95件中 61 - 70件表示
  • 前田健太

    前田健太から見た2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    9月25日の高校生ドラフト会議で、広島東洋カープから単独1位指名を受ける。10月13日に契約金8000万、年俸800万(金額は推定)で仮契約を結んだ。担当スカウトは宮本洋二郎。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た明治神宮野球場

    、他球団からの研究が進んだことや近年の勤続疲労のせいか前半戦は不安定な投球が目立ったが、その後は徐々に調子を取り戻し、投球回数は自己最高を記録し、2年連続となる最多奪三振のタイトルを獲得した。最終登板となった10月25日の対ヤクルト戦(神宮球場)では9回1死までノーヒットノーランを続けていたが、1死から藤本敦士に初安打を許すと、畠山和洋の二ゴロで1-1の同点とされ、さらに続く福地寿樹にサヨナラ打を打たれ敗戦投手になった。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たカーブ (球種)

    スリークォーターから平均球速約145km/h、最速152km/hのストレートと、落差のある110km/h台のドロップ、数種類のスライダー、サークルチェンジ、ツーシーム(シュートと表記するメディアもあるが、本人はツーシームとして意識しているという)を武器とする。フォークも投げることができるが、高校卒業後は使用していない。そのプレイスタイルは高校の先輩・桑田真澄と似通っており、「桑田二世」と呼ばれる。プロ入り当初のスライダーは直球と球速差があり、変化も大きかったが、1年目のオフに佐々岡真司から握りを伝授されると、小さな変化で130km/h前後を記録するようになり、変化の大小や緩急、縦横の軌道を使い分けることができるようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た投手

    前田 健太(まえだ けんた、1988年4月11日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府泉北郡出身。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た福岡ドーム

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たクライマックスシリーズ

    、前年限りで引退した佐々岡真司の背番号18を受け継いだ。4月5日の対横浜戦で初登板初先発し、5回3失点の結果を残した。6月18日の対日本ハム戦で8回を2安打無失点4奪三振の好投(7回までは無安打)でプロ初勝利を飾り、9月20日の中日戦では初完封(無四球)も記録した。9月28日の広島市民球場の最後の公式戦(対ヤクルト21回戦)では、川島亮からプロ初本塁打を記録。この試合では勝利投手にもなり、旧市民球場最後の勝利投手となった。オールスター戦以降はローテーションに定着し、クライマックスシリーズ進出争いを繰り広げた9月と10月で4勝を記録。コルビー・ルイスに次ぐチーム2位タイの9勝(2敗)を挙げ、開幕前に自身が目標としたシーズン5勝を大幅に上回った。オフの契約更改では、およそ3倍増となる2,500万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たWHIP

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (最多奪三振賞:2011年6月)前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た最優秀防御率

    最優秀防御率:2回 (2010年、2012年)前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た栃木県立真岡工業高等学校

    3年春には近畿代表として第78回センバツ出場を果たした。1回戦の真岡工業高校戦で16奪三振完投勝利をあげた他、2回戦の愛知啓成高校戦では完封勝利を記録。準々決勝の秋田商業戦では本盗も見せた。準決勝で清峰高校に6失点で途中降板し、無念の敗退となった。3年夏は4番エースを務め、MAX148km/hを記録、高校通算27本塁打を放ったものの、府大会の準々決勝で敗退。これによって春の甲子園の記憶が消えてしまったが、一方でプロに入って見返す気持ちに切り替えられたという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

95件中 61 - 70件表示

「前田健太」のニューストピックワード