232件中 61 - 70件表示
  • 中山義隆

    中山義隆から見た前原誠司前原誠司

    固定資産税の調査のため尖閣諸島への上陸を政府に申請していたが、前原誠司外務大臣は否定的な見解を示している。なお石垣市長による尖閣諸島上陸の申請は、中山以外にも歴代の市長によって行われているが、2011年6月10日には歴代市長としてはじめて文書による上陸許可を政府に要請している。このときの申請では尖閣諸島戦時遭難事件の慰霊祭も目的とされた。中山義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 日南町

    日南町から見た前原誠司前原誠司

    前原誠司 - 政治家・元民主党代表(母が日南町出身)日南町 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た前原誠司前原誠司

    一方、野党は、民主党が113議席と選挙前の177議席から大幅に議席を減らす大敗を喫し、党代表・岡田克也は責任を取って辞任し、後任には民主党内でも最右派といわれる前原誠司が就任した。共産党と社民党は現有議席を維持した。国民新党・新党日本の明暗は分かれ、地方を地盤とする国民新党は公示前勢力の4議席を維持したが、都市部中心の新党日本の獲得議席は1で公示前から2減となった。なお国民新党は所属国会議員が参院議員田村秀昭も含めて5人となったため、新党日本は比例選での得票合計が約164万票で、比例全ブロックの有効投票総数の2%を超えたため、それぞれ政党助成法が定める政党要件を満たし、いずれも「政党」として存続できることになった。郵政造反による自民公認漏れの当選者は14議席と半減した。ここでも、地方の選挙区では比較的強く、逆に都市部では、ブームに乗った「刺客」によって相次いで落選した。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 井上哲士

    井上哲士から見た前原誠司前原誠司

    1996年 - 第41回衆議院議員総選挙で京都2区で出馬し京大法学部の後輩で新党さきがけ離党者で後の民主党代表前原誠司を凌駕、現職文部大臣で宏池会の重鎮奥田幹生に849票差まで迫ったが重複立候補しておらず落選井上哲士 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た前原誠司前原誠司

    民主党を支持し、同党元幹事長小沢一郎とは新進党時代からの仲であり、前原誠司の後援者である。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 直嶋正行

    直嶋正行から見た前原誠司前原誠司

    2005年、前原誠司代表の下、党政策調査会長代理及び民主党次の内閣官房副長官(政策調査会長は松本剛明)に就任。2007年、小沢一郎代表で党政策調査会長に就任した。参議院議員で民主党政策調査会長に就任したのは直嶋が初めてである。2008年、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を参議院に提出。2009年5月、鳩山由紀夫代表の下でも政調会長に再任された。2009年の第45回衆議院議員総選挙のマニフェスト作成の中心的役割を担った。直嶋正行 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台塩釜港

    仙台塩釜港から見た前原誠司前原誠司

    江戸時代初期の北上川改修を機に東廻り航路の拠点港の1つとして発展の歴史が始まる石巻港は、1950年(昭和25年)に地方港湾に、1964年(昭和39年)に重要港湾に指定された。しかし2010年(平成22年)8月3日、全国の重要港湾103港の中から重点的に投資する43港が重点港湾に選ばれた際、石巻港は選外となった。これにより石巻港は、国直轄の新規事業予算が配分されず、継続事業の実施しかできなくなるため、同年5月に前原誠司国土交通大臣(当時)が石巻市を視察した際に「(仙台塩釜港との)一体整備の可能性はゼロでない」と発言したことをもとに、仙台塩釜港との統合が模索されることになった。仙台塩釜港 フレッシュアイペディアより)

  • 熊田篤嗣

    熊田篤嗣から見た前原誠司前原誠司

    2012年7月6日、消費増税関連法案の衆院採決で造反し党に残った当選1回の衆院議員12人と共に、「真の一体改革を実現する一期生の会 (真実の会)」を結成。福田衣里子衆院議員と共に代表世話人に就任。後に人数は、26人(衆院議員23人、参院議員3人)になった。8月7日、真実の会のうち、24人の連名で、前原誠司政調会長に、「社会保障と税の一体改革について再修正の提案」を申し入れた。8月10日、真実の会の代表者として、声明文を発表し記者会見を行う。23人の連名で、9月民主党代表選に向け、候補者擁立も視野に思いを一つに行動することを宣言。熊田篤嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年9月民主党代表選挙

    2012年9月民主党代表選挙から見た前原誠司前原誠司

    岡田克也前幹事長や前原誠司政調会長など、党内主流派の中では、消費税増税を含む「社会保障と税の一体改革」関連法案を成立させた野田の政治手腕への評価から、野田の続投を支持する意見が強く、野田自身も再選出馬に意欲を見せていた。2012年9月民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津幸彦

    阿久津幸彦から見た前原誠司前原誠司

    2009年10月、民主党副幹事長に就任。国会の予算審議より前に公共事業の実施場所(個所付け)を同党都道府県連に通知した行為が「夏の参院選に利用するなりふり構わぬ利益誘導政治だ」と自民党から批判を受け、前原誠司国交相も阿久津に遺憾の意を示した。阿久津幸彦 フレッシュアイペディアより)

232件中 61 - 70件表示

「前原誠司」のニューストピックワード