232件中 31 - 40件表示
  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た前原誠司前原誠司

    2005年9月11日投開票の第44回衆議院議員総選挙7期目当選。しかしこの総選挙で民主党が敗北したことを受けての代表選挙では、小沢一郎、菅直人らと後継代表の一本化を図るが、中堅・若手の代表格である前原誠司が立候補を表明したため水泡に帰した。17日発足の前原執行部で幹事長に就任。2005年、同志社大学客員教授。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た前原誠司前原誠司

    2004年5月に党代表に岡田克也が選出された際に党政調会長に就任。同時に、民主党次の内閣の「ネクスト官房長官」に就任した。民主党では過去に社会党に所属していたにもかかわらず、親米右派の前原誠司のグループに所属している。これは仙谷の過去の思想傾向から見れば、正反対の極地への転向といえる。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • ウェークアップ!ぷらす

    ウェークアップ!ぷらすから見た前原誠司前原誠司

    2012年12月29日は7:00 - 9:25の枠で「年末拡大SP2012の№1&政権交代SP」と題して放送。スタジオゲストに自民党の石原伸晃、民主党の前原誠司、日本維新の会の東国原英夫、みんなの党の江田憲司、タレントの安田美沙子、日経エンタテイメント編集委員の品田英雄などの他、東京都知事の猪瀬直樹(いつも通り日本テレビのニューススタジオから中継)、「+POWER」のコーナーには金本知憲を迎えた。また東京スカイタワーの展望台から五十嵐が中継を担当。通常は本番組を放送しない山梨放送・福井放送・高知放送・テレビ大分でも7時台のみ放送した(4局の視聴者向けに本番組自体への説明並びにネット飛び降り時の降りコメントはなかった)。ウェークアップ!ぷらす フレッシュアイペディアより)

  • 2011年民主党代表選挙

    2011年民主党代表選挙から見た前原誠司前原誠司

    事前説明会には9人の議員が出席したが、最終的に、前原誠司前外務大臣、馬淵澄夫前国土交通大臣、海江田万里経済産業大臣、野田佳彦財務大臣、鹿野道彦農林水産大臣の5人が立候補した。5人の立候補は、民主党結党以来の代表選挙としては最多である。1回目の投票で有効投票数の過半数を獲得した人がいなかったため、上位2人(海江田万里・野田佳彦)による決選投票が行われ、野田佳彦が当選した。2011年民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 川辺川ダム

    川辺川ダムから見た前原誠司前原誠司

    そのような中、2009年に行われた第45回衆議院議員選挙において民主党はマニフェストに「八ッ場ダムと川辺川ダムの建設中止」を明記。選挙の結果、民主党が第一党となって政権交代となり鳩山由紀夫内閣が発足、国土交通大臣に就任した前原誠司は9月17日の記者会見で「(利水、発電、治水という)当初の3つの大きな目的のうち(利水、発電の)2つがなくなった。事業を見直すのが当たり前」と述べ、川辺川ダム建設事業の中止の意向を明言、鳩山由紀夫首相も同様の意見表明を行っており。その後の国交大臣に就任した馬淵澄夫も川辺川ダム中止方針を踏襲。一方で、生活再建に関する補償法や特措法の国会での成立は、前原前大臣の事業中止直後から度々延期が繰り返されてきた。現在、地元で進められているダム本体以外の生活再建事業は、多目的ダム法や水特措法、河川法の下に進められているが、ダム計画中止によって現在進捗中のインフラ整備等の典拠となる法がなくなるため、ハード・ソフト両面での事業進捗の遅延が懸念されている。ダム中止を前提とする法律が存在しない現在、五木村はダム中止を受け入れがたいという確固たる姿勢を貫いており、補償法案見送りに対しても「信頼をなくすもの」として早急な法整備と、道路整備など現行法で対応できる事業の先行実施を求めているほか、周辺自治体、熊本県、地元選出議員、ダム反対市民グループ等から政府に対しても、補償法や特別措置法等早急な法整備を求める要望が度々提出されている。川辺川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 台形CSGダム

    台形CSGダムから見た前原誠司前原誠司

    なお、滋賀県の北川第一ダム(麻生川)と北川第二ダム(北川)については鳩山由紀夫内閣の国土交通大臣であった前原誠司によるダム事業見直し政策に伴う国土交通省による事業検証の結果、2012年に事業が中止されている。計画中の4ダムに関しても全て事業の再検証が進行中であり、今後中止となるダムも増加する可能性がある。台形CSGダム フレッシュアイペディアより)

  • 吉田和男

    吉田和男から見た前原誠司前原誠司

    政治家では、野中広務(京都府知事選の推薦者)・伊吹文明(旧大蔵省出身)・前原誠司などと親交がある。吉田和男 フレッシュアイペディアより)

  • 佐柳島沖海保ヘリ墜落事故

    佐柳島沖海保ヘリ墜落事故から見た前原誠司前原誠司

    その直後デモンストレーションをしていたことが発覚、「隠蔽」しようとしていた、説明責任を果たしていない、などの批判がマスメディアから出される事になった。そのため9月3日に前原誠司国土交通大臣(当時)は、第六管区海上保安本部の本部長と次長を9月10日付で異動させる人事を発令し、事実上の更迭処分となった。佐柳島沖海保ヘリ墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の交通

    2010年の交通から見た前原誠司前原誠司

    (無料化社会実験) 前原誠司国土交通相(当時)が高速道路無料化の社会実験路線となる37路線50区間を発表し6月を目途に実施。2010年の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉ダム

    稲葉ダムから見た前原誠司前原誠司

    その後、2003年3月26日に本体工事が開始され、2010年2月24日には試験湛水が開始されている。洪水調節を主目的とするため、供用開始後の常時の貯水量は総貯水量の3割以下に抑えられるが、試験湛水では総貯水量まで貯水が行われる予定。なお、本事業におけるもう一つの中核事業である玉来川の玉来ダムについては、2009年(平成21年)に発足した民主党政権の前原誠司国土交通大臣(当時)によるダム事業再検証により、再検証の対象ダムとされた。しかし大分県は現在ダムの型式などを検討しており、建設を進める方針を採っている。稲葉ダム フレッシュアイペディアより)

232件中 31 - 40件表示

「前原誠司」のニューストピックワード