1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見た前田遼一前田遼一

    2009年は5月2日のJ1の大宮戦でプロ入り後初のハットトリックを決めるなど(この日は、年に一度しか来ない家族が見に行った日でもあった)、一時磐田の前田遼一と得点王の座を争う程ゴールを量産。チームのリーグ5位、ナビスコカップ決勝進出の原動力となり、同年10月には約5年半ぶりに日本代表に招集された。しかし、10月17日の柏戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。チームが2度目の優勝を決めたナビスコカップ決勝には出場できなかった。12月のJリーグアウォーズでは活躍を評価され、初めてJリーグベストイレブンに選出された。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見た前田遼一前田遼一

    10月9日 - 前田遼一、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • ジンクス

    ジンクスから見た前田遼一前田遼一

    前田の呪い- 前田遼一がシーズン初ゴールを決めた相手チームは、必ずJ2陥落となる 。ジンクス フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤寿人

    佐藤寿人から見た前田遼一前田遼一

    10月、前田遼一の怪我による離脱に伴い、アルベルト・ザッケローニ率いる日本代表に2年ぶりに招集されるも出場機会はなかった。11月、仙台時代のチームメイト、森保一監督の下、年間初優勝。個人としては得点ランキングにおいて序盤から2位以下を大差で引き離して得点王のタイトルを獲得。Jリーグアウォーズでは、得点王に加え、MVP、ベストイレブン、フェアプレー賞を受賞し史上初の四冠を達成した。12月に開催されたFIFAクラブワールドカップ2012では3得点を挙げ、セサル・デルガドと共に大会得点王を獲得した。翌年1月28日、全国のサッカー担当記者の投票により決められる2012年度の日本年間最優秀選手賞に選出された。佐藤寿人 フレッシュアイペディアより)

  • 成岡翔

    成岡翔から見た前田遼一前田遼一

    2003年に磐田へ入団。1年目からリーグ戦に出場し、プレースタイルを模索しつつも着実にキャリアを積み重ねていく。2006年には、名古屋に移籍した藤田俊哉が長年つけていた背番号10を与えられた。黄金期を支えた選手の移籍が相次ぐ中、2007年は課題といわれた試合中での接触プレー等による負傷離脱も克服し、中心選手の1人として活躍するなど「ずっとライバルだと思っている」(前田遼一と行ったトークライブでの成岡自身の発言)高校時代の先輩でプロの実績では先行している長谷部誠の後を追っている。成岡翔 フレッシュアイペディアより)

  • 村井慎二

    村井慎二から見た前田遼一前田遼一

    磐田ではジェフ時代よりも守備が要求され、また連携がなかなかうまくいかない中、前田遼一とのコンビを比較的早く成立させ、彼の得点を何度もアシストしている。そして2005年の東アジア選手権では、日本代表に初招集された。村井慎二 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツに関する都市伝説

    スポーツに関する都市伝説から見た前田遼一前田遼一

    前田遼一シーズン初ゴールのジンクススポーツに関する都市伝説 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た前田遼一前田遼一

    10月9日 - 前田遼一、サッカー選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「前田遼一」のニューストピックワード