331件中 11 - 20件表示
  • 前原誠司

    前原誠司から見た細川護熙

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙で京都1区において日本新党公認新党さきがけ推薦で立候補して初当選(同区で日本共産党穀田恵二や京大法学部の先輩公明党竹内譲も初当選)。しかし東京佐川急便事件での細川護熙の借入問題に端を発した連立政権崩壊によって、細川内閣が総辞職。その後、枝野幸男、荒井聰、高見裕一らとともに日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成する。この離党について、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていたと週刊現代は報じている。その2ヵ月後には「民主の風」メンバーとともに新党さきがけに合流し、菅直人政調会長(当時)のもとで政調副会長、院内幹事(国会対策委員長)渡海紀三朗の下で院内副幹事(国対副委員長)をそれぞれ歴任する。1995年(平成7年)第17回参議院議員通常選挙では与野党を超え民改連現職笹野貞子支援。1996年(平成8年)の総選挙直前に旧民主党、1998年(平成10年)の民主党の結党に参加。1999年(平成11年)1月民主党代表選挙では塾の先輩で同じ政令指定都市選出の都道府県議経験者で、1993年(平成5年)の衆議院に初当選した同期の松沢成文の推薦人、同年9月の代表選挙では菅直人の推薦人となる。2001年(平成13年)第19回参議院議員通常選挙では京都府選挙区で通商産業省を退官した松井孝治を支援(笹野は喧嘩別れし無所属で出馬)小泉旋風で勢いに乗る自由民主党総裁派閥清和研の現職西田吉宏の後塵を拝したが初当選に導いた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た勝又恒一郎

    1987年(昭和62年)、松下政経塾へ第8期生として入塾する。山田によれば当時から凄まじい野心に燃えており、「外務大臣になって国の役に立ちたい」と語っていたという。同期生に玄葉光一郎や勝又恒一郎がいる。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た渡部恒三

    2006年(平成18年)3月14日、「メール問題」で党幹部が憔悴中、渡部恒三が激励のために会津名物「起き上がり小法師」を党幹部などにプレゼントする気配りを見せた。テレビカメラを入れさせて会津名物「起き上がり小法師」を利用しての再起を演出する予定だったが、渡部の「起き上がり小法師」はこのように起きあがるのだという明るい実演のあとに、前原が起き上がり小法師を選んで横にしても全く起き上がらなかったため、逆に座が凍りつくという一幕があった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た石井一

    2007年(平成19年)、秋の臨時国会を前にした8月31日の民主党改造人事で、岡田克也、石井一、高木義明、川端達夫ら主要幹部とともに党副代表に就任した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た小宮山洋子

    2002年(平成14年)9月の代表選挙では、鳩山・菅の二枚看板(いわゆる「鳩菅体制」)に危機感を覚え、世代交代を図るため「第二期民主党をつくる有志の会」を結成する。若手統一候補として同じ松下政経塾出身者の野田佳彦と並び、代表選候補に名前があがったが、最終的に(小宮山洋子ら自身の推薦人名簿に名を連ねる予定だった国会議員とともに)野田を推薦する側に回った。これが後の代表選挙で野田が前原を支持するきっかけになった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た高木義明

    2007年(平成19年)、秋の臨時国会を前にした8月31日の民主党改造人事で、岡田克也、石井一、高木義明、川端達夫ら主要幹部とともに党副代表に就任した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た中井洽

    2009年(平成21年)8月30日、第45回衆議院議員総選挙が行われ、民主党は総議席の3分の2に迫る308議席を獲得。結党以来の悲願であった政権交代を成し遂げた。それによって2009年(平成21年)9月16日に発足した鳩山由紀夫内閣において、前原は第12代国土交通大臣に就任した。沖縄及び北方対策担当大臣、防災担当大臣も兼務(防災担当については、後に閣内の役割分担の見直しに伴い中井洽国家公安委員会委員長が兼務することとなり、2010年1月に兼務を解かれた)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た筒井信隆

    2008年(平成20年)6月、前原は、『中央公論』7月号での自民党の与謝野馨との対談で、農家への戸別所得補償や子ども手当などを始めとする2007年(平成19年)7月の参院選マニフェストについて、これらの公約の必要経費を18兆円と試算したうえで「行革だけでは財源を捻出するのは絶対無理」「私は、(民主党は)『君子豹変』しないかぎり、まともな政権運営はできないと思いますよ」と持論を展開した。財源論についても、党内の政策責任者の間で疑問が強かったにもかかわらず、最後は小沢の「エイヤ!」の決断で押し切られたことを明らかにした。これに対し、民主党「次の内閣」の現・前・元の農林水産大臣である筒井信隆・篠原孝・山田正彦らは、この前原の主張は、前原自身が代表時代に提出した民主党の食料の国内生産及び安全性の確保等のための農政等の改革に関する基本法案を自ら不可能なバラ撒きとして否定したことになるとして抗議と説明の電子メールを党所属国会議員全員に向けて一斉送信した。メールの内容は、「民主党の農業政策をバラマキだと言える精神は理解しがたい。次期総選挙を考えても看過できない」「妄言を糾弾し、その退場を勧告する」「(前原)副代表は自らの出処進退を明らかにされんことを勧告する」といったものであった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た長浜博行

    1992年(平成4年)長浜博行に請われ、野田佳彦、山田宏、樽床伸二、中田宏らとともに日本新党へ参画。同年の第16回参議院議員通常選挙では近畿・四国エリアで応援に回り、新党ブームに一役買う。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た川端達夫

    2007年(平成19年)、秋の臨時国会を前にした8月31日の民主党改造人事で、岡田克也、石井一、高木義明、川端達夫ら主要幹部とともに党副代表に就任した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

331件中 11 - 20件表示

「前原誠司」のニューストピックワード