53件中 41 - 50件表示
  • 東野峻

    東野峻から見た前田健太前田健太

    2010年3月3日、兵庫県出身の4歳年上の会社員と結婚。このシーズンで15勝以上を達成した場合、地元の鉾田市から東野が通学していた高校の通りを「東野通り」と名づけるプランがあることを鉾田市市長から報告された。シーズン初登板となった同月28日の対ヤクルト第3回戦は6回3失点で敗戦も、その後は5月5日の対ヤクルト第8回戦で自身初の無四球完封勝利、5月29日の対埼玉西武ライオンズ第3回戦では6回までノーヒット、無失点に抑える好投を含む8連勝で序盤の快進撃に貢献。同時に4月の月間MVP(3、4月の成績は5勝1敗)を受賞した。6月29日の対広島戦(マツダスタジアム)で自身初の二桁勝利となる10勝目をマークし、前半戦は11勝2敗、防御率2.68、WHIP1.22の好成績で前田健太と最多勝争いを繰り広げたが、後半戦は早いイニングで打ち込まれKOされる機会が増え、2勝6敗、防御率4.70、WHIP1.57と不調に陥った。東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た前田健太前田健太

    は、4月12日の対広島戦で自身初の開幕投手を務め7回途中3失点で勝利投手となった。4月19日の対巨人1回戦では、球団タイ記録となる7者連続三振を挙げた。5月3日の対巨人4回戦では9回を完投し3失点で勝ち投手となり、2009年から継続中の公式戦の対巨人連勝記録を球団1位タイ記録の8に伸ばしたが、6月26日の対巨人9回戦では5回3失点で敗戦投手となり、巨人戦での連勝は8でストップした。なお、このシーズンは好投しながらも打線の援護に恵まれない試合が多く、勝ち負けの数が拮抗する状態が後半まで続いていたが、シーズン終盤に勝ち星を増やし、最終的には12勝をマーク。投球回も自身初の200イニング到達となる。奪三振でも広島の前田健太と熾烈なトップ争いを演じたが、結果はリーグ2位の186奪三振で前田に及ばなかった。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た前田健太前田健太

    、中日ドラゴンズへ入団。4月3日の横浜ベイスターズとの開幕戦、初打席で三浦大輔からバックスクリーン中段に飛び込むソロ本塁打を放ち、初安打・初打点・初本塁打を記録。5月の対広島東洋カープ戦では前田健太からナゴヤドームの高さ50mの位置にある天井スピーカーに直撃する推定飛距離160mの大飛球を放ち、ナゴヤドーム初の認定本塁打を記録。交流戦では、日本生命賞(セ・リーグ優秀選手賞)を受賞。7月1日の阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で、6回裏に福原忍から3点本塁打を放ち、東京ヤクルトスワローズのアーロン・ガイエルに次ぐ外国人史上2人目の、1年目でセ・パ11球団に対し本塁打を放つなど、球宴休みまでに打率.295、28本塁打の成績を挙げていた。しかしシーズン終盤には徹底的なマークに苦しめられた。9月8日の阪神戦で安藤優也から36号本塁打を放って以降、26日の同じく阪神戦で下柳剛から37号を放つまで実に66打席を費やすほど警戒された。来日1年目から全試合で4番に座り、39本塁打・110打点で本塁打王、打点王の二冠を獲得する大活躍を見せた。シーズン終了後に2011年までの2年契約を結ぶ。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た前田健太前田健太

    勝利投手:前田健(広島)、敗戦投手:和田(ソフトバンク)、セーブ:藤川球(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎充登

    宮崎充登から見た前田健太前田健太

    2008年、前年の秋季キャンプから投球スタイルの変更に取り組み、自慢の球威を落として制球力向上を図った。オープン戦ではまずまずの投球で開幕一軍で先発ローテーションの5番手に入った。しかし、先発の働きが出来た試合はほとんどなく、先発としては1勝も出来なかった。制球力が向上したとは言い難く、球威を落とした分かえって痛打されることが多くなった。また、球数が100球に近づく辺りから球威や制球の低下のみならず、明らかにフォームが崩れるなど先発投手としてのスタミナが無いことも露呈した。シーズン後半には、前田健太、齊藤悠葵ら他の若手先発投手の活躍に押し出される形で二軍に降格。1年目の成績から、ほとんど全ての数字を下げた。宮崎充登 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見貴洋

    塩見貴洋から見た前田健太前田健太

    初打点:2011年6月17日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回表に前田健太から押し出し四球塩見貴洋 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年

    1988年から見た前田健太前田健太

    4月11日 - 前田健太、プロ野球選手1988年 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た前田健太前田健太

    自己流の調整を貫いた前田健太が球団史上初の投手成績で三冠を達成したものの、飛躍を期待された齊藤悠葵、実績のある梅津智弘、ら多くの投手が不振に陥った。また中継ぎ投手の起用法にも疑問が投げかけられた。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 模擬ドラフト

    模擬ドラフトから見た前田健太前田健太

    この時の模擬ドラフトでは各担当者が他球団の動きを読み違えたためか、増渕竜義投手(鷲宮高校)と大嶺祐太投手(八重山商工)がそれぞれ1巡目の外れで複数球団競合になる事態が発生した。これには、上述の斉藤が入札可能だったことも影響していると見られる。その一方で、現実には広島の単独指名だった前田健太投手が広島を含む2球団競合となった。模擬ドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 小林幹英

    小林幹英から見た前田健太前田健太

    10月、投手コーチを務めていた清川栄治が退団し、オリックス・バファローズに移籍するのに伴って投手コーチに昇格。ブルペン投手コーチには小林に代わり、三軍コーチの澤崎俊和が昇格した。ともにコーチ就任2年目での抜擢で同年11月現在、12球団で最も若い投手コーチのコンビとなる(小林、澤崎とも当時32歳だが、小林は早生まれで学年は1つ上。なお黒田博樹は小林の専大時代の1年後輩にあたる)。2005年4.80、2006年3.96、2007年4.22と例年課題だったチーム防御率も、2008年には3.78、2009年には3.59と下げ、前田健太や篠田純平、齊藤悠葵ら若手投手陣の底上げなど投手コーチとして一定の成果も出し始めている。小林幹英 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「前田健太」のニューストピックワード