331件中 81 - 90件表示
  • 前原誠司

    前原誠司から見た宮崎哲弥

    2008年8月27日に安倍改造内閣が発足すると、安倍との交友関係や小沢一郎との確執等の風聞をもとに、前原が防衛大臣として入閣する可能性が御厨貴、宮崎哲弥、与良正男などによって取り沙汰されたこともあった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た西田吉宏

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙で京都1区において日本新党公認新党さきがけ推薦で立候補して初当選(同区で日本共産党穀田恵二や京大法学部の先輩公明党竹内譲も初当選)。しかし東京佐川急便事件での細川護熙の借入問題に端を発した連立政権崩壊によって、細川内閣が総辞職。その後、枝野幸男、荒井聰、高見裕一らとともに日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成する。この離党について、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていたと週刊現代は報じている。その2ヵ月後には「民主の風」メンバーとともに新党さきがけに合流し、菅直人政調会長(当時)のもとで政調副会長、院内幹事(国会対策委員長)渡海紀三朗の下で院内副幹事(国対副委員長)をそれぞれ歴任する。1995年(平成7年)第17回参議院議員通常選挙では与野党を超え民改連現職笹野貞子支援。1996年(平成8年)の総選挙直前に旧民主党、1998年(平成10年)の民主党の結党に参加。1999年(平成11年)1月民主党代表選挙では塾の先輩で同じ政令指定都市選出の都道府県議経験者で、1993年(平成5年)の衆議院に初当選した同期の松沢成文の推薦人、同年9月の代表選挙では菅直人の推薦人となる。2001年(平成13年)第19回参議院議員通常選挙では京都府選挙区で通商産業省を退官した松井孝治を支援(笹野は喧嘩別れし無所属で出馬)小泉旋風で勢いに乗る自由民主党総裁派閥清和研の現職西田吉宏の後塵を拝したが初当選に導いた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た小坂善太郎

    2010年(平成22年)9月17日、民主党代表に再選された菅直人による菅内閣の内閣改造(菅第1次改造内閣)に伴い、民主党幹事長に就任した岡田克也の後任として、悲願の外務大臣に横滑りで就任。48歳4ヶ月での外相就任は、池田内閣における小坂善太郎外相を抜いて、戦後最年少(当時)であった。翌10月環太平洋TPP交渉を巡っては、「対GDP比で僅か1.5%に過ぎない第一次産業の保護のため他の分野が犠牲になるのはおかしい」と反保護主義的主張を記者会見の場で行い話題となった。2011年1月の第2次改造内閣でも外相に留任した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た三宅久之

    朝日新聞では、2012年2月25日社説にこの問題を取り上げ、政治家は常に批判にさらされるものであり、取材拒否は、政治家としての狭量ぶりを印象づけると前原を批判するとともに、民主党に対しても批判している。政治評論家の浅川博忠は、「総理を目指す政治家としては、度量が狭過ぎる印象を与えてしまった。批判も包み込む『大きさ』をみせるべきだった」と指摘した。毎日新聞論説副委員長の与良正男は「大人気ないですよ。民主党政権はすぐにメディアを選別したがる傾向が強い」と批判した。東工大教授の尾崎弘之は「前原さんは逆に宣伝しちゃいましたね。自分はこう呼ばれているんだということを。知らない人もこれで注目しますよ」と批評した。政治評論家の三宅久之は、民主主義下では、与党を批判するのは健全な政治のために当然の行為であり、政党助成金を受け取っている公党の要職にある者が、謙虚に受け止めることなく、気に入らない者を排除することで自分の正当性を守ろうとする対応は、政治家として幼稚と批判した。政治家の間でも批判や擁護の声があがった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た尾崎弘之

    朝日新聞では、2012年2月25日社説にこの問題を取り上げ、政治家は常に批判にさらされるものであり、取材拒否は、政治家としての狭量ぶりを印象づけると前原を批判するとともに、民主党に対しても批判している。政治評論家の浅川博忠は、「総理を目指す政治家としては、度量が狭過ぎる印象を与えてしまった。批判も包み込む『大きさ』をみせるべきだった」と指摘した。毎日新聞論説副委員長の与良正男は「大人気ないですよ。民主党政権はすぐにメディアを選別したがる傾向が強い」と批判した。東工大教授の尾崎弘之は「前原さんは逆に宣伝しちゃいましたね。自分はこう呼ばれているんだということを。知らない人もこれで注目しますよ」と批評した。政治評論家の三宅久之は、民主主義下では、与党を批判するのは健全な政治のために当然の行為であり、政党助成金を受け取っている公党の要職にある者が、謙虚に受け止めることなく、気に入らない者を排除することで自分の正当性を守ろうとする対応は、政治家として幼稚と批判した。政治家の間でも批判や擁護の声があがった。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た北神圭朗

    1991年(平成3年)4月、松下政経塾を卒塾。被選挙権を得た最初の京都府議会議員選挙(左京区選出)に立候補し、後に同じ京都出身の衆議院議員となる北神圭朗ら学生ボランティアの支援により府議会史上最年少の28歳で初当選(その後尾形賢が最年少記録更新)、厚生労働、環境対策委員、文教委員を歴任。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た花岡信昭

    3月6日の記者会見で前原が公表した、在日韓国人の女性から受け取った献金の額は毎年5万円ずつ、5年間で計25万円である。年に5万円以下の献金は、収支報告書に寄付者の氏名などを明示しなくても良いとされている。花岡信昭は、日経BPのニュースサイトに発表した記事において、収支報告書の保存義務期間が過去5年間までであることを指摘し、「実際にはもっと以前から献金が行われていた可能性がある。」と書いている。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た永田寿康

    2006年(平成18年)の第164回通常国会は冒頭から耐震偽装問題、米国産牛肉の輸入問題、ライブドア事件、防衛施設庁の官製談合事件など所謂「4点セット」により民主党は与党を追い詰める立場にあった。しかし同年2月、衆議院予算委員会で永田寿康の質問に端を発した堀江メール問題に関連して前原はひとまずメールの真偽論争は避けて、国政調査権行使によって武部勤自由民主党幹事長の息子の金融機関の口座を調査するよう党首討論で小泉純一郎首相に要求した。同時に、自民党が国政調査権の行使を確約するならば、これを担保に金融機関の口座番号も含めた情報を民主党も提示するとしたが、この追及は騒動の発端となったメールの信憑性が低かったことから逆に批判を浴び、前原や民主党の立場を弱めることになった。自民党からは非難の声が上がり、民主党へは抗議電話が殺到した。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た宇佐美登

    2005年(平成17年)9月11日の第44回衆議院議員総選挙において、政経塾の後輩で自民党新人の山本朋広を破り、小選挙区勝利で再選(政経塾の先輩後輩が定数1対決は96年東京都第3区さきがけ現職宇佐美登VS新進党新人松原仁以来)。岡田克也代表が民主党敗北の責任をとって辞任を表明したことを受けて前原は同年9月17日に行われる代表選に立候補し、菅直人を2票の僅差で破って第5代代表に選出された。下馬評では菅やや有利と伝えられていたため、前原の勝利は驚きをもって報じられたが、読売新聞などのメディアが、“新代表はジャニーズ系”、“永田町の郷ひろみ”と報じ、朝日新聞が「目指せ、日本のブレア」と題した社説を載せるなど、おおむね好意的に受け止められた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た四国

    1992年(平成4年)長浜博行に請われ、野田佳彦、山田宏、樽床伸二、中田宏らとともに日本新党へ参画。同年の第16回参議院議員通常選挙では近畿・四国エリアで応援に回り、新党ブームに一役買う。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

331件中 81 - 90件表示

「前原誠司」のニューストピックワード