凍結」ダム事業が発表された。対象となった直轄ダムはサンル・新桂沢・三笠ぽんべつ・平取・田川・成瀬・鳥海・八ッ場・万座・利賀・設楽・新丸山・足羽川・大戸川・横瀬川・山鳥坂・大分川・城原川・本明川・立野・七滝・川辺川・奥間の23ダム事業である(導水事業などを除く)。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た前原誠司前原誠司

    民進党代表選挙告示。前原誠司元外務大臣、枝野幸男元内閣官房長官の2人が立候補を届け出る。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た前原誠司前原誠司

    2009年10月30日、JAL再生タスクフォースの解散後に設置された日本航空再建対策本部(本部長・前原誠司)の事務局長に就任した。大鹿靖明によれば、辻元は「JALの破綻はこれまで日本が経験したことのない国際大型倒産である」という認識から政府内やメガバンクとの調整にまわり、メガバンクとの会談では「いま、ここにいる人が大喧嘩したら日本の経済に大打撃を与えます。みなさんが鍵を握っているのです。100%納得するのはありえないでしょうから、歩み寄ってほしいのです」と説得した。しかし、11月6日に日航再建対策本部が日本政策投資銀行など日航の主力取引銀行幹部に1000億円規模の「つなぎ融資」を要請した際、銀行側は辻元からの要請を留保するだけではなく、反対に日航への融資に対する保証を政府が確保することを要請し、辻元は「政府保証などで、われわれも頑張るので、協力をお願いしたい」と述べて譲歩する姿勢を示した。最終的に日航は2010年1月19日に会社更生法の適用を申請した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た前原誠司前原誠司

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で旧静岡7区から出馬。自由民主党の木部佳昭、保守系無所属の栗原裕康(のち沼津市長)らを破り、初当選した。2002年に選挙区の区割変更が実施され、2003年の第43回衆議院議員総選挙では静岡5区で自民党の斉藤斗志二を破り、当選。以後、静岡5区で連続4選。2005年、京大法学部の先輩である前原誠司民主党代表の下で、党役員室長に就任した。偽メール問題により前原が辞任した後、後任の小沢一郎の下でも党役員室長に留任。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 松下政経塾

    松下政経塾から見た前原誠司前原誠司

    その後、卒塾生らによる新党構想の一環として「志士の会」が結成されるなどしたものの結局頓挫し、卒塾生の大半は新進党から民友連を経るコースで民主党に合流していった。さきがけなどを経て旧民主党の結成に加わったのは前原誠司・玄葉光一郎など少数に留まっている。高市早苗や伊藤達也など、非自民政権構想に見切りをつけて自民党に移籍する議員も見られた。松下政経塾 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た前原誠司前原誠司

    民進党代表選挙告示。元外務大臣前原誠司と元内閣官房長官枝野幸男の2人が立候補を届け出る。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た前原誠司前原誠司

    2010年9月に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の際は、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示

「前原誠司」のニューストピックワード