339件中 41 - 50件表示
  • 無所属の会 (2017-)

    無所属の会 (2017-)から見た前原誠司前原誠司

    2017年10月10日公示、22日投開票の第48回衆議院議員総選挙に際し民進党代表・前原誠司は、民進党からは公認候補者を一切擁立せず、東京都知事・小池百合子が代表を務める希望の党に事実上合流することを決断したが、一部の候補者が希望の党の公認を得られない事態となった。結果として民進党候補者は、前原の決定通り希望の党入りするグループ、新たに枝野幸男が結党した立憲民主党へ参加するグループ、両党いずれからも公認を受けず民進党籍を有したまま無所属で小選挙区単独立候補をする者の3陣営に分裂する状態に陥った。この際、無所属出馬となった民進党前職の約20名は、公示直前から民進党初代代表である岡田克也が中心となり、選挙の情報共有、相互支援のためのネットワークを組んでいた。無所属の会 (2017-) フレッシュアイペディアより)

  • 大島敦

    大島敦から見た前原誠司前原誠司

    同年9月、鳩山由紀夫内閣で内閣府副大臣に任命され、主に前原誠司沖縄及び北方対策担当大臣の下、沖縄県の米軍基地問題や北方領土問題を担当。同年12月、児童ポルノ排除対策ワーキングチーム議長・国家公務員制度改革推進本部事務局長に就任。2010年6月に発足した菅内閣でも再任。大島敦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た前原誠司前原誠司

    そして2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙で政権交代を実現した民主党の鳩山由紀夫内閣は、選挙時に公表したマニフェストで八ッ場ダム(吾妻川)と川辺川ダム(川辺川)の中止を明記。政権発足後前原誠司国土交通大臣は「新たな基準に沿った検証の対象とするダム事業を選定する考え方について」という大臣談話を発表、出来るだけダムに頼らない治水事業を推進するため直轄事業・国庫補助事業を問わず日本全国89の河川総合開発事業(90ダム)についてダム事業再検証を行った。ダム事業再検証により熊本県の七滝ダム(御船川)が中止となったのを始め、品木ダム再開発事業(湯川)などを柱とした吾妻川上流総合開発事業や新大洞ダム(大洞川)などを柱とする荒川上流ダム再編事業、戸草ダム(三峰川)といった国土交通省直轄ダムや、田中知事時代に中止が決定され後に復活した黒沢(黒沢川)・駒沢(駒沢川)の両ダム、嘉田知事が凍結を決定した北川第一・第二ダム事業など県営ダム事業の幾つかが中止された。その一方で野田内閣時代に事業継続が決定した八ッ場ダムなど、多くのダム事業は再検証の結果事業継続が決定している。なお川辺川ダムは事業検証の対象外として中止を前提にした地域振興計画が進められている。こうした再検証の動きに対し、ダム事業を全否定する水源開発問題全国連絡会(水源連)は「出来レース」と批判する一方で、ダムの早期完成を希望する地元住民や下流受益自治体の間からは「地元無視」という批判が起こっている。1990年代から強くなった「脱ダム」の流れであるが、後述する自然災害の猛威によって軌道修正が図られてゆく。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た前原誠司前原誠司

    この他、野田内閣で防衛大臣に起用された一川保夫は「あぜ道内閣」、コピーライターの岩永嘉弘は「どんぐりころころ内閣」、政治評論家の小林吉弥は「どじょう鍋内閣」、漫画家の弘兼憲史は「これでいいノダ内閣」、教育評論家の尾木直樹は「課題乗り越え内閣」、漫画家の倉田真由美は「花より団子内閣」、愛知県知事の大村秀章は「超地味内閣」、佐賀県知事の古川康は「実務堅実内閣」、民主党政調会長の前原誠司は「ドジョウ宰相公約実現内閣」、民主党最高顧問の渡部恒三は「民主党最後の内閣」、自由民主党副総裁の大島理森は「グループ均衡内向き内閣」、政治アナリストの伊藤惇夫は「掃除機内閣」、みんなの党代表の渡辺喜美は「増税一直線の論功行賞内閣」と、日本共産党書記局長の市田忠義は「財界直結内閣」、新党改革代表の舛添要一は「党内向けの気遣い内閣」と呼んだ。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 高坂正堯

    高坂正堯から見た前原誠司前原誠司

    京都大学での門下生には中西寛、坂元一哉、戸部良一、田所昌幸、佐古丞、岩間陽子、益田実、中西輝政などがおり、多くの研究者を育成した面でも名高い。また政治家(衆議院議員)となった前原誠司(民主党代表ほか)も、高坂正堯ゼミ出身であった。前原がゼミ在籍時に、外交官になるか学者として大学に残ろうか迷っていた際、「外交官は京大出身では偉くなれないし、母子家庭なのでどうか」「学者は天才じゃないといかんが、それほど頭はよくない」「大学院に行くつもりで松下政経塾に行ってこい」とのアドバイスを行い、ともに松下政経塾から日本新党へ参画する山田宏(のち東京都議会議員、参議院議員)を紹介し、政治家としての道を志すことを決意させた。また、他大学出身の研究者にも分け隔てなく接し、猪口邦子など師弟関係のない研究者からも信頼を寄せられていた。高坂正堯 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た前原誠司前原誠司

    2016年9月2日、民進党代表選挙に、前原誠司、玉木雄一郎と共に立候補(推薦人代表は田名部匡代)した。9月15日の選挙では1回目の投票において過半数を獲得、第2代代表に選出された。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 花斉会

    花斉会から見た前原誠司前原誠司

    メンバーは凌雲会(前原グループ)と同様に松下政経塾出身の議員が多く、民主党内では両グループを政経塾サークルと揶揄する声もあったほどである。特に、志士の会のメンバーは全員が松下政経塾出身であったこともあり、前原グループのメンバーからさえ独特の閉鎖性を指摘されるほどであった。このことが逆に花斉会への拡大の契機となったと見受けられる。このように、派閥としての纏まりが緩い民主党の中では異質ともいえる結束力の強さが特徴である。花斉会 フレッシュアイペディアより)

  • 玉木雄一郎

    玉木雄一郎から見た前原誠司前原誠司

    2010年、民主党香川県連代表に就任。同年10月、民主党政策調査会長に就任した前原誠司の下で政調会長補佐に起用される。玉木雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 創新会

    創新会から見た前原誠司前原誠司

    結成に際しては、自由党代表の小沢一郎に近い議員(小沢グループ出身者など)を中心に、元民主党議員(いわゆる「出戻り組」)など、計13人が参加した。また、会長の松野が自由党や社民党との「野党再々編」を持論とすることや、選挙基盤の弱いメンバーが多いことから、野党共闘推進派との見方が報じられている。なお、会長の松野は旧維新の党グループ時代に同じく非主流派であった凌雲会と自誓会をいわば「兄弟派閥」として連携を模索し、2016年9月の代表選で前原誠司を支持したことを通じて凌雲会とは親密な関係を築いた一方、蓮舫の支援に回った自誓会とは関係に隔たりができたと報じられている。創新会 フレッシュアイペディアより)

  • 菊田真紀子

    菊田真紀子から見た前原誠司前原誠司

    2009年5月の民主党代表選挙では、岡田克也の推薦人に名を連ねるが、岡田は鳩山由紀夫に敗れた。同年の第45回衆議院議員総選挙でも、新潟4区で当選。2010年、鳩山由紀夫首相の辞任に伴う2010年6月の民主党代表選挙で菅直人を支持し、同年9月の民主党代表選挙でも菅の推薦人に名を連ねた。同年、菅第1次改造内閣で外務大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。菅の辞任に伴う2011年の民主党代表選挙では前原誠司の推薦人に名を連ねたが、前原は野田佳彦に敗れた。菊田真紀子 フレッシュアイペディアより)

339件中 41 - 50件表示

「前原誠司」のニューストピックワード