38件中 11 - 20件表示
  • 太見寿人

    太見寿人から見た前田遼一前田遼一

    8歳からサッカーを始め、1997年度の全国高校サッカー選手権大会に初出場した東京都立駒場高等学校へ翌年入学。駒場高校では東京都国体選抜メンバーに2年と3年時に連続で選出され、現プロサッカー選手の前田遼一や田中達也と共にプレーした。なお、高校の同期には元アビスパ福岡の福嶋洋がいた。太見寿人 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴尾直軌

    鳴尾直軌から見た前田遼一前田遼一

    大学卒業後、JFLに属していたモンテディオ山形でキャリアをスタートさせる。1998年に所属していたソニー仙台FCでの活躍が認められ、1999年にJ2(当時)・アルビレックス新潟へ移籍した。新潟ではエースストライカーとして活躍し、2000年には2度のハットトリックを含む17得点を挙げた。2001年にジュビロ磐田へ移籍するが、中山雅史や奥大介、前田遼一といった主力選手から定位置を奪うことは出来ず、2002年6月にサンフレッチェ広島へ期限付き移籍した。2003年にサガン鳥栖へ移籍して、2004年に現役引退。鳴尾直軌 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のJリーグ

    2010年のJリーグから見た前田遼一前田遼一

    前田遼一(ジュビロ磐田 2010年11月27日 - 第33節vs名古屋グランパス・ヤマハスタジアム)2010年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 成岡翔

    成岡翔から見た前田遼一前田遼一

    2006年には、名古屋に移籍した藤田俊哉が長年つけていた背番号10を与えられた。黄金期を支えた選手の移籍が相次ぐ中、2007年は課題といわれた試合中の接触プレー等による負傷離脱も克服し、中心選手の1人として活躍するなど「ずっとライバルだと思っている」(前田遼一と行ったトークライブでの成岡自身の発言)高校時代の先輩でプロの実績では先行している長谷部誠の後を追っている。成岡翔 フレッシュアイペディアより)

  • 金山隼樹

    金山隼樹から見た前田遼一前田遼一

    3月2日に行われたジュビロ磐田との開幕戦では開幕スタメンを果たし、再三のピンチに好セーブを見せ、前田遼一のPKを止めるなどチームの完封勝利に貢献した。金山隼樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年J1最終節

    2012年J1最終節から見た前田遼一前田遼一

    最初に得点が動いたのは磐田での試合だった。前半5分、磐田MF山田大記が右サイドを突破して中へライナー性の速いクロス。エリア内の混戦の末、G大阪DF加地亮がラインギリギリでクリアするも、このクリアボールが磐田FW前田遼一にあたってゴールに吸い込まれ、G大阪が開始早々に失点を許す展開となった。そのままスコアは動かず前半を折り返す。2012年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のJリーグカップ

    2010年のJリーグカップから見た前田遼一前田遼一

    試合は前半36分、広島GK西川周作のキックミスを拾っての速攻から最後は磐田MF船谷圭祐が頭で押しこんで磐田が先制するも、その7分後には広島MFミキッチのドリブル突破から生まれたチャンスをFW李忠成がものにして、同点で前半を折り返す。後半開始直後3分に広島MF森崎和幸のロングパスがゴール前に抜け出したMF山岸智に通り、そのまま磐田GK川口能活との1対1となってゴールを挙げ広島が逆転。その後の磐田の攻勢を広島がかわし続け、このまま広島が逃げ切るかと思われたが、後半44分に磐田MF上田康太のセンタリングにMF那須大亮が頭であわせ、これを広島GK西川がはじいたこぼれ球をFW前田遼一が押しこみ、土壇場で同点に追いついて延長戦に突入する。2010年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツに関する都市伝説

    スポーツに関する都市伝説から見た前田遼一前田遼一

    ジュビロ磐田(当時)FW前田遼一にJ1リーグ戦でシーズン初ゴールを許すと、そのクラブはその年J2に降格するというジンクス。事実、2007-2012年までの6シーズン連続で前田にシーズン初ゴールを許したクラブ(ヴァンフォーレ甲府、東京ヴェルディ1969、ジェフユナイテッド市原・千葉、京都サンガF.C.、モンテディオ山形、ガンバ大阪)はJ2に降格している。2013年、シーズン初ゴールの相手となった浦和レッズがJ1残留し、逆に前田が所属していた磐田がJ2に降格したことでこのジンクスは終わりを告げる。その後前田は2015年にFC東京に移籍した。スポーツに関する都市伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 伊野波雅彦

    伊野波雅彦から見た前田遼一前田遼一

    2011年のアジアカップでサウジアラビア戦に後半から内田篤人と交代で日本代表初出場を果たし、直後に前田遼一へのアシストを決めた。内田の出場停止により初の先発出場となった準々決勝のカタール戦ではオフサイドをかけ損なって失点につなげるなど終始低調なパフォーマンスだったが終盤に値千金の決勝点を決めた。伊野波雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 川又堅碁

    川又堅碁から見た前田遼一前田遼一

    2017年シーズンより名古屋からジュビロ磐田へ完全移籍する事が発表された。3月11日、第3節の大宮アルディージャ戦で移籍後初得点を決めた。昨シーズンまで在籍したジェイが昨季14得点に対して川又は昨季5得点しか決めておらず、名波浩監督の元にも「『点を取っていないFWを獲ってどうするんだ』という声が自分まで届いてきた」と批判的な声もあったが、「外国人FWを獲らないということは、川又に対する『お前が年間を通して出続けなければいけないんだぞ』『そういう覚悟を持って、練習から常に全力でやれよ』という無言のメッセージでもあります」、「興梠慎三、佐藤寿人、前田遼一とか、多くのストライカーが30歳あたりから改めて点を取り出している。それを考えれば、27歳はまだ若い。にもかかわらず、外国人FWを獲ってしまえば、その可能性にフタをしてしまうことになりかねない」と川又を信頼し、第24節のヴィッセル神戸戦で自身4シーズンぶりの2桁得点をマークした。最終的には、昨季のジェイと同じシーズン14得点を挙げ、シーズン終了後の12月4日にEAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017に挑む日本代表メンバーに2年4ヶ月ぶりに追加招集された。川又堅碁 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「前田遼一」のニューストピックワード