232件中 11 - 20件表示
  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た前原誠司前原誠司

    2010年9月に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の際は、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋戦略的経済連携協定

    環太平洋戦略的経済連携協定から見た前原誠司前原誠司

    党から輩出する首相及び閣僚と党執行部を中心とした党内主流派はTPP加盟を推進していた。推進派はTPP加盟を目指すという点では一致しているが、日本がTPP交渉に参加した場合の「途中離脱」については見解の相違が見られる。例として野田内閣の藤村修官房長官や前原誠司政調会長、藤末健三参議院総務委員会委員長は、途中離脱の可能性を言及している(特に藤末は内部文書において「「交渉参加すべきでない」との結論に至れば、参加を取り消せば良い。(取り消しは民主)党が提言し、政府は「重く受け止める」とすべきだ」と手続きまで言及)が、玄葉光一郎外相は途中離脱は困難であるという立場をとる。環太平洋戦略的経済連携協定 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た前原誠司前原誠司

    民主党野田佳彦総理大臣政権下において提出された社会保障・税一体改革関連法案に含まれていた法案。野田佳彦総理大臣がしきりに唱えていたスローガンの「税と社会保障の一体改革」の名前が示すように、当初社会保障の充実の大義名分の下消費税増税を正当化していた。しかし結局は与党民主党、自民党、公明党との三党談合により、社会保障は骨抜きになり結果消費税増税部分だけが浮き彫りになった形である。当初民主党が謳っていた社会保障には、最低保障年金創設や後期高齢者医療制度廃止があったが、これらは自民党の強い要求により削除された。また、本法案採決に至るまでの政権与党内の民意反映のためのプロセスにおける、与党内会議において「私に一任」と言い放ち強制終了させる前原誠司政調会長の行動に代表的に見られる独裁的姿勢が日本の議会制民主主義のあり方にも大きな問題を投げかけている。同様に、民主・自民・公明との事前談合そのものが国会軽視を顕著に現した形となり、この三党合意の効力が次期選挙後も「生き続ける」という表明は、憲法を尊重する意思すら微塵も感じさせない強行ぶりを如実に示しており、国民の憤懣や不安を惹起した。2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た前原誠司前原誠司

    民主党野田佳彦総理大臣政権下において提出された社会保障・税一体改革関連法案に含まれていた法案。野田佳彦総理大臣がしきりに唱えていたスローガンの「税と社会保障の一体改革」の名前が示すように、当初社会保障の充実の大義名分の下消費税増税を正当化していた。しかし結局は、与党民主党、自民党、公明党との三党談合により、社会保障は骨抜きになり結果消費税増税部分だけが浮き彫りになった形である。当初民主党が謳っていた社会保障には、最低保障年金創設や後期高齢者医療制度廃止があったが、これらは自民党の強い要求により削除された。また、本法案採決に至るまでの政権与党内の民意反映のためのプロセスにおける、与党内会議において「私に一任」と言い放ち強制終了させる前原誠司政調会長の行動に代表的に見られる独裁的姿勢が日本の議会制民主主義のあり方にも大きな問題を投げかけている。関連事項として、2012年3月30日に、亀井静香代表率いる反対派の立場をとった国民新党は、党員の下地幹郎議員による党内ガバナンスを経ない党クーデターによる乗っ取りで、自見庄三郎郵政改革担当相(当時)が法案に署名したことが挙げられる。そして、民主・自民・公明との事前談合そのものが国会軽視を顕著に現した形となり、この三党合意の効力が次期選挙後も「生き続ける」という表明は、憲法を尊重する意思すら微塵も感じさせない強行ぶりを如実に示しており、国民の憤懣や不安を惹起した。消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た前原誠司前原誠司

    前原誠司外相はヒラリー・クリントン米国務長官、金星煥韓国外相とすでに電話会談。在韓邦人の保護について検討するとした。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 高木義明

    高木義明から見た前原誠司前原誠司

    2005年、前原誠司執行部で党副代表に就任。2006年9月、偽メール問題で辞任した前原の後任の民主党代表に就任した小沢一郎の下、渡部恒三の後任の国会対策委員長に就任した。高木義明 フレッシュアイペディアより)

  • 松井孝治

    松井孝治から見た前原誠司前原誠司

    2005年、第44回衆議院議員総選挙で民主党は大敗。岡田克也代表の辞任に伴う民主党代表選挙では、親しい関係にあった同じ京都府選出の前原誠司衆議院議員を支持。前原は菅直人をわずか2票の僅差で破り、代表に就任する。前原執行部では総合政策企画会議の事務局長を務め、政権構想の作成を担当するも、堀江メール問題により前原は約半年で民主党代表を辞任に追い込まれた。同年、政策シンクタンク「公共政策プラットフォーム(プラトン)」の立ち上げに尽力。その後もプラトンのセミナーでモデレーターを務める等、活動に積極的に関与している。松井孝治 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た前原誠司前原誠司

    この人事案に対し、鳩山は「(財務省から日銀への)天下りとは考えない」と明言した。武藤や田波の総裁就任に強く反対した民主党同意人事検討小委員長の仙谷由人も、渡辺の副総裁就任について「財務省出身だから即不同意という機械的な話はあり得ない」として同意を示唆した。民主党副代表の前原誠司も「渡辺さんは立派な方。私はいいと思う」と発言しており、民主党では「容認論が大勢となりつつあった」とされる。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺周

    渡辺周から見た前原誠司前原誠司

    2011年民主党代表選挙では、前原誠司の推薦人に名を連ねるが、民主党代表には野田佳彦が選出された。同年9月、野田内閣で防衛副大臣に就任。2012年1月の野田第1次改造内閣発足に際しては、前年に参議院で問責決議が可決された防衛大臣の一川保夫の後任に名前が挙がったが、実際の後任には田中直紀が任命され、渡辺は防衛副大臣に留任した。2012年6月に発足した野田第2次改造内閣でも、民間から防衛大臣として入閣した森本敏の下、防衛副大臣に留任した。2012年10月、野田第3次改造内閣の発足に伴い、防衛副大臣を退任した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では民主党公認、国民新党推薦で出馬。与党に猛烈な逆風が吹き荒れたこの選挙では、静岡6区で自民党新人の勝俣孝明の猛追を受けるが、2,117票差で勝俣を下し、6選。選挙後、衆議院議院運営委員会理事に就任。渡辺周 フレッシュアイペディアより)

  • 玄葉光一郎

    玄葉光一郎から見た前原誠司前原誠司

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では、福島3区で自民党の蓮実進に圧勝した。同年9月の民主党代表選挙では、松下政経塾の同期だった前原誠司を支持した。代表に選出された前原のもとで幹事長代理に就任し、前回の総選挙の反省を踏まえ、党の広報戦略を見直すためのメディア戦略室を設置する等、党の機構改革を推進した。前原が偽メール問題で辞任後、後任の小沢一郎代表から幹事長代理の再任の要請を受けたが、固辞した。玄葉光一郎 フレッシュアイペディアより)

232件中 11 - 20件表示

「前原誠司」のニューストピックワード