95件中 21 - 30件表示
  • 前田健太

    前田健太から見た沢村栄治賞

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た大阪桐蔭中学校・高等学校

    プロ入りを念頭にPL学園に進学し、1年の夏からベンチ入り。大阪府大会では大阪桐蔭との大会史上初の決勝再試合で先発し、完投勝利を挙げた。第86回夏の甲子園では、初戦の日大三高戦で先発登板する。しかし、2回途中の守備で右足つけ根付近に打球を受けるアクシデントに見舞われるなど、5回を投げ被安打8、3失点で途中降板となり、5-8で敗れた。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た東京ヤクルトスワローズ

    、前年限りで引退した佐々岡真司の背番号18を受け継いだ。4月5日の対横浜戦で初登板初先発し、5回3失点の結果を残した。6月18日の対日本ハム戦で8回を2安打無失点4奪三振の好投(7回までは無安打)でプロ初勝利を飾り、9月20日の中日戦では初完封(無四球)も記録した。9月28日の広島市民球場の最後の公式戦(対ヤクルト21回戦)では、川島亮からプロ初本塁打を記録。この試合では勝利投手にもなり、旧市民球場最後の勝利投手となった。オールスター戦以降はローテーションに定着し、クライマックスシリーズ進出争いを繰り広げた9月と10月で4勝を記録。コルビー・ルイスに次ぐチーム2位タイの9勝(2敗)を挙げ、開幕前に自身が目標としたシーズン5勝を大幅に上回った。オフの契約更改では、およそ3倍増となる2,500万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た中日ドラゴンズ

    、開幕2試合目の巨人戦に先発し、シーズン初登板初勝利を挙げた。21歳の誕生日だった4月11日の対中日戦では、開場して2試合目のマツダスタジアムで自身2度目の無四球完封勝利を果たし、チームを新球場初勝利に導いた。しかしそれ以降、登板5連敗と7連敗を1度ずつ記録するなど大きく負けが先行してしまい、最終的に8勝14敗という低調な成績に終わった。この年の前田の得点援護率は3.28であり、これはセ・リーグの規定投球回数到達者の中で最も少なかった。前田はこの14敗のほとんどが接戦によるものであり、その原因を「勝ちきれない自分の弱さ」と「相手に投げ負けたこと」と分析。更に、試合全体ではなく勝負どころを抑えることが重要と考えてその後の投球に生かした。またポジティブな性格が、結果が出ない中でもプレッシャーに負けない気持ちを維持できた要因だと語っている。この年の巨人・中日・ヤクルトの上位3チームとの対戦では、防御率が全て2点台(先発では前田のみ)ながら4勝9敗と負け越した。しかし年間通じてローテーションを守り切り、チームトップ・リーグ3位の193投球回を記録。5回を持たずに降板した試合は僅か1試合のみだった。被本塁打は倍増したが、リーグ4位の147奪三振、四球はわずか29個、WHIPも前年より向上させ常に安定した投球を見せた。球団も投球内容を高く評価しており、オフの契約更改では、倍増に近い4,800万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た広島東洋カープ

    前田 健太(まえだ けんた、1988年4月11日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府泉北郡出身。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た北海道日本ハムファイターズ

    、前年限りで引退した佐々岡真司の背番号18を受け継いだ。4月5日の対横浜戦で初登板初先発し、5回3失点の結果を残した。6月18日の対日本ハム戦で8回を2安打無失点4奪三振の好投(7回までは無安打)でプロ初勝利を飾り、9月20日の中日戦では初完封(無四球)も記録した。9月28日の広島市民球場の最後の公式戦(対ヤクルト21回戦)では、川島亮からプロ初本塁打を記録。この試合では勝利投手にもなり、旧市民球場最後の勝利投手となった。オールスター戦以降はローテーションに定着し、クライマックスシリーズ進出争いを繰り広げた9月と10月で4勝を記録。コルビー・ルイスに次ぐチーム2位タイの9勝(2敗)を挙げ、開幕前に自身が目標としたシーズン5勝を大幅に上回った。オフの契約更改では、およそ3倍増となる2,500万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た横浜スタジアム

    4月6日、対横浜DeNA戦(横浜スタジアム)で相手を2四球に抑え、ノーヒットノーランを達成した。日本プロ野球でのノーヒットノーランは2006年の山本昌以来6年ぶり74人目(85回目)、セリーグ35人目(38度目)の快挙であった。また、広島の投手としては1999年の佐々岡真司以来13年ぶりの快挙達成となった。オールスターゲームにファン投票選出され第2戦(松山中央公園野球場)で先発して3回を1安打無失点に抑え勝利投手となり初のMVPを受賞。投手のMVP受賞は2004年第1戦の松坂大輔以来8年ぶり、広島の投手では1980年第3戦の江夏豊以来32年ぶりである。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た手塚一志

    サークルスクラッチは手塚一志が1995年に開発した、肩甲骨周辺のコーディネートドリル。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た石井杏奈 (歌手)

    石井杏奈「You're my Hero」(2011年 - )前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た宮本洋二郎

    9月25日の高校生ドラフト会議で、広島東洋カープから単独1位指名を受ける。10月13日に契約金8000万、年俸800万(金額は推定)で仮契約を結んだ。担当スカウトは宮本洋二郎前田健太 フレッシュアイペディアより)

95件中 21 - 30件表示

「前田健太」のニューストピックワード