前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
232件中 1 - 10件表示
  • 民主党 (日本 1998-)

    民主党 (日本 1998-)から見た前原誠司前原誠司

    1993年、宮澤内閣でも法案が否決されるに至って党内の対立は決定的となり、小沢一郎、羽田孜、岡田克也ら改革推進派は内閣不信任案に賛成票を投じて自民党を離党する。宮澤喜一首相は衆議院の解散を選択して第40回衆議院議員総選挙に踏み切るも、自民党は政権から転落。この選挙では枝野幸男、前原誠司、野田佳彦、小沢鋭仁ら、後に民主党の主要メンバーとなる議員が政治改革を訴えて日本新党から多数初当選を果たしている。民主党 (日本 1998-) フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た前原誠司前原誠司

    24日、国際連合総会開催中で菅直人内閣総理大臣および前原誠司外務大臣不在の中、那覇地方検察庁鈴木亨・次席検事が船長の行為に計画性が認められないとし、また日中関係を考慮したとして、中国人船長を処分保留で釈放すると突如発表。本決定を仙谷由人官房長官は容認。25日未明、中国側が用意したチャーター機で、中国人船長は石垣空港から中国へと送還された。()尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本剛明

    松本剛明から見た前原誠司前原誠司

    2003年、第43回衆議院議員総選挙で再び戸井田を破り、再選。同年、菅直人民主党代表が「組閣」した民主党次の内閣(NC)において、NC防衛庁長官に就任。翌2004年、新代表の岡田克也による次の内閣では、前原誠司NC防衛庁長官の下、NC防衛庁副長官を務める。民主党内では外交・安全保障の政策通で知られた。松本剛明 フレッシュアイペディアより)

  • 松下政経塾

    松下政経塾から見た前原誠司前原誠司

    その後、卒塾生らによる新党構想の一環として「志士の会」が結成されるなどしたものの結局頓挫し、卒塾生の大半は新進党から民友連を経るコースで民主党に合流していった。さきがけなどを経て旧民主党の結成に加わったのは前原誠司・玄葉光一郎など少数に留まっている。また高市早苗や伊藤達也など、非自民政権構想に見切りをつけて自民党に移籍する議員も見られた。松下政経塾 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た前原誠司前原誠司

    2009年10月9日、前原誠司国土交通大臣は、建設中の国土交通省直轄ダム(水資源機構が事業主体となっているダムを含む)56事業のうち、改修事業を除く48事業について「2009年度は(ダム事業を“調査・設計”→“用地買収”→“生活再建工事”→“転流工工事”→“本体工事”という段階に区切った場合における)新たな段階に入らない」ことを表明、ダム建設事業を全面的に見直す立場を示した。今後、事業を継続すべきか否かの妥当性について再検証が行われることとなり、12月に具体的な「凍結」ダム事業が発表された。対象となった直轄ダムはサンル・新桂沢・三笠ぽんべつ・平取・田川・成瀬・鳥海・八ッ場・万座・利賀・設楽・新丸山・足羽川・大戸川・横瀬川・山鳥坂・大分川・城原川・本明川・立野・七滝・川辺川・奥間の23ダム事業である(導水事業などを除く)。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た前原誠司前原誠司

    2009年12月15日、前原誠司国土交通大臣は、「元首相、自民党の方から要請が首相官邸に届いたということで、我々がルールを曲げたということではないと聞いている」と述べた(発言についての調査は自由民主党の対応を参照)。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た前原誠司前原誠司

    2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では小泉フィーバーで民主党が苦戦の中、自身は牧原秀樹に完勝し、5度目の当選を果たす。岡田の後任を争う代表選では盟友の前原誠司を支援した。同年、政権戦略・報道担当の幹事長代理に就任。2006年に小沢一郎が代表に就任して以降しばらくは党役職から離れることとなる。2008年9月の党代表選で前原誠司、岡田克也らの不出馬を受け、無投票での小沢再選を回避するため自らの立候補を模索するが、推薦人を確保できず断念した。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 馬淵澄夫

    馬淵澄夫から見た前原誠司前原誠司

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に復党し同党公認で出馬した森岡正宏に比例復活すら許さず、3選。同年9月に発足した鳩山由紀夫内閣において、前原誠司国土交通大臣の下国土交通副大臣に任命された。2010年6月発足の菅内閣においても、国土交通副大臣に再任。馬淵澄夫 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部恒三

    渡部恒三から見た前原誠司前原誠司

    2006年2月、堀江メール問題で前原誠司民主党代表の側近である野田佳彦国会対策委員長が辞任すると、鳩山由紀夫幹事長の要請を受けて後任の国対委員長に就任した。菅直人や山岡賢次ら国対に精通したベテランが相次いで就任を固辞したための苦肉の策であった。渡部恒三 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た前原誠司前原誠司

    2005年(平成17年)に、京都大学法学部の先輩である前原誠司の民主党代表就任にともない党役員室長に就任する。偽メール問題により辞任した前原の後任の小沢一郎代表の下でも、引き続き役員室長を務める。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
232件中 1 - 10件表示

「前原誠司」のニューストピックワード