339件中 11 - 20件表示
  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た前原誠司前原誠司

    2009年12月15日、前原誠司国土交通大臣は、「元首相、自民党の方から要請が首相官邸に届いたということで、我々がルールを曲げたということではないと聞いている」と述べた(発言についての調査は自由民主党の対応を参照)。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 新党さきがけ

    新党さきがけから見た前原誠司前原誠司

    なお、この離脱過程で、多くの旧所属議員は旧民主党に参加した。結党時の民主党は旧社会党出身者が大半だったが、その多くがベテラン議員だったこともあり、中堅・若手の多いさきがけ出身者が中枢を担った。旧民主党が他会派を吸収する形で1998年に結党された新民主党においてもその傾向は続いた。したがって、新党さきがけは実質的に後の民主党の母体と見ることもできる。これらさきがけ出身者(鳩山由紀夫、菅直人、前原誠司、玄葉光一郎、枝野幸男、荒井聰、小沢鋭仁など)は2009年に誕生した民主党政権においても中心的な人材として政権を担い、2人の内閣総理大臣(鳩山、菅)を輩出した。新党さきがけ フレッシュアイペディアより)

  • 渡部恒三

    渡部恒三から見た前原誠司前原誠司

    2006年2月、堀江メール問題で前原誠司民主党代表の側近である野田佳彦国会対策委員長が辞任すると、鳩山由紀夫幹事長の要請を受けて後任の国対委員長に就任した。菅直人や山岡賢次ら国対に精通したベテランが相次いで就任を固辞したための苦肉の策であった。衆院副議長を経験した党内最長老の国対委員長就任は異例のことであり、与党・自民党からも驚きの声が聞かれた(過去には園田直が衆院副議長経験後に自民党国対委員長に就任した例があった)。渡部の国対委員長就任について、当時の小泉内閣の一員である麻生太郎外務大臣は、平均年齢の若い前原執行部を引き合いに出して「貫禄が違う」と渡部を持ち上げた。渡部恒三 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た前原誠司前原誠司

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では小選挙区で敗れるも重複立候補していた比例東京ブロックで復活当選となり、再選される。選挙後の代表選挙では前原誠司の推薦人に名を連ねた。新代表となった前原の下で「次の内閣」のネクスト防衛庁長官に抜擢されるとともに、安全保障委員会の野党側筆頭理事に就任、党内の安全保障政策の取りまとめにあたる。また、2003年より慶應義塾大学大学院法学研究科で非常勤講師(国家安全保障政策担当)、2006年より中央大学大学院公共政策研究科で客員教授を務める。その後、前原に代わり代表に就任した小沢一郎の「次の内閣」でもネクスト防衛庁長官に留任した。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年9月民進党代表選挙

    2017年9月民進党代表選挙から見た前原誠司前原誠司

    2017年9月民進党代表選挙(2017ねん9がつみんしんとうだいひょうせんきょ)は、2017年7月27日に辞任を表明した蓮舫代表の後任を選出するため、2017年9月1日に臨時党大会において実施された民進党の党代表選挙である。前原誠司が選出された。2017年9月民進党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺周

    渡辺周から見た前原誠司前原誠司

    2011年民主党代表選挙では、前原誠司の推薦人に名を連ねるが、民主党代表には野田佳彦が選出された。同年9月、野田内閣で防衛副大臣に就任。2012年1月の野田第1次改造内閣発足に際しては、前年に参議院で問責決議が可決された防衛大臣の一川保夫の後任に名前が挙がったが、後任には田中直紀が任命され、渡辺は防衛副大臣に留任した。2012年6月に発足した野田第2次改造内閣でも、初の民間人閣僚たる防衛大臣・森本敏の下、防衛副大臣に留任した。2012年10月、野田第3次改造内閣の発足に伴い、防衛副大臣を退任した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙後、衆議院議院運営委員会の野党側筆頭理事に就任。渡辺周 フレッシュアイペディアより)

  • 政権戦略研究会

    政権戦略研究会から見た前原誠司前原誠司

    2002年9月の代表選を契機に若手の多くが凌雲会(前原グループ)や花斉会(野田グループ)へと移ったため、以後は羽田ら旧民政党出身のベテランが中心となった。政権交代を実現する会(鳩山グループ)とともに旧新進党出身の保守系議員の受け皿となってきたが、鳩山グループに移る議員も多かった。保守新党結成の例にみられるように離党者も多く出した。政権戦略研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 安住淳

    安住淳から見た前原誠司前原誠司

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では自民党が大勝する中で、宮城県で唯一民主党の議席を死守した(次の第45回衆議院議員総選挙では逆に、6区の小野寺五典を除き宮城県内の小選挙区では民主党候補が当選)。この総選挙での民主党大敗により岡田克也代表は辞任し、安住は後任の前原誠司代表の下で選挙対策委員長に就任する。2008年大阪府知事選挙ではガソリン値下げ隊36名を率いて熊谷貞俊候補を支援するが、熊谷は橋下徹に敗北した。安住淳 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た前原誠司前原誠司

    1992年(平成4年)に松下政経塾の評議員の1人だった元熊本県知事の細川護煕の下で、小池百合子・前原誠司・山田宏・樽床伸二・中田宏らとともに、日本新党の結党に参加。翌1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙に旧千葉1区から出馬して、選挙区内で一番多くの票を得て初当選した。この総選挙では日本新党ほか新生党、新党さきがけが党勢を拡大して自由民主党を過半数割れに追い込み、8党派による連立政権が誕生するが、細川内閣・羽田内閣はともに短命に終わり、非自民・非共産連立政権は10ヶ月で幕を下ろした。直後に野党による新党(新進党)結成の機運が高まり、野田も1994年12月の結党に参加した。衆院議員になった1993年(平成5年)夏、地元の千葉県に松下政経塾の地域政経塾である千葉政経塾を地元の有志たちと共に設立している。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た前原誠司前原誠司

    2010年9月に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の際は、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

339件中 11 - 20件表示

「前原誠司」のニューストピックワード