331件中 51 - 60件表示
  • 前原誠司

    前原誠司から見た中川秀直

    また、安倍内閣で幹事長を務めた中川秀直とも親しいとされる。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た鳩山由紀夫内閣

    京都府議会議員、民主党代表(第5代)、国土交通大臣(第12・13代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、内閣府特命担当大臣(防災担当)、外務大臣(第144代)、民主党政策調査会長(第11代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策・原子力行政・宇宙政策)などを歴任した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た秩父鉄道

    血液型はA型。趣味はSL写真の撮影ならびに収集、時刻表の分析、妻との食事、ドライブ。特にSL写真の撮影に関しては、新婚旅行先を「現役のSLが走っている」という理由で北海道にする、高価な機関車のプレートを我慢できずに購入し夫人を嘆かせたという逸話があるほどで、国会議員随一の鉄道ファンとも言われている。SL写真の腕前にも一定の評価があり、秩父鉄道で動態保存されている国鉄C58形蒸気機関車を撮影した写真が2008年度の秩父鉄道SLカレンダーの表紙に採用される(本人は、秩父鉄道にたまたま自分の撮った写真を送って採用されただけなので、政治力は使っていないとのこと)、2008年(平成20年)に西日本旅客鉄道(JR西日本)山口鉄道部で発売されたSLやまぐち号オレンジカードセットの台紙写真に前原の写真が採用されるなどの経歴がある。また、鉄道趣味誌である「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会)「国鉄時代」「レイルマガジン」(いずれもネコパブリッシング)、あるいは旅行雑誌である「一個人」(KKベストセラーズ)「旅の手帖」(交通新聞社)等に鉄道ファンとしてのインタビュー記事や寄稿がある(「国鉄時代」は数回登場、「旅の手帖」は本人撮影の絵葉書が付録)。さらに写真展の開催や撮影した写真を絵葉書にして頒布もしている。一個人特別編集「決定版 個室寝台列車を完全乗り比べ」によると愛用のカメラはミノルタα707siである。(24ページ)鉄道事業の監督官庁の長である国交相就任後も鉄道ファンぶりは変わらず、2009年11月29日には秩父地域視察の際に秩父鉄道でC58形の運転室や転車台などを見学、実際に青い機関士の制服姿でC58形を実際に運転したり、ボイラーに石炭を入れて満面の笑みを浮かべていた、等のエピソードがある。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た西日本旅客鉄道

    血液型はA型。趣味はSL写真の撮影ならびに収集、時刻表の分析、妻との食事、ドライブ。特にSL写真の撮影に関しては、新婚旅行先を「現役のSLが走っている」という理由で北海道にする、高価な機関車のプレートを我慢できずに購入し夫人を嘆かせたという逸話があるほどで、国会議員随一の鉄道ファンとも言われている。SL写真の腕前にも一定の評価があり、秩父鉄道で動態保存されている国鉄C58形蒸気機関車を撮影した写真が2008年度の秩父鉄道SLカレンダーの表紙に採用される(本人は、秩父鉄道にたまたま自分の撮った写真を送って採用されただけなので、政治力は使っていないとのこと)、2008年(平成20年)に西日本旅客鉄道(JR西日本)山口鉄道部で発売されたSLやまぐち号オレンジカードセットの台紙写真に前原の写真が採用されるなどの経歴がある。また、鉄道趣味誌である「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会)「国鉄時代」「レイルマガジン」(いずれもネコパブリッシング)、あるいは旅行雑誌である「一個人」(KKベストセラーズ)「旅の手帖」(交通新聞社)等に鉄道ファンとしてのインタビュー記事や寄稿がある(「国鉄時代」は数回登場、「旅の手帖」は本人撮影の絵葉書が付録)。さらに写真展の開催や撮影した写真を絵葉書にして頒布もしている。一個人特別編集「決定版 個室寝台列車を完全乗り比べ」によると愛用のカメラはミノルタα707siである。(24ページ)鉄道事業の監督官庁の長である国交相就任後も鉄道ファンぶりは変わらず、2009年11月29日には秩父地域視察の際に秩父鉄道でC58形の運転室や転車台などを見学、実際に青い機関士の制服姿でC58形を実際に運転したり、ボイラーに石炭を入れて満面の笑みを浮かべていた、等のエピソードがある。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見たジャニーズ事務所

    2005年(平成17年)9月11日の第44回衆議院議員総選挙において、政経塾の後輩で自民党新人の山本朋広を破り、小選挙区勝利で再選(政経塾の先輩後輩が定数1対決は96年東京都第3区さきがけ現職宇佐美登VS新進党新人松原仁以来)。岡田克也代表が民主党敗北の責任をとって辞任を表明したことを受けて前原は同年9月17日に行われる代表選に立候補し、菅直人を2票の僅差で破って第5代代表に選出された。下馬評では菅やや有利と伝えられていたため、前原の勝利は驚きをもって報じられたが、読売新聞などのメディアが、“新代表はジャニーズ系”、“永田町の郷ひろみ”と報じ、朝日新聞が「目指せ、日本のブレア」と題した社説を載せるなど、おおむね好意的に受け止められた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た日本航空

    一方、深刻な経営難に陥っていた日本航空に対しては、「飛行機が飛ばない状態を避ける」との意向のもと、大臣直轄のタスクフォースを立ち上げ、主力取引行と共に私的整理の方策を探っていたが、JALが支援を要請した企業再生支援機構が会社更生法の適用による事前調整型の法的整理の意向を示したため、これに押し切られる形でJALの法的整理を容認した。また、JAL123便墜落事故から25年目の2010年8月12日、歴代の運輸大臣・国土交通大臣で初めて御巣鷹の尾根への慰霊登山をおこなった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た与良正男

    朝日新聞では、2012年2月25日社説にこの問題を取り上げ、政治家は常に批判にさらされるものであり、取材拒否は、政治家としての狭量ぶりを印象づけると前原を批判するとともに、民主党に対しても批判している。政治評論家の浅川博忠は、「総理を目指す政治家としては、度量が狭過ぎる印象を与えてしまった。批判も包み込む『大きさ』をみせるべきだった」と指摘した。毎日新聞論説副委員長の与良正男は「大人気ないですよ。民主党政権はすぐにメディアを選別したがる傾向が強い」と批判した。東工大教授の尾崎弘之は「前原さんは逆に宣伝しちゃいましたね。自分はこう呼ばれているんだということを。知らない人もこれで注目しますよ」と批評した。政治評論家の三宅久之は、民主主義下では、与党を批判するのは健全な政治のために当然の行為であり、政党助成金を受け取っている公党の要職にある者が、謙虚に受け止めることなく、気に入らない者を排除することで自分の正当性を守ろうとする対応は、政治家として幼稚と批判した。政治家の間でも批判や擁護の声があがった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た安倍晋三

    2008年(平成20年)に刊行された民主党秘書らによる『民主党10年史』(第一書林)では、メール問題について「普通の企業なら当然備わっているはずの危機管理と統治能力がなかった」「党執行部の仲良しグループ化が生んだ情報囲い込み」と指摘し、前原と(事件から半年後に内閣総理大臣・自由民主党総裁に就任した)安倍晋三を「タカ派的体質、自信過剰という点で共通点が多い」とした上で「両若手指導者が短命で終わった点は興味深い」と述べている。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た麻生太郎

    この「現実的脅威」発言に対しては、「中国が脅威、不安をあおっているというのは確かだ」(麻生太郎)、「党の方針ではそのような考えはとっていない」(鳩山由紀夫)などの声が上がった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た政治家

    前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)。凌雲会会長(第2代)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

331件中 51 - 60件表示

「前原誠司」のニューストピックワード