151件中 71 - 80件表示
  • ブライアン・バリントン

    ブライアン・バリントンから見た前田健太前田健太

    前田健太がワールド・ベースボール・クラシックの疲労もあったことから、初の開幕投手を務めた。ブライアン・バリントン フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム

    プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムから見た前田健太前田健太

    2013年度分では、各球団から3名の主力選手が出場する形式を踏襲しつつ、共通の特徴に応じて球団・リーグ混合の4チームを構成(1チーム9名)。「チームレッド」(キャプテン:山本昌広、通称「ゴールデンルーキーズ」)・「チームブルー」(キャプテン:前田健太、通称「キンキ・ブラザーズ」)・「チームグリーン」(キャプテン:長野久義、通称「イケメン☆ナイン」)・「チームイエロー」(キャプテン:三浦大輔、通称「熱血男塾」)による対抗戦へ変更。宮根誠司率いる「宮根オールスターズ」を加えた5チームで複数のゲームへ参加した後に、(オープン参加扱いの「宮根オールスターズ」を除く)総得点の上位2チームが最終バトルの「ガチンコ日本シリーズ」で優勝を争った。プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • スリークォーター

    スリークォーターから見た前田健太前田健太

    この投法の日本プロ野球界での使用者は、現役では右投げ投手でダルビッシュ有や田中将大、前田健太、鍵谷陽平らがおり、左投げ投手では杉内俊哉、内海哲也、元選手では西本聖や郭泰源、石井一久が挙げられる。スリークォーター フレッシュアイペディアより)

  • 東野峻

    東野峻から見た前田健太前田健太

    シーズン初登板となった3月28日のヤクルト戦は6回3失点で敗戦も、その後は5月5日のヤクルト戦で自身初の無四球完封勝利、5月29日の埼玉西武ライオンズ戦では6回までノーヒット、無失点に抑える好投を含む8連勝で序盤の快進撃に貢献。同時に4月の月間MVP(3-4月の成績は5勝1敗)を受賞した。6月29日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初の二桁勝利となる10勝目をマークし、前半戦は11勝2敗、防御率2.68、WHIP1.22の好成績で前田健太と最多勝争いを繰り広げたが、後半戦は早いイニングで打ち込まれKOされる機会が増え、2勝6敗、防御率4.70、WHIP1.57と不調に陥った。東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 松井佑介

    松井佑介から見た前田健太前田健太

    初打席:同上、8回裏に前田健太から三邪飛松井佑介 フレッシュアイペディアより)

  • ヤズマニ・グランダル

    ヤズマニ・グランダルから見た前田健太前田健太

    試合中の前田健太との意思疎通は、いくつかの短い文章を日本語と英語で書いてリストバンドに入れている。ヤズマニ・グランダル フレッシュアイペディアより)

  • ハンター・レンフロー

    ハンター・レンフローから見た前田健太前田健太

    は開幕からAAA級エル・パソでプレーした。133試合に出場して打率.306・30本塁打・105打点・5盗塁の成績を残すと、パシフィック・コーストリーグのMVPに輝いた。また、2年ぶりにオールスター・フューチャーズゲームに選出された。9月21日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。初打席ではエドウィン・エスコバーから敬遠四球で出塁したが、これは15年ぶりの珍記録だった。シーズン最後の週の6試合では、打率.409・3本塁打・13打点を記録してを受賞した。特に9月27日のロサンゼルス・ドジャース戦では初回裏に前田健太から左翼席へ3点本塁打、8回裏二死満塁のフルカウントではルイス・コールマンから満塁弾をバックスクリーンに放ち、1人でこの試合の全打点を叩き出している。この年メジャーではで11試合に出場して打率.371・4本塁打・14打点の成績を残した。ハンター・レンフロー フレッシュアイペディアより)

  • 中崎翔太

    中崎翔太から見た前田健太前田健太

    4月12日の中日ドラゴンズ戦で中継ぎ登板し、失点を許すも直後に味方が逆転しプロ入り初勝利を挙げた。4月20日の読売ジャイアンツ戦では、予告先発投手の前田健太が右上腕三頭筋筋膜炎で登板を回避したため急遽代役を務めたが、長野久義、ホセ・ロペスにホームランを許し5回2失点で敗戦投手となった。更に5月4日の巨人戦(東京ドーム)で先発したものの、長野に満塁ホームランなどを浴び4回6失点で降板した。その後登録抹消を経て、6月8日の西武戦で7回を無失点に抑えプロ入り初の先発勝利を挙げた。中崎翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のメジャーリーグベースボール

    2016年のメジャーリーグベースボールから見た前田健太前田健太

    ロサンゼルス・ドジャースは、広島東洋カープからポスティングシステムを利用した前田健太の入団会見を行った。8年契約で、背番号は18。2016年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た前田健太前田健太

    こうして、キャンプから自己流の調整法を貫いた前田健太 が投手3冠(勝利数・防御率・奪三振)のタイトルを獲得する奮闘を見せたものの、最終的なチーム防御率は前年から1.5点近く悪化させて4.80となった。以上のように大野が行おうとした投手陣の改革が全て裏目に出てしまい、また柔軟な対応もできなかったことが2010年におけるチームの低迷に直結してしまう。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

151件中 71 - 80件表示

「前田健太」のニューストピックワード