95件中 11 - 20件表示
  • 前田健太

    前田健太から見たコルビー・ルイス

    、前年限りで引退した佐々岡真司の背番号18を受け継いだ。4月5日の対横浜戦で初登板初先発し、5回3失点の結果を残した。6月18日の対日本ハム戦で8回を2安打無失点4奪三振の好投(7回までは無安打)でプロ初勝利を飾り、9月20日の中日戦では初完封(無四球)も記録した。9月28日の広島市民球場の最後の公式戦(対ヤクルト21回戦)では、川島亮からプロ初本塁打を記録。この試合では勝利投手にもなり、旧市民球場最後の勝利投手となった。オールスター戦以降はローテーションに定着し、クライマックスシリーズ進出争いを繰り広げた9月と10月で4勝を記録。コルビー・ルイスに次ぐチーム2位タイの9勝(2敗)を挙げ、開幕前に自身が目標としたシーズン5勝を大幅に上回った。オフの契約更改では、およそ3倍増となる2,500万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た鶴直人

    鶴直人 - 忠岡ボーイズ時代の1年先輩前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た桑田真澄

    スリークォーターから平均球速約145km/h、最速152km/hのストレートと、落差のある110km/h台のドロップ、数種類のスライダー、サークルチェンジ、ツーシーム(シュートと表記するメディアもあるが、本人はツーシームとして意識しているという)を武器とする。フォークも投げることができるが、高校卒業後は使用していない。そのプレイスタイルは高校の先輩・桑田真澄と似通っており、「桑田二世」と呼ばれる。プロ入り当初のスライダーは直球と球速差があり、変化も大きかったが、1年目のオフに佐々岡真司から握りを伝授されると、小さな変化で130km/h前後を記録するようになり、変化の大小や緩急、縦横の軌道を使い分けることができるようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た石原慶幸

    最優秀バッテリー賞:1回 (2010年、捕手:石原慶幸前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た松坂大輔

    4月6日、対横浜DeNA戦(横浜スタジアム)で相手を2四球に抑え、ノーヒットノーランを達成した。日本プロ野球でのノーヒットノーランは2006年の山本昌以来6年ぶり74人目(85回目)、セリーグ35人目(38度目)の快挙であった。また、広島の投手としては1999年の佐々岡真司以来13年ぶりの快挙達成となった。オールスターゲームにファン投票選出され第2戦(松山中央公園野球場)で先発して3回を1安打無失点に抑え勝利投手となり初のMVPを受賞。投手のMVP受賞は2004年第1戦の松坂大輔以来8年ぶり、広島の投手では1980年第3戦の江夏豊以来32年ぶりである。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た大竹寛

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たダルビッシュ有ダルビッシュ 有

    尊敬する選手はダルビッシュ有と公言している。2011年シーズンが本人並びに周囲の期待に反して不本意な成績で終えた事について、「エース」としてのプライドから両足のハムストリング(ふくらはぎ)の故障を抱えそれをチームメイト他周囲に隠しながら登板していた事を2012年2月21日放送のすぽるとにて明かした。それをただ一人ダルビッシュに気づかれた事で(「ケガしてるだろ?」と言われた)以来尊敬の念を示すようになった。嫌いだったウエイトトレーニングもダルビッシュの影響で2012年キャンプから積極的に取り組むようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た館山昌平館山 昌平

    初打点:2008年7月5日、対東京ヤクルトスワローズ7回戦(広島市民球場)、3回裏に館山昌平から右犠飛前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た田中浩康

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た吉村裕基

    初奪三振:同上、4回表に吉村裕基から前田健太 フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示

「前田健太」のニューストピックワード