232件中 21 - 30件表示
  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た前原誠司前原誠司

    2011年3月4日、参議院予算委員会で前原誠司外務大臣が韓国籍の女性から献金を受けていたことが明らかになり、3月7日に前原は辞任した。辞任から3日後の3月9日に後任の外務大臣には外務副大臣の松本剛明が昇格した。なお、前原は内閣総理大臣臨時代理予定者第3順位だったが、前原辞任以降は後任の内閣総理大臣臨時代理予定者第3順位が指定されていないため、内閣総理大臣臨時代理予定者の指定が通常の5人ではなく4人の体制が9月まで続いた。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た前原誠司前原誠司

    この他、野田内閣で防衛大臣に起用された一川保夫は「あぜ道内閣」、コピーライターの岩永嘉弘は「どんぐりころころ内閣」、政治評論家の小林吉弥は「どじょう鍋内閣」、漫画家の弘兼憲史は「これでいいノダ内閣」、教育評論家の尾木直樹は「課題乗り越え内閣」、漫画家の倉田真由美は「花より団子内閣」、愛知県知事の大村秀章は「超地味内閣」、佐賀県知事の古川康は「実務堅実内閣」、民主党政調会長の前原誠司は「ドジョウ宰相公約実現内閣」、民主党最高顧問の渡部恒三は「民主党最後の内閣」、自由民主党副総裁の大島理森は「グループ均衡内向き内閣」、政治アナリストの伊藤惇夫は「掃除機内閣」、みんなの党代表の渡辺喜美は「増税一直線の論功行賞内閣」と、日本共産党書記局長の市田忠義は「財界直結内閣」、新党改革代表の舛添要一は「党内向けの気遣い内閣」と呼んだ。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 高坂正堯

    高坂正堯から見た前原誠司前原誠司

    京都大学での門下生には中西寛、坂元一哉、戸部良一、田所昌幸、佐古丞、岩間陽子、益田実、中西輝政などがおり、多くの研究者を育成した面でも名高い。また、衆議院議員で元民主党代表だった前原誠司も、高坂のゼミナリステンである。前原が高坂正堯ゼミ在籍時に、外交官になるか学者として大学に残ろうか迷っていた際、「外交官は京大出身では偉くなれないし、母子家庭なのでどうか」「学者は天才じゃないといかんが、それほど頭はよくない」「大学院に行くつもりで松下政経塾に行ってこい」とのアドバイスを行い、東京都議会議員であり、のちに日本新党へともに参画する松下政経塾生の山田宏を紹介して、政治家としての道を志すことを決意させた。高坂正堯 フレッシュアイペディアより)

  • 七奉行の会

    七奉行の会から見た前原誠司前原誠司

    世話役の渡部を初め、仙谷由人や前原誠司など民主党内でも小沢一郎に批判的とされる議員が多いため、メディアなどからは「反小沢連合」とされている。特に共通する政策を打ち出しているわけではないが、安全保障では日米同盟を重視する現実主義、経済面では新自由主義的な改革路線を標榜する者が多い。七奉行の会 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た前原誠司前原誠司

    イージス艦「あたご」の事故について、事故直後・捜査が入る前に航海長を省へヘリで呼び出し、大臣同席で事情調査をしたことについての民主党の前原誠司の質問「あなたは何をしているんですか?」に、「今はあなたの質問に答えています」と答弁をした。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た前原誠司前原誠司

    2009年10月30日、JAL再生タスクフォースの解散後に設置されたJAL再建対策本部(本部長・前原誠司)の事務局長に就任した。大鹿靖明によれば、辻元は「JALの破綻はこれまで日本が経験したことのない国際大型倒産である」という認識から政府内やメガバンクとの調整にまわり、メガバンクとの会談では「いま、ここにいる人が大喧嘩したら日本の経済に大打撃を与えます。みなさんが鍵を握っているのです。100%納得するのはありえないでしょうから、歩み寄ってほしいのです」と語りかけたという。同席した大塚耕平金融担当副大臣は辻元の交渉を「タフネゴシエーターだった」と評価している。しかし、日本政策投資銀行など日航の主力取引銀行は政府からの金融支援の要請には応じず、日航への融資に対する保証を政府が確保するように求めた。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見た前原誠司前原誠司

    1990年代以降は環境保護や公共事業に対する厳しい日本国民の視線もあり、ダム事業を始めとする河川開発も批判の対象となった。こうした中で第2次橋本内閣による大規模公共事業縮小や第1次小泉内閣の「骨太の方針」により利根川水系でも戸倉ダム計画(片品川)など多くのダム事業が中止された。そして2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で大勝した民主党はマニフェストに「八ッ場ダム中止」を盛り込み、発足した鳩山由紀夫内閣の国土交通大臣・前原誠司は八ッ場ダム中止だけでなく計画・建設中の国土交通省直轄ダム事業の凍結を発表した。しかしこの方針に下流受益地である東京都など一都五県の知事のみならずダム建設予定地である吾妻郡長野原町や川原湯温泉組合が猛反発し、民主党政権と対立する状況になっている。また高規格堤防(スーパー堤防)について2010年(平成22年)の事業仕分けで廃止が決定されたが、これに石原慎太郎東京都知事が「必要」と異論を唱えている。利根川 フレッシュアイペディアより)

  • 新党さきがけ

    新党さきがけから見た前原誠司前原誠司

    なお、この離脱過程で、多くの所属議員は旧民主党に参加した。結党時の民主党は旧社会党出身者が大半だったが、その多くがベテラン議員だったこともあり、中堅・若手の多いさきがけ出身者が中枢を担った。旧民主党が他会派を吸収する形で1998年に結党された民主党 (日本 1998-)においてもその傾向は続いた。したがって、新党さきがけは実質的に現在の民主党の母体と見ることも出来る。これらさきがけ出身者(鳩山由紀夫、菅直人、前原誠司、玄葉光一郎、枝野幸男、荒井聰、小沢鋭仁など)は2009年の政権交代後の民主党政権においても中心的な人材となっており、2人の総理大臣(鳩山、菅)を輩出した。新党さきがけ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た前原誠司前原誠司

    前原誠司国土交通大臣は、建設中止の意向を示している八ツ場ダム関連の22年度予算の概算要求をせず、高速道路の建設区間を決める国会議員や有識者による国土開発幹線自動車道建設会議についても廃止すると明言。同時に会社再建中の日本航空(JAL)の赤字の原因ともなっている空港整備特別会計の抜本見直しも明言。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 親米保守

    親米保守から見た前原誠司前原誠司

    また、政権交代し与党となった民主党の中にも党内右派の前原誠司(凌雲会)らを中心とする勢力がこれに該当する。2010年6月8日に菅直人を首班として発足した菅内閣では凌雲会が主流を成し、会長の仙谷由人を中心とする増税を基調とした財政再建路線を志向した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を推進していることも共通する政策合致点である。これは仙谷や前原に限った事例ではなく、主に松下政経塾出身者全般に見られる現象である。2011年9月2日に成立した野田内閣もこの方針を踏襲した。野田佳彦は増税路線を志向したが、これに対し、石原慎太郎は「大いに期待する」として歓迎する意向を示した。親米保守 フレッシュアイペディアより)

232件中 21 - 30件表示

「前原誠司」のニューストピックワード