95件中 31 - 40件表示
  • 前田健太

    前田健太から見た山田久志

    リズムのいい投球で、捕手から返球が来るとすぐ投球モーションに入る。フォロースルーが独特で、1度ボールを投げきったあともう1度小さく腕を振る動作を行う。細身の体ながら球数100球を超えても140km/h台中盤を連発できる体力・精神力を備え、投手三冠を獲得した2010年の奪三振率(7.26、リーグ6位)は平均をやや上まわるほどの数値であったものの、豊富なスタミナの持ち主で、2010年からは2年連続で投球回215回越えを果たしている。中4、5日で登板することができるタフさも併せ持ち、先発ローテーション定着後は毎年30試合前後の先発登板を記録している。パシフィック・リーグとセントラル・リーグの先発投手との間における実力格差が叫ばれる中、山田久志は「今、セントラル・リーグでエースと呼べるのはマエケンしかいない」と評している。打撃や守備にも優れており、特にバント処理に定評がある。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た福地寿樹

    、他球団からの研究が進んだことや近年の勤続疲労のせいか前半戦は不安定な投球が目立ったが、その後は徐々に調子を取り戻し、投球回数は自己最高を記録し、2年連続となる最多奪三振のタイトルを獲得した。最終登板となった10月25日の対ヤクルト戦(神宮球場)では9回1死までノーヒットノーランを続けていたが、1死から藤本敦士に初安打を許すと、畠山和洋の二ゴロで1-1の同点とされ、さらに続く福地寿樹にサヨナラ打を打たれ敗戦投手になった。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た辻内崇伸

    1年夏同様、2年夏にも大阪桐蔭と地区予選で対戦し、1学年上の平田良介・辻内崇伸、1学年下の中田翔らと対戦した。この年は打席で辻内の速球を右肘に受け、直後の投球で平田に逆転2ランを喫する。最終回に辻内から本塁打を放つが及ばず、2-4で敗れた。2年秋、コーチに相談し、一人で黙々と走りこみを行った結果、冬を越すと球速は10km/h上昇し、140km/h終盤を記録するようになった。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た長谷川良平

    結果この年は、自己最高の防御率1・53を記録し、自身二度目の最優秀防御率のタイトルを獲得した。また、今季最終戦(横浜スタジアム)を1失点完投で14勝目を挙げ、55年の長谷川良平を抜く、球団史上最高の防御率を樹立した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た渡辺亮

    初安打:2008年7月11日、対阪神タイガース9回戦(阪神甲子園球場)、7回表に渡辺亮から左前安打前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    非常に負けず嫌いな性格で、広島のトレーナーには「マエケンより『マケヘン』の方が合っている」と評された。また、楽天の田中将大が先に一軍で活躍していることに悔しい思いをしていたが、一方で刺激にもなったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た日本大学第三中学校・高等学校

    プロ入りを念頭にPL学園に進学し、1年の夏からベンチ入り。大阪府大会では大阪桐蔭との大会史上初の決勝再試合で先発し、完投勝利を挙げた。第86回夏の甲子園では、初戦の日大三高戦で先発登板する。しかし、2回途中の守備で右足つけ根付近に打球を受けるアクシデントに見舞われるなど、5回を投げ被安打8、3失点で途中降板となり、5-8で敗れた。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た開幕投手

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:2回 (2010年、2012年)前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たすぽると

    尊敬する選手はダルビッシュ有と公言している。2011年シーズンが本人並びに周囲の期待に反して不本意な成績で終えた事について、「エース」としてのプライドから両足のハムストリング(ふくらはぎ)の故障を抱えそれをチームメイト他周囲に隠しながら登板していた事を2012年2月21日放送のすぽるとにて明かした。それをただ一人ダルビッシュに気づかれた事で(「ケガしてるだろ?」と言われた)以来尊敬の念を示すようになった。嫌いだったウエイトトレーニングもダルビッシュの影響で2012年キャンプから積極的に取り組むようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

95件中 31 - 40件表示

「前田健太」のニューストピックワード