前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • LOVE ME DO (芸人)

    LOVE ME DO (芸人)から見た前田遼一前田遼一

    2011年1月25日2011年アジアカップカタール大会の準決勝の試合前にTwitterでつぶやいた占いで前田遼一選手のゴールを西洋占星術を使い予言し的中させていた。LOVE ME DO (芸人) フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見た前田遼一前田遼一

    フィッカデンティ体制2年目。エドゥー、塩田仁史、渡邉千真らが退団し、前田遼一、榎本達也らを獲得。丸山祐市、林容平、橋本拳人が期限付きから復帰。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • デスゴール

    デスゴールから見た前田遼一前田遼一

    デスゴール フレッシュアイペディアより)

  • 須賀雄大

    須賀雄大から見た前田遼一前田遼一

    東京都新宿区出身。小学生時代にはわんぱく相撲新宿区大会で優勝。暁星小学校、暁星中学校・高等学校を経て、暁星高校サッカー部引退を機に森のくまさんを立ち上げてフットサルを本格的に始める。暁星高校では1年先輩に前田遼一がおり、北原亘や稲葉洸太郎と同期で、北原や稲葉とはくまさんでも一緒にプレーした。暁星高校サッカー部ではBチームであり、途中からは選手ではなくマネージャーを務めていた。2001年には都立駒場高校サッカー部OBの太見寿人らがBOTSWANA FC MEGUROを結成。翌年にはBOTSWANAにくまさんが合流し、東京都オープンリーグ、東京都フットサルリーグ2部、東京都フットサルリーグ1部と3年連続で優勝してカテゴリーを駆け上がる。2005年に選手としての活動を引退。須賀雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た前田遼一前田遼一

    後半開始前、C大阪監督の塚田雄二は攻撃の起点となっていたMF酒本憲幸を下げ、FW徳重隆明を投入する。塚田は試合後にこの交代の意図を「(酒本の)個人技で崩して抜いていく部分もあったんですが、あそこのところを(徳重へのパスによる)スピードで抜きたいという部分があった」と語っていたが、これが逆に中盤のバランスを崩すこととなり、磐田にセカンドボールを奪われる場面が目立つようになる。これを見た磐田監督の柳下正明は後半22分に切り札であるFW中山雅史を投入。この采配が当たり、後半26分、最終ラインからのロングボールを受けて右サイドでボールキープに入った中山が中央に走りこんだFW前田遼一にパス、前田はダイレクトでFWロドリーゴ・グラウに流すと、グラウは個人技でC大阪のDF柳本啓成を交わしてシュート、これが決まって磐田に待望の先制点が入った。第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た前田遼一前田遼一

    2010年は、開幕からFWのポジション争いに打ち勝ちレギュラーを掴むと、ACLグループリーグ第3節シンガポール・アームド・フォーシズ戦ではプロ入り初のハットトリックを達成し、リーグ戦でもゴールを量産して得点王争いに加わり、チームトップ、日本人選手では前田遼一に次ぐリーグ5位タイの14得点を挙げる活躍を見せた。『Sports Graphic Number』2010年9月2日号では、トップスピードに到達するまでが早いと評された。2010年のシーズン終了後には、アジアサッカー連盟に提出するAFCアジアカップ2011の日本代表予備登録メンバー50名にも選ばれた。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグ ディビジョン2

    2014年のJリーグ ディビジョン2から見た前田遼一前田遼一

    その一方で、前年のJ1からJ2降格となった磐田はフロント陣を一新。大分での経験を持つペリクレス・シャムスカを監督に迎え、日本代表の経験を持つFW前田遼一・DF駒野友一・MF山田大記らが残留。さらにヨーロッパでプレーしていた元日本代表MF松井大輔が新加入する など、シーズン前の下馬評では「J2優勝、最低でも自動昇格枠」と言われていたが、元J1チームを“食ってやろう”とするJ2各チームのモチベーションの前に“J2の洗礼”を浴び、前半戦を終えた時点では13勝4分4敗で松本を得失点差で上回るのみの2位。後半戦に入るとさらに失速し、第33節終了時点で3勝4分5敗となった時点でシャムスカを解任。後任に磐田の黄金期を支えた名波浩を招聘するも松本に追いつくことは出来ず、逆に終盤で6戦連続未勝利を喫するなど失速した。2014年のJリーグ ディビジョン2 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のJ2リーグ

    2015年のJ2リーグから見た前田遼一前田遼一

    金沢に替わって首位戦線の主役に躍り出たのは、序盤こそもたついたものの渋谷洋樹監督の掲げる「負けないサッカー」が浸透した大宮である。着実に勝ち点を積み上げ、第15節で首位を奪うとそこから独走態勢に入り、第29節終了時点では2位磐田と勝ち点差16まで開き、優勝は時間の問題とさえ思われた。ところが、大宮は第29節から4節未勝利(1分3敗)、連勝の後第35節から再び4戦未勝利(2分2敗)と勢いが止まる。ここにジェイの加入で前田遼一の穴を埋め、年間を通じて安定した戦いぶりを見せた磐田と、開幕3連敗で一時は最下位に沈むものの、この年監督に就任した井原正巳による守備の再構築と途中加入のFWウェリントンを軸とした攻撃がかみ合い、第25節以降の10試合で6勝3分1敗というハイペースで勝ち点を一気に積み上げた福岡の2チームが絡み、40節終了(残り2節)の時点で大宮と磐田の勝ち点差が2、磐田と福岡の勝ち点差が2という混戦状態となる。迎えた第41節、大宮はホームで大分に0-2からの逆転勝ちを収め、磐田がホームで横浜FC相手にスコアレスドローとなったため、大宮の優勝・J1自動昇格が決まる。福岡はホームで愛媛相手に勝利し、磐田と福岡の勝ち点が並んだ状態で最終節(第42節)を迎えることになった。迎えた最終節、磐田は大分相手に後半アディショナルタイム突入直前に同点に追いつかれるものの、直後にMF小林祐希が勝ち越しゴールを挙げて何とか振り切り、4得点を挙げて岐阜に勝利した福岡を得失点差でかろうじて交わして2位となり、J1自動昇格を果たした。福岡はリーグ戦8連勝(12戦負け無し=11勝1分け)でシーズンを終えたが、自動昇格には一歩及ばず昇格プレーオフに回ることとなった。2015年のJ2リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た前田遼一前田遼一

    崔は日本サッカーに関して「Jリーグは前線よりも中盤に重点を置いているため、よいFWが育ちにくい環境にある。鈴木(隆行)も玉田(圭司)も柳沢(敦)も自分から点を取るタイプではないだろう。本物のストライカーと呼べるのは高原(直泰)とゴン中山さんくらいだろう」「特にゴン中山さんのあのプロ魂には感服する、だから40を過ぎてもまだサッカーを続けていられるんだ。若いカレンや前田(遼一)はゴン中山さんを見習えばもっと成長する」とコメントしている。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J1・2ndステージ最終節

    2003年J1・2ndステージ最終節から見た前田遼一前田遼一

    試合は序盤から各地で動く。横浜では前半2分、磐田FW前田遼一が横浜FM陣内左サイドで粘ったボールをMFジヴコヴィッチがセンタリング、これをFWグラウが左足であわせて磐田が先制、磐田優位の状況を生み出す。一方、埼スタでは前半6分にMF小笠原満男のボレーシュートが決まって鹿島が先制する。2003年J1・2ndステージ最終節 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「前田遼一」のニューストピックワード