339件中 71 - 80件表示
  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見た前原誠司前原誠司

    2009年10月4日、前原誠司国土交通・沖縄・北方担当大臣より、1期工事の中断と2期工事中止の方針を東門美津子沖縄市長へ伝えた。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 小原舞

    小原舞から見た前原誠司前原誠司

    2012年の第46回衆議院議員総選挙では、民主党公認で京都5区から出馬するが、自民党の谷垣に大差で敗れ、比例復活もならず落選した。2014年の第47回衆議院議員総選挙でも再び谷垣に敗れる。2015年2月、京都府議会議員選挙に舞鶴市選挙区(定数2)から出馬する意向を表明。無所属(民主党推薦)で立候補し、京都2区選出の前原誠司衆議院議員や多々見良三舞鶴市長らの支援を受け、5人が立候補した乱戦を制して得票数2位で当選した。小原舞 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た前原誠司前原誠司

    2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙で最後の明治生まれの桜内義雄と原健三郎が議員引退して明治生まれが全て引退して、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で、中山太郎が落選して大正生まれ(大正世代)の議員がいなくなり全議員が昭和生まれとなった。1990年代は竹下派七奉行や清和会四天王と呼ばれた政治家が活躍した。20世紀の間は大正生まれから、昭和一桁生まれ・昭和10年代生まれの政治家に世代交代をする移行期であり、大正生まれ(中曽根康弘・竹下登・宇野宗佑・宮澤喜一・村山富市・梶山静六など)から昭和一桁生まれ(土井たか子・海部俊樹・武村正義など)・昭和10年代生まれ(小沢一郎・羽田孜・細川護煕・橋本龍太郎・小渕恵三など)までの政治家が1990年代の政界を主導したが、竹下派七奉行や安倍派四天王を中心に2000年代に入るとこれらの政治家の多くが死去したり引退した。自由民主党では自由民主党総裁選挙での自由民主党の派閥争いが弱体化したが総理大臣の座を巡って、ネオ・ニューリーダーと呼ばれた政治家が活躍して、金竹小・安竹宮・YKK(山崎拓・加藤紘一・小泉純一郎)・麻垣康三・NAISの会(根本匠・安倍晋三・石原伸晃・塩崎恭久)などと呼ばれた政治家が注目された。2000年代になると、昭和10年代生まれ(森喜朗・小泉純一郎・亀井静香・小沢一郎・福田康夫・麻生太郎など)・昭和20年代生まれ(鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也・安倍晋三など)が主導権握り、2010年代になると、昭和30年代生まれ(前原誠司・野田佳彦など)の政治家が主導権を握り始めた。与野党で戦後生まれの党首が誕生して、国会議員は大日本帝国期の1945年(昭和20年)以前に誕生した戦前生まれ・戦中生まれの政治家より、団塊の世代など第二次世界大戦の後に誕生した戦後生まれの政治家の方が多数となった。新党ブームがあった1990年代には、昭和30年代生まれ・昭和40年代生まれ(新人類・バブル世代)が、小泉チルドレン・小沢ガールズなどが注目されるようになった2000年代には、昭和40年代生まれ・昭和50年代生まれ(氷河期世代・団塊ジュニア)が国会議員となった。2010年代には昭和60年代生まれが国会議員となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府第1区 (中選挙区)

    京都府第1区 (中選挙区)から見た前原誠司前原誠司

    前原誠司(日本新、1993年)京都府第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 山本弘一郎

    山本弘一郎から見た前原誠司前原誠司

    2010年9月3日、蓮舫内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)は山本の提案に基づき、前原誠司国土交通大臣に「自動車登録手続きの簡略化」の検討を申し入れ、了承された。その際、省内の批判を恐れずに改善案を提出した上に最優秀賞を獲得した山本について前原大臣は「でかした、という心境」と述べた。山本弘一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の政治

    2005年の政治から見た前原誠司前原誠司

    9月17日 - 第8回民主党代表選挙、前原誠司が、元代表菅直人を2票差で破り、代表に選ばれる。2005年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋行事件

    山田洋行事件から見た前原誠司前原誠司

    社長・米津佳彦は日米平和・文化交流協会の理事であったが、山田洋行事件の渦中となる2007年11月27日に退任した。また佐藤謙・元防衛事務次官は11月27日付、民主党の前原誠司も12月5日付で退任している。同協会のホームページに彼らがなぜこのタイミングに退任に至ったかの説明はない。これらの動向は、奇しくもマスコミや日本共産党の大門実紀史により同協会の実態が追及され始めた時期と重なる。山田洋行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 金子剛一

    金子剛一から見た前原誠司前原誠司

    元より、金子の会長兼社長の就任は、2010年に前原誠司国土交通相(当時)が高速道路会社の社長人事で天下りを排除する姿勢を示す狙いで、全国6社全ての社長に民間企業出身者を送り込んだ人事であったが、その後国交省は民営化後の経営効率化が十分進んでいないなどとして、5社の社長を代えた中で、「新東名の開通や新しい複合商業施設の開業など実績を上げた」とし、その業績を高く評価し金子のみ留任することとなった。金子剛一 フレッシュアイペディアより)

  • 番長

    番長から見た前原誠司前原誠司

    いわゆる“ビッグマウスだが実力や中身が伴っていない人物”を揶揄した表現。プロレスラーの前田日明が長州力に言い放った。梶原一騎原作の漫画「夕やけ番長」からの駄洒落。2012年2月には、産経新聞が政治家の前原誠司(当時民主党政策調査会長)を指して用い、前原の反発を買った。番長 フレッシュアイペディアより)

  • 西武ハウス

    西武ハウスから見た前原誠司前原誠司

    7月 - 代表取締役の豊福清が国土交通大臣・前原誠司(当時)より表彰。西武ハウス フレッシュアイペディアより)

339件中 71 - 80件表示

「前原誠司」のニューストピックワード