407件中 51 - 60件表示
  • 前原誠司

    前原誠司から見た中川秀直

    また、安倍内閣で幹事長を務めた中川秀直とも親しいとされる。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た京都市

    京都市左京区生まれ。両親は鳥取県出身(父親は境港市、母親は日野郡日南町)である。前原によれば「根っからの京都の人というのは三代百年住んでいないとなかなか認めてくれないんです。…昔の人から言うと、まだ「入り人(いりびと)」という範疇(はんちゅう)に入ります。」という。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た秩父鉄道

    趣味はSL写真の撮影ならびに収集、時刻表の分析、妻との食事、ドライブ。。秩父鉄道で動態保存されている国鉄C58形蒸気機関車を撮影した写真が2008年度の秩父鉄道SLカレンダーの表紙に採用されたり、2008年(平成20年)に西日本旅客鉄道(JR西日本)山口鉄道部で発売されたSLやまぐち号オレンジカードセットの台紙写真に前原の写真が採用されたこともある。また、鉄道趣味誌「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会)「国鉄時代」「レイルマガジン」(いずれもネコパブリッシング)、あるいは旅行雑誌「一個人」(KKベストセラーズ)「旅の手帖」(交通新聞社)等に鉄道ファンとしてのインタビュー記事や寄稿がある(「国鉄時代」は数回登場、「旅の手帖」は本人撮影の絵葉書が付録)。さらに写真展の開催や撮影した写真を絵葉書にして頒布もしている。一個人特別編集「決定版 個室寝台列車を完全乗り比べ」によると愛用のカメラはミノルタα707siである(24ページ)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た日本航空 (持株会社)

    当時深刻な経営難に陥っていた日本航空グループに対しては、「飛行機が飛ばない状態を避ける」との意向のもと、私的にJAL再生タスクフォースを立ち上げ、主力取引行と共に私的整理の方策を探っていたが、JALの経営を託す予定だった稲盛和夫や企業再生支援機構が会社更生法の適用による事前調整型の法的整理の意向を示したため、これに押し切られる形でJALの法的整理を容認した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た西日本旅客鉄道

    趣味はSL写真の撮影ならびに収集、時刻表の分析、妻との食事、ドライブ。。秩父鉄道で動態保存されている国鉄C58形蒸気機関車を撮影した写真が2008年度の秩父鉄道SLカレンダーの表紙に採用されたり、2008年(平成20年)に西日本旅客鉄道(JR西日本)山口鉄道部で発売されたSLやまぐち号オレンジカードセットの台紙写真に前原の写真が採用されたこともある。また、鉄道趣味誌「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会)「国鉄時代」「レイルマガジン」(いずれもネコパブリッシング)、あるいは旅行雑誌「一個人」(KKベストセラーズ)「旅の手帖」(交通新聞社)等に鉄道ファンとしてのインタビュー記事や寄稿がある(「国鉄時代」は数回登場、「旅の手帖」は本人撮影の絵葉書が付録)。さらに写真展の開催や撮影した写真を絵葉書にして頒布もしている。一個人特別編集「決定版 個室寝台列車を完全乗り比べ」によると愛用のカメラはミノルタα707siである(24ページ)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た西松建設

    2009年(平成21年)3月、小沢代表の資金管理団体をめぐる違法献金事件について「あれだけの献金を(西松建設から)もらうと、『それが合法であったっていいのか』という問題がある。私からすると考えられない数字」と疑問を呈した。また、民主党のマニフェストから「公共事業受注企業からの献金全面禁止」の文言が小沢就任以降消えていることに対し、「復活させてしっかり書き込む。国民に疑念を持たれないようにするのが大事」との認識を示した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見たデルタ航空

    2010年10月に羽田が再国際化すると、地方での国際線利用が韓国の仁川国際空港から羽田へ回帰する傾向が見られたが、この効果自体は従来のアジア・ゲートウェイ構想での棲み分けと両立した再国際化であっても一定程度期待しうるものである。逆に、アメリカとの二国間交渉を経て、アジア・ゲートウェイ構想の下では深夜便しか認められていなかった米国路線へ昼間時間帯での羽田発着枠解放が実現すると、成田を拠点にハブ運行を行っていたデルタ航空が首都圏空港間での旅客分散を嫌って成田発着の路線を減便し(デルタ航空は本邦航空会社にアライアンスパートナーがいないため、羽田空港での国内線-国際線乗り継ぎの恩恵を受けにくいという事情がある)、その代わりに韓国路線を増便する動きを見せるなど、日本の空港の国際ハブ機能(国際線同士の乗り継ぎ)が低下する負の作用が生じている。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た高坂正堯

    父親が生前裁判所に勤めていたため、家に法律の本が沢山あったことがきっかけで、京都大学法学部を受験するが失敗。母親から許された1年の浪人時代に手にした高坂正堯の『国際政治』を読む。同時期に読んだイマニュエル・カントや坂本義和の著作に違和感を覚え、高坂のほうに惹かれたことが、自身の分岐点だったことを述懐している。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た麻生太郎

    この「現実的脅威」発言に対しては、「中国が脅威、不安をあおっているというのは確かだ」(麻生太郎)、「党の方針ではそのような考えはとっていない」(鳩山由紀夫)などの声が上がった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た衆議院議員

    前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 - )は、日本の政治家。希望の党所属の衆議院議員(9期)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

407件中 51 - 60件表示

「前原誠司」のニューストピックワード