232件中 51 - 60件表示
  • 八ッ場ダム

    八ッ場ダムから見た前原誠司前原誠司

    2009年8月30日に投開票が行われた第45回衆議院議員総選挙では、マニフェストで「川辺川ダム、八ツ場ダムは中止。時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す。」と掲げた民主党が308議席を得て衆議院第一党となったことを受け、国土交通省の谷口博昭事務次官は、9月3日午前に入札を延期するよう発注者である関東地方整備局長に対して指示、ダム本体工事の入札は新政権の大臣の判断・指示を待つ意向を明らかにした。9月16日、鳩山由紀夫内閣が正式に発足、国土交通大臣に就任した前原誠司は認証式後の就任会見において八ッ場ダムの事業中止を明言し、鳩山由紀夫首相も翌17日の記者会見でこれを支持した。八ッ場ダム フレッシュアイペディアより)

  • 品木ダム

    品木ダムから見た前原誠司前原誠司

    平成21年10月9日、前原誠司国土交通大臣が、国及び水資源機構が実施しているダム事業のうち、48事業の一時凍結を発表。品木ダム フレッシュアイペディアより)

  • 長井ダム

    長井ダムから見た前原誠司前原誠司

    ダムサイトは冬季には年平均で2メートル以上の積雪がある豪雪地帯に属するため、冬季の間はコンクリート打設を中止せざるを得ず、春から秋に掛けて工事を実施した。2008年(平成20年)にコンクリート打設は終了し、ダムの建設中に川の流れを別な方向へう回させる仮排水路の撤去工事や植生などの周辺整備を進めた。2010年(平成22年)に試験的に貯水を実施する試験湛水が完了。その後試験的に放流を実施、ダム本体や付近の山腹への影響(地すべりなど)が無いことを確認し、2011年(平成23年)3月に完成・運用が開始された。この間2009年、与党となった民主党・前原誠司国土交通相は国直轄48ダムの一時凍結を表明し、その中に長井ダムが含まれていた。翌年の2010年度の完成予定で9割が出来上がっているにもかかわらず、「なぜ今凍結なのか」との関係者の抗議の声が上がり、吉村美栄子知事は「地方の意見を聞くことなく方針を表明したことは遺憾」と反対していた。ほぼ完成しているにもかかわらず凍結対象となったダムとしては長井ダムのほか森吉山ダム(小又川)、尾原ダム(斐伊川)、志津見ダム(神戸川)などがあるが、日本各地のダム所在自治体首長より猛反発が起こり、結局同年12月に本体工事に入っているダムは凍結対象から外され、長井ダムは事業停滞の恐れが無くなった。長井ダム フレッシュアイペディアより)

  • 尾原ダム

    尾原ダムから見た前原誠司前原誠司

    2011年にダムは完成する予定であるが、予備調査着手から完成まで35年を費やす日本の長期化ダム事業の一つである。しかし現在は「地域に開かれたダム」として国と島根県、および雲南市が一体となった周辺整備計画が進められており(後述)、将来的には奥出雲地方のレジャーに活用する方向である。ところが2009年(平成21年)に誕生した民主党の鳩山由紀夫内閣の国土交通大臣・前原誠司は計画・建設中のダム事業全てを凍結する方針を打ち出し、本体工事が終盤を迎えつつあった尾原・志津見両ダムも凍結対象とした。これには地元島根県や雲南市当局、移転住民も当惑したが、日本各地の対象ダム所在自治体首長からの強い反発もあり、12月には本体工事が進行しているダム事業は凍結対象から外され尾原ダムは建設が続行された。尾原ダム フレッシュアイペディアより)

  • 大野ダム (京都府)

    大野ダム (京都府)から見た前原誠司前原誠司

    最大の目的である洪水調節は先述の通り1953年の台風13号による洪水を計画高水流量とし、ダム地点における計画高水流量毎秒2,000立方メートルから毎秒1,000立方メートルを調節し、下流には毎秒1,400立方メートルへと流量を抑制する。これに堤防などの河道改修を組み合わせて治水基準点の福知山市における計画高水流量毎秒6,500立方メートルを毎秒5,600立方メートルに抑制する。ダム地点より調節後の流量が少ないのは、ダム下流の支流より注ぐ流量分を加味しているためである。由良川水系において治水目的を有する既設ダムは大野ダムが唯一であり、畑川ダム(畑川)は建設中、西紀ダム(滝の尻川)は鳩山由紀夫内閣時代の国土交通大臣・前原誠司によるダム事業見直し対象となり、2012年(平成24年)事業再開が決定したばかりで未着工となっている。大野ダム下流で由良川に合流する高屋川、上林川、土師川など主要支流にはダムが建設されていない。大野ダム (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 日韓秘密情報保護協定

    日韓秘密情報保護協定から見た前原誠司前原誠司

    2012年7月16日、金星煥外交通商相はソウルを訪問した前原誠司民主党政調会長に対してアメリカニュージャージー州に設置された日本軍慰安婦記念碑の撤去運動を日本側が行ったことなどが署名の延期の原因だと主張した。日韓秘密情報保護協定 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法の改正手続に関する法律

    日本国憲法の改正手続に関する法律から見た前原誠司前原誠司

    4月13日、衆議院本会議において、民主党が自党案に対する新たな修正案を直接上程するも起立少数で否決され、自民・公明の起立多数で委員会報告のとおり与党提出併合修正案が可決、同案は参議院に送付された。与党提出併合修正案に対して民主、共産、社民は反対し、国民新党は採決前に退席した。民主党提出修正案は、憲法改正国民投票に加えて、重要な国政問題(統治機構や生命倫理の問題など。詳細は他の法律で改めて規定)についての国民投票制度の創設に関する条項を含むものであったが、採決で起立したのは民主党だけであった(共産、社民は与党・民主党両案に反対)。なお、民主党では前原誠司前代表を始め、7人が欠席、1人が途中退席した(いずれも外遊、もしくは選挙の応援のためなどとしており、民主党執行部も特に問題視せず)。日本国憲法の改正手続に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木寛

    鈴木寛から見た前原誠司前原誠司

    2001年、第19回参議院議員通常選挙に民主党公認で東京都選挙区から出馬し、初当選。2005年9月、前原誠司代表の下で民主党「次の内閣」文部科学大臣に就任。2007年、第21回参議院議員通常選挙で再選を果たした。鈴木寛 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の長期化ダム事業

    日本の長期化ダム事業から見た前原誠司前原誠司

    事業見直し:2009年前原誠司国土交通大臣が発表した凍結するダム事業に該当したダム。日本の長期化ダム事業 フレッシュアイペディアより)

  • 道路保全技術センター

    道路保全技術センターから見た前原誠司前原誠司

    財団法人道路保全技術センターは、道路および道路構造物の保全や調査研究、道路管理システムの提供、技術指導や資格制度の運営などを行っていた組織である。2008年度(平成20年度)までは、国土交通省が発注する調査の大半を受注していた。しかし、他企業への丸投げやずさんな調査の実態が発覚したため問題化した。2009年(平成21年)11月には、前原誠司国土交通大臣が、同センターに今後は業務を発注しない意向を示し、「3年以内に解散する」と明言した。2010年(平成22年)5月の行政刷新会議の事業仕分けでは、3年以内の解散に向けた工程表の作成などが求められた。道路保全技術センター フレッシュアイペディアより)

232件中 51 - 60件表示

「前原誠司」のニューストピックワード