128件中 41 - 50件表示
  • 前田遼一

    前田遼一から見たAC長野パルセイロ

    2012年の対象クラブはJリーグの「オリジナル10」の一つであり、降格経験のないガンバ大阪であったが、G大阪もまた前年まで3、2、3位と続いていた好成績が一転して残留争いに巻き込まれ、最終節で磐田との対戦に敗れれば降格という事態に陥る。そして試合は、前田の1得点1アシストを含む2-1のスコアで磐田が勝利し、G大阪の降格が決定。6年連続でジンクスが継続する結果となったが、2013年に前田がシーズン初ゴールを決めた浦和レッズは残留し、逆にこの年は自身の所属する磐田がJ2に降格してしまった。2014年に前田がシーズン初ゴールを決めたカマタマーレ讃岐も年間21位の成績でJ2・J3入れ替え戦に回るも、AC長野パルセイロに勝ち、J2残留を決めた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たサッカーイタリア代表

    2013年のFIFAコンフェレーションズカップでも、得点場面だけではない90分通しての貢献度を高く評価されて全3試合に出場。ザッケローニからはイタリア代表戦においてアンドレア・ピルロ対策を完璧に行ったと賛辞され、元イタリア代表監督のアリゴ・サッキからも同試合で一番印象に残った選手として挙げられたが、好機を逸し無得点に終わる。その後、代表経験の少ない選手中心で臨んだ東アジア選手権で柿谷と大迫が活躍すると、以降はその2人を起用する形となり、2014 FIFAワールドカップ本大会メンバーからも外れた。W杯メンバーからは外れたものの、メンバー発表後にザッケローニは通訳の矢野大輔を通じて電話で前田にこれまでの感謝の言葉を送っている。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た横浜市

    兵庫県神戸市で生まれる。1歳の頃からアメリカへ転居し、小学1年生までの6年間をロサンゼルスで過ごす。日本へ帰国し小学2年生からは東京都の小学校へ、同3年生時に横浜市へ転居し鴨志田緑小学校に通った。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たアルビレックス新潟

    2010年3月13日:J1通算200試合出場 - J1第2節 vsアルビレックス新潟 (東北電力ビッグスワンスタジアム)前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たモンテディオ山形

    「前田遼一がリーグ戦でシーズン最初のゴールを決めた相手はJ2に降格する」という内容のジンクス「前田(遼一)の呪い」が、2012年シーズン終盤に相次いで報じられた。現に、2007年のヴァンフォーレ甲府に始まり、東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド市原・千葉、京都サンガF.C.、モンテディオ山形と5年連続で対象クラブの降格が続いていた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た帝京高校

    高校生時には国体東京都代表として1学年下の田中達也(帝京高校)らとともに2年次にベスト8入り。暁星高では主将も務めていたが、全国高校選手権は高2高3のいずれも東京都予選の準決勝で敗退したため1度も出場できなかった。また、ヴェルディ川崎の強化指定選手に登録されていた。当時は全国高校選手権で活躍した3学年年上の中村俊輔に憧れ、足元の技術やプレースタイル全般について影響を受けた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たジュビロ磐田

    慶應義塾大学に推薦入学が決まっていたが、Jリーグ13チームからの勧誘や高校の監督の薦めもあってプロ入りを決断し、2000年よりジュビロ磐田に入団。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ 1試合1得点前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たサッカー日本代表

    前田 遼一(まえだ りょういち、1981年10月9日 - )は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た川崎フロンターレ

    2000年5月3日:Jリーグ初出場 - J1 1st第10節 vs川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)前田遼一 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「前田遼一」のニューストピックワード