339件中 81 - 90件表示
  • 岩尾内ダム

    岩尾内ダムから見た前原誠司前原誠司

    ダム完成により天塩川の治水と利水は建設前に比べ向上したものの、自然の猛威は治水・利水計画の想定を超える事態をもたらした。1973年(昭和48年)、1975年(昭和50年)、1981年(昭和56年)と水害が発生し、特に1981年の水害は天塩川水系工事実施基本計画が定めた計画高水流量を超過した洪水が流域を襲い、浸水面積1万5,625ヘクタールという過去最悪の水害になった。また利水についても1976年(昭和51年)、1980年(昭和55年)、1993年(平成5年)に深刻な水不足があり、特に1993年の水不足は1億立方メートルの貯水容量を持つ岩尾内湖が枯渇するという緊急事態を生じた。交互に襲う水害と水不足に対し、治水では堤防建設や川底掘削を実施、利水については温根別ダム(温根別川)など灌漑専用ダム建設を行うなど対策は実施しているものの不十分な状況が続いている。このため最大の支流である名寄川の二次支流・サンル川に建設省は1988年(昭和63年)より特定多目的ダムとしてサンルダムの建設事業を開始した。反対運動や鳩山由紀夫内閣の前原誠司国土交通大臣によるダム事業再検証により事業が遅延していたが、2017年(平成29年)の完成に向けて本体工事が進められている。岩尾内ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北方四島交流事業

    北方四島交流事業から見た前原誠司前原誠司

    一向に領土問題の進展が見えない中、国費を使って従来のようなビザなし交流を際限なく続ける事を疑問視し、事業のあり方や方法を見直すべきとの声もある。2006年8月に歯舞群島・貝殻島沖で発生した第31吉進丸事件の際には、地元・根室市が内閣府と外務省に対して北方四島交流事業の中止を求める文書を送付した。また、第31吉進丸事件の2日後に行われた訪問事業では、予定していた64名中10名が参加を取りやめた。なお、この時の訪問事業には前原誠司・元民主党代表が参加している。北方四島交流事業 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台塩釜港

    仙台塩釜港から見た前原誠司前原誠司

    江戸時代初期の北上川改修を機に東廻海運の拠点港の1つとして発展の歴史が始まる石巻港は、1950年(昭和25年)に地方港湾に、1964年(昭和39年)に重要港湾に指定された。しかし2010年(平成22年)8月3日、全国の重要港湾103港の中から重点的に投資する43港が重点港湾に選ばれた際、石巻港は選外となった。これにより石巻港は、国直轄の新規事業予算が配分されず、継続事業の実施しかできなくなるため、同年5月に前原誠司国土交通大臣(当時)が石巻市を視察した際に「(仙台塩釜港との)一体整備の可能性はゼロでない」と発言したことをもとに、仙台塩釜港との統合が模索されることになった。仙台塩釜港 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊パキスタン派遣 (2010年)

    自衛隊パキスタン派遣 (2010年)から見た前原誠司前原誠司

    北澤防衛大臣と前原誠司外務大臣は、武器使用基準について検討することを表明している。自衛隊パキスタン派遣 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • 米国債

    米国債から見た前原誠司前原誠司

    民主党の前原誠司政調会長は「米国債を売ってしまうとドルの信頼に響き、さらなる円高が加速する可能性もある」と述べ、売却に否定的な見解を示した。米国債 フレッシュアイペディアより)

  • 長柄ダム (香川県)

    長柄ダム (香川県)から見た前原誠司前原誠司

    1995年からダム再開発事業が行われている。計画によると全体事業費は約160億。長柄ダム本体の改修(堤高が30mから42mになる)や田万ダムとの間に田万・長柄導水トンネルを建設する。これにより長柄ダムの貯水容量が大幅増加するとともに、洪水調節方式が一定量放流方式から自然調節方式になり、治水・利水両面でのダム機能が強化される。また綾川流量の安定確保による流域環境の保護も期待されているが、鳩山由紀夫政権時代の国土交通大臣・前原誠司によりダム事業再検証の対象ダムに指定されており、事業の進捗は遅れている。長柄ダム (香川県) フレッシュアイペディアより)

  • 空港環境整備協会

    空港環境整備協会から見た前原誠司前原誠司

    空港周辺の環境対策・調査などの他、国が管理する18箇所の空港の駐車場を独占的に運営している。2010年に政府の行政刷新会議における事業仕分けでは協会の環境対策・駐車場事業の「廃止」判定を受け、当時の前原誠司国土交通大臣は協会を航空機の騒音や排ガスなどの研究事業に特化させ協会の規模を縮小することを表明した。空港環境整備協会 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見た前原誠司前原誠司

    2009年11月15日に開催された全国知事会で前原誠司国土交通大臣は、2010年度から実施される無料化社会実験において、国の財政状況の急激な悪化の他、渋滞の増加や新幹線などの公共交通機関への影響が懸念されることから「主要都市間を結ぶ基本路線は除外する」と発言し、東名や名神、首都高や阪神高速などの都市高速などは引き続き料金徴収を継続することを示唆した。東京湾アクアラインや本四高速についてもフェリーやこの道路を走行する路線バス、本四備讃線などの公共交通機関への影響が懸念されるため「何らかの措置を考えて取り組む」と述べ、料金割引など無料化以外の施策を検討する意向を示した。また初年度無料化実施路線について、前原国交大臣は「実施地域は固まっているが、費用をどのくらい充てられるかで路線は変わってくる」と述べている。2009年12月25日には、2010年1月末までに無料化実施路線を決め、6月を目処に無料化社会実験を実施すると明らかにした。具体的な対象路線は2010年2月2日に計画案として発表され、2010年6月15日に開始日と併せて正式発表された。無料化社会実験の実施内容については後述する。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本・インド経済連携協定

    日本・インド経済連携協定から見た前原誠司前原誠司

    2010年10月25日、日印両国は日本の菅直人内閣総理大臣と来日したシン首相の会談時にEPA締結で合意。翌2011年2月16日、外務省において前原誠司外相とインドのシャルマ商工相が署名し、日印EPAが締結され、同年5月20日に国会で承認。同年7月1日、「日本国とインド共和国との間の包括的経済連携協定」(平成23年条約第7号)が公布された。日本・インド経済連携協定 フレッシュアイペディアより)

  • 図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定

    図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定から見た前原誠司前原誠司

    2010年11月14日、横浜でのAPECの首脳会議において前原誠司外務大臣と金星煥外交通商部長官が協定への署名を行った。図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定 フレッシュアイペディアより)

339件中 81 - 90件表示

「前原誠司」のニューストピックワード