95件中 71 - 80件表示
  • 前田健太

    前田健太から見たPL学園中学校・高等学校

    プロ入りを念頭にPL学園に進学し、1年の夏からベンチ入り。大阪府大会では大阪桐蔭との大会史上初の決勝再試合で先発し、完投勝利を挙げた。第86回夏の甲子園では、初戦の日大三高戦で先発登板する。しかし、2回途中の守備で右足つけ根付近に打球を受けるアクシデントに見舞われるなど、5回を投げ被安打8、3失点で途中降板となり、5-8で敗れた。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た2013 ワールド・ベースボール・クラシック

    20 (WBC2013)※正式メンバー34人前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞選考委員特別賞:1回 (2012年)前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た最優秀投手

    最優秀投手:1回 (2010年)前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た第86回全国高等学校野球選手権大会

    プロ入りを念頭にPL学園に進学し、1年の夏からベンチ入り。大阪府大会では大阪桐蔭との大会史上初の決勝再試合で先発し、完投勝利を挙げた。第86回夏の甲子園では、初戦の日大三高戦で先発登板する。しかし、2回途中の守備で右足つけ根付近に打球を受けるアクシデントに見舞われるなど、5回を投げ被安打8、3失点で途中降板となり、5-8で敗れた。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たチェンジアップ

    スリークォーターから平均球速約145km/h、最速152km/hのストレートと、落差のある110km/h台のドロップ、数種類のスライダー、サークルチェンジ、ツーシーム(シュートと表記するメディアもあるが、本人はツーシームとして意識しているという)を武器とする。フォークも投げることができるが、高校卒業後は使用していない。そのプレイスタイルは高校の先輩・桑田真澄と似通っており、「桑田二世」と呼ばれる。プロ入り当初のスライダーは直球と球速差があり、変化も大きかったが、1年目のオフに佐々岡真司から握りを伝授されると、小さな変化で130km/h前後を記録するようになり、変化の大小や緩急、縦横の軌道を使い分けることができるようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た奪三振率

    リズムのいい投球で、捕手から返球が来るとすぐ投球モーションに入る。フォロースルーが独特で、1度ボールを投げきったあともう1度小さく腕を振る動作を行う。細身の体ながら球数100球を超えても140km/h台中盤を連発できる体力・精神力を備え、投手三冠を獲得した2010年の奪三振率(7.26、リーグ6位)は平均をやや上まわるほどの数値であったものの、豊富なスタミナの持ち主で、2010年からは2年連続で投球回215回越えを果たしている。中4、5日で登板することができるタフさも併せ持ち、先発ローテーション定着後は毎年30試合前後の先発登板を記録している。パシフィック・リーグとセントラル・リーグの先発投手との間における実力格差が叫ばれる中、山田久志は「今、セントラル・リーグでエースと呼べるのはマエケンしかいない」と評している。打撃や守備にも優れており、特にバント処理に定評がある。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たスリークォーター

    スリークォーターから平均球速約145km/h、最速152km/hのストレートと、落差のある110km/h台のドロップ、数種類のスライダー、サークルチェンジ、ツーシーム(シュートと表記するメディアもあるが、本人はツーシームとして意識しているという)を武器とする。フォークも投げることができるが、高校卒業後は使用していない。そのプレイスタイルは高校の先輩・桑田真澄と似通っており、「桑田二世」と呼ばれる。プロ入り当初のスライダーは直球と球速差があり、変化も大きかったが、1年目のオフに佐々岡真司から握りを伝授されると、小さな変化で130km/h前後を記録するようになり、変化の大小や緩急、縦横の軌道を使い分けることができるようになったという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たプロ野球選手

    前田 健太(まえだ けんた、1988年4月11日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府泉北郡出身。前田健太 フレッシュアイペディアより)

95件中 71 - 80件表示

「前田健太」のニューストピックワード