151件中 61 - 70件表示
  • 小松剛

    小松剛から見た前田健太前田健太

    4月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で3番手としてプロ初登板を果たすと、2回を投げて1失点に抑えた。同年5月17日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)でプロ初先発、7回をソロ本塁打による1失点に抑えるも打線の援護がなく勝ち星がつかなかった。次の登板となった同年5月24日の対埼玉西武ライオンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では5回5失点と乱調も、打線の援護によってプロ初勝利を果たした。シーズン前半は主に先発として起用されたが、後半戦は篠田純平・コルビー・ルイス・前田健太の活躍によって出番が減り、中継ぎとして起用される。中継ぎでも不安定な投球が続いたが5勝を上げるなど、シーズン通して一軍に帯同した。同年12月9日に、大学時代の1学年先輩の女性と入籍。小松剛 フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ゴンザレス (内野手)

    エドガー・ゴンザレス (内野手)から見た前田健太前田健太

    シーズン序盤は打撃不振に陥り二軍降格となるも、再昇格後は復調。7月30日の対広島東洋カープ戦では前田健太から代打逆転満塁本塁打を打つなど、満塁機では通算12打数で1本塁打を含む5安打、15打点と勝負強さを発揮し「満塁男」と呼ばれた。しかし、外国人選手ということもあってかベンチや遊撃手との連携が弱い面があり、9月21日の対横浜ベイスターズ戦では結果的に同点に追いつかれる一因となる致命的な守備ミスを犯すと、その回途中に交代を告げられ、24日に二軍降格。その後はクライマックスシリーズも含め再昇格することはないまま、シーズンを終えた。12月2日に自由契約公示された。エドガー・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た前田健太前田健太

    に、前年限りで退団したタイロン・ウッズに代わる助っ人として中日ドラゴンズへ入団。4月3日の横浜との開幕戦、初打席で三浦大輔からバックスクリーン中段に飛び込むソロ本塁打を放ち、初打席初本塁打を記録。5月7日の対広島戦では前田健太からナゴヤドームの高さ50mの位置にある天井スピーカーに直撃する推定飛距離160mの大飛球を放ち、ナゴヤドーム初の「認定本塁打」を記録。交流戦では、日本生命賞(セ・リーグ優秀選手賞)を受賞。7月1日の対阪神戦(ナゴヤドーム)で、6回裏に福原忍から3点本塁打を放ち、アーロン・ガイエル(ヤクルト)に次ぐ外国人史上2人目の、1年目でセ・パ11球団に対し本塁打を放つなど、球宴休みまでに打率.295、28本塁打の成績を挙げていた。しかしシーズン終盤には徹底的なマークに苦しめられた。9月8日の対阪神戦で安藤優也から36号本塁打を放って以降、26日の同じく対阪神戦で下柳剛から37号本塁打を放つまで実に66打席を費やすほど警戒された。来日1年目から全試合で4番に座り、39本塁打・110打点で本塁打王、打点王の二冠を獲得する大活躍を見せた。シーズン終了後に2011年までの2年契約を結ぶ。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 中田廉

    中田廉から見た前田健太前田健太

    同じ大阪のボーイズリーグのチームである忠岡ボーイズのエースには前田健太が在籍していた。カープ入団の背番号は、前田のルーキー時と同じ34番。11月の仮契約の際には「(前田健太さんは)坂本さんや田中さんよりも凄かった。憧れです。話を聞きたいです」と目を輝かせていた。前田健太は「ドラフトの時から気になってました。僕の昔を知っている人は少ないので、嬉しいです。自分もやることが多いですけど、ピッチャーでは下から2番目(の年齢)ですし、今年は一軍を経験できたので色々と教えてあげたいです。先輩には聞きにくいと思うので、気さくに話しかけたいですね」と述べている。中田廉 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た前田健太前田健太

    は、開幕から「1番・二塁手」としてほぼ固定起用される。5月4日の広島戦(マツダスタジアム)では前田健太から初回に先頭打者本塁打、翌5日の同カードでは2試合連続の本塁打を放った。野球キューバ代表の二塁手として国際大会などで活躍したユリエスキ・グリエルが入団した6月以降の公式戦では、グリエルに二塁を守らせる関係で、高校時代に経験のある外野手として先発起用されることもあった。自己最高の本塁打数である7本塁打を記録したものの、打率は最終的に.248と前年より下げてしまった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 野村祐輔

    野村祐輔から見た前田健太前田健太

    はロサンゼルス・ドジャースへ移籍した前田健太に代わる右のエースとして、公式戦の開幕から好調を維持。4月28日の対ヤクルト戦(神宮)で一軍公式戦初の完封勝利を挙げると、5月25日の対巨人戦から7月22日の対阪神戦(いずれもマツダ)まで、8試合の先発登板で8連勝を記録した。この間には、6月にセ・リーグ投手部門の月間MVPへ初めて選ばれたほか、7月5日の対中日戦(富山アルペンスタジアム)でこの年のセ・パ両リーグ最速の10勝目に到達。オールスターゲームにセ・リーグの監督推薦選手として4年振りの出場を果たすと、セ・リーグ最多勝利のタイトルをチームメイトのクリス・ジョンソンと争いながら、チームの25年振りリーグ優勝に大きく貢献した。9月2日の対ヤクルト戦(神宮)で自己最多のシーズン13勝目を挙げると、レギュラーシーズンの最終登板であった9月24日の同カード(マツダ)で、リーグ単独トップの16勝目と勝率.842(16勝3敗)を記録。投球回は少ないながらも、打線の援護と強力な中継ぎ陣に助けられ、セ・リーグの最多勝利と最高勝率のタイトルを獲得し、セ・リーグベストナインにも選ばれた。横浜DeNAとのクライマックスシリーズファイナルステージでは2回戦に先発し、6回を3安打無失点の好投で同シリーズ初勝利を記録した。北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは、第2戦に先発し6回を2安打1失点(自責点0)の内容で日本シリーズ初勝利を記録。その後、広島の2勝3敗で迎えた第6戦でも先発したが4回4失点(自責点1)で降板。勝敗は付かなかったが、その後チームは敗れたため日本一を逃した。10月18日には「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された。12月16日に契約更改を行い、年俸1億円に到達した。野村祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た前田健太前田健太

    実況:田辺研一郎、解説:江川卓、金本知憲、ゲスト解説:前田健太(広島東洋カープ)2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ワッサーマン・メディア・グループ

    ワッサーマン・メディア・グループから見た前田健太前田健太

    日本人選手とのエージェントとしては岩隈久志、ダルビッシュ有、前田健太と契約している。ワッサーマン・メディア・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 南一誠

    南一誠から見た前田健太前田健太

    崇徳高等学校卒業。高校時代は、グリークラブに所属し、全日本合唱コンクールで金賞を受賞。高校卒業後、広島市内の歓楽街などで勤務。薬研堀の有名店・クラブ「ポエム」向かいの料飲ビル"船屋ビル"に有った「マイウェイ」というスナックで代理マスターをしていた頃の常連客に、地元広島RCC中国放送の敏腕ディレクターで同社労組幹部・水野喬(南のデビュー曲を作詞作曲)ペンネーム"あきたかし"がいて、1980年前半にRCCラジオで水野喬が手掛けた「広島オリジナル演歌を育てる」主旨番組の"どっこい演歌だ?"からの第一弾として、当初は地域盤で1980年に「広島天国」「雨の港から」で歌手デビューする。尚、南自身は高校卒業後からデビューまでの約10年間、クラブ歌手などの音楽芸能経験は皆無で、RCCの水野との出会いが幸運なデビューと成った。「雨の港から」の当初のタイトルは「宇品の港から」だったが、戦後から数えて400曲前後に及ぶ広島関連のご当地ソングはヒットしない(美空ひばりの「1本の鉛筆」と北島三郎の「尾道の女」が知られる程度)とのジンクスからタイトル変更されたのではと、当時の関係者談がある。「広島天国」は、広島を代表する曲として有名になるが、当初は唄い出しが「二人の銀座」(1967年・和泉雅子と山内賢のデュエットでヒット)に酷似していると指摘する声も有った。その後、「慕情の街」、「ひろしまかくれんぼ」、広島東洋カープ球団歌「それ行けカープ」を唄う。2010年には平成22年度広島市民賞を広島・前田健太と共に受賞。広島特任大使にも任命されている。東広島市安芸津町は出身地ではなく、出身地の九州大分県から一家で移り住んだと言うのが事実のようだと広島県内や安芸津町周辺では認識されている。1980年現在でデビュー40年近くに成るが、驚く事にCD発売曲の半数に及ぼうとする楽曲が「重複使用」されている。例として、2枚目のA:「笑顔いいね」は13枚目のB:「笑顔がいいね」で使用され、4枚目A:「冬木立」は14枚目のB:「冬木立」で使用されている。ディスコグラフィーを見るとこのような「使い回し」の曲が多数有り、東京ではなく地方都市広島で個人活動してきたゆえの企画力・プロモーション戦略の不足と、元来が演歌の歌唱法・発声とは異なる南一誠の「引き出しの数」「声質」「音域」などから悲哀と苦労が垣間見れる。今後の一層の努力とご当地ソングに依存しない発想の転換も願うものである。南一誠 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のスポーツ

    1988年のスポーツから見た前田健太前田健太

    4月11日 - 前田健太(大阪府、野球)1988年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示

「前田健太」のニューストピックワード