151件中 81 - 90件表示
  • 2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た前田健太前田健太

    11球団は高校ドラフト1巡目指名で競合する中、唯一広島はPL学園の前田健太を無競合で高校ドラフト1位指名して獲得した。このような事例はドラフト史上初めて。2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 石井杏奈 (歌手)

    石井杏奈 (歌手)から見た前田健太前田健太

    3rdシングル「You're my Hero」は広島東洋カープの前田健太投手(現MLB・ロサンゼルス・ドジャース)への応援歌であり、本人も球場で登場曲として使用していた。PVには北海道日本ハムファイターズの中田翔外野手や、前田健太と同じく広島の岩本貴裕外野手を輩出した名門リトルシニアチーム「広島鯉城シニア」の部員が出演した。石井杏奈 (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス

    ロサンゼルスから見た前田健太前田健太

    前田健太(プロ野球選手)ロサンゼルス フレッシュアイペディアより)

  • World Baseballエンタテイメント たまッチ!

    World Baseballエンタテイメント たまッチ!から見た前田健太前田健太

    ゲストには、清原和博(解説者)、今江敏晃(千葉ロッテマリーンズ)、前田健太(広島東洋カープ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)を迎えた。World Baseballエンタテイメント たまッチ! フレッシュアイペディアより)

  • ノア・シンダーガード

    ノア・シンダーガードから見た前田健太前田健太

    5月11日のロサンゼルス・ドジャース戦で相手先発の前田健太から2本塁打。投手が1試合に2本塁打を放ったのは2007年のマイカ・オーウィングス以来。シーズン通算では初の二桁勝利となる14勝(9敗)・防御率2.60(リーグ3位)・218奪三振(同4位タイ)の好成績を挙げた。サンフランシスコ・ジャイアンツとのワイルドカードゲームではマディソン・バンガーナーと投げ合い7回2被安打無失点と好投したが、味方の援護を得られず降板。チームは9回に決勝点を奪われ敗退した。ノア・シンダーガード フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た前田健太前田健太

    山本浩二の現役時は、当初は他に同じ山本姓の山本一義が在籍していたために場内アナウンスではフルネームで呼んでいた。一義が引退してコーチに就任し、山本姓が浩二一人になった時期もあったが、その多大な貢献を称えるために「山本浩二」とコールしていた。逆に前田智徳は同姓の前田健太の加入後も「前田」とアナウンスされた。これはスコアボードや、新聞などのメディアにおける表記も同じであった。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ジョンソン (投手)

    クリス・ジョンソン (投手)から見た前田健太前田健太

    は横浜DeNAベイスターズとのシーズン開幕戦(3月25日・マツダ)で、自身初の開幕投手を任された(8回2失点で敗戦投手)。5月には、自身初の2試合連続完封勝利と23イニング連続無失点を記録。6月4日には、球団の外国人選手歴代最高年俸(推定300万ドル)に出来高を加えた条件で、2017年シーズンからの3年契約を新たに結んだことが球団から発表された。8月2日の対ヤクルト戦(神宮球場)でシーズン10勝目に到達。広島の外国人投手ではコルビー・ルイス以来2人目の2年連続シーズン2桁勝利を達成した。レギュラーシーズン全体では、左のエースとして、チームの25年振りリーグ優勝に大きく貢献。セ・リーグ最多勝利のタイトルをチームメイトの野村祐輔と最後まで争った。セ・リーグが制定する投手主要部門でのタイトル獲得に至らなかったものの、10月25日には、沢村賞を初めて受賞することが選考委員会から発表された。レギュラーシーズンの公式戦通算成績が選考基準7項目中4項目(15勝以上、25試合以上登板、防御率2.50以下、勝率6割以上)を満たしたことによるもので、リーグの投手主要部門のタイトルを獲得していない投手の受賞は、の西本聖(巨人)以来35年振り。広島の投手からは前年の前田健太に次ぐ受賞で、外国人投手の受賞は、のジーン・バッキー(阪神)以来52年振り史上2人目の快挙であった。ポストシーズンでは、レギュラーシーズン3位から勝ち上がったDeNAとのクライマックスシリーズ ファイナルステージ第1戦(10月12日)に先発。DeNA打線を105球で散発3安打に抑える完封によって、チームに史上初の同シリーズ勝利をもたらした。NPBポストシーズンの試合に初登板・初先発の外国人投手が完封勝利を挙げた事例は、日本シリーズを含めてもジョンソンが史上初めて。チームのファイナルステージ突破を経て臨んだ北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでも、10月22日(いずれもマツダ)第1戦に先発すると、6回2/3を1失点に抑える好投で勝利投手になった。広島の外国人投手が日本シリーズの第1戦に先発した事例および、広島で(日本人を含む)同シリーズ第1戦の先発投手が白星を挙げた事例は、いずれも初めてである。クリス・ジョンソン (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 坂本洋子 (アナウンサー)

    坂本洋子 (アナウンサー)から見た前田健太前田健太

    成嶋早穂 (アワーソングスクリエイティブ所属のフリーアナウンサー。元東海テレビアナウンサー。広島東洋カープ投手前田健太夫人。学生時代、みんなが出るテレビで共演)坂本洋子 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • ザック・グレインキー

    ザック・グレインキーから見た前田健太前田健太

    は移籍初年度で開幕投手を務めたが、4回7失点の乱調で敗戦投手になるなど序盤は不安定で、4月は防御率5.50に終わった。5月以降は尻上がりに調子を上げていき、5月17日から6月18日の登板までの7試合連続で勝利投手になるなど打線の援護にも恵まれた。6月28日の登板で左脇腹を痛め、2回で降板。翌29日から故障者リストに入った。8月に復帰したがその後は再び調子を落とし、9月5日と16日には古巣のドジャース戦でいずれも前田健太に投げ負けた。シーズンを通しては、13勝7敗・防御率4.37に終わり、離脱の影響もあり10年ぶりに規定到達を逃した。ザック・グレインキー フレッシュアイペディアより)

  • 谷口雄也

    谷口雄也から見た前田健太前田健太

    は岡大海、淺間大基らの台頭もあり48試合出場で打率.243と前年より成績を落とすも、6月2日の広島東洋カープ戦で前田健太からプロ初となる代打本塁打を放った(さらに、前田はこれが2015年シーズン最初の被弾であった)。谷口雄也 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「前田健太」のニューストピックワード