68件中 51 - 60件表示
  • 前田遼一

    前田遼一から見たゼネラルマネージャー

    多くのスポーツ新聞やテレビ番組等に報じられ、過熱する「デスゴール報道」に、磐田は困惑し、服部健二GMは報道陣に対し、「パフォーマンスに影響が出る可能性があるので、1点目を取るまでは磐田発信でのこの件に関する報道は控えてほしい」と報道の自粛を要請した。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たサッカーウズベキスタン代表

    2012年も代表に呼ばれ続け、ザッケローニが海外でプレーしている選手のFWが見たいと明言した2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選のウズベキスタン戦以外の全ての試合に招集されるも、欧州遠征では練習中に左太腿裏痛め、途中離脱となり、試合には出場できなかった。2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選では、全ての試合にスタメン出場をし、5試合で3ゴールをあげた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たハットトリック

    2008年、序盤は怪我で離脱したが中盤以降復帰し、10月5日、ヤマハスタジアムでのコンサドーレ札幌戦では、2005年7月9日のセレッソ大阪戦以来となる3年ぶりのハットトリックを達成した。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た長居陸上競技場

    2007年10月17日 - A代表初得点 (親善試合) - 対エジプト戦 (長居陸上競技場)前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たオリジナル10

    2012年の対象クラブはJリーグの「オリジナル10」のひとつであり、降格経験のないガンバ大阪であったが、G大阪もまた前年まで3、2、3位と続いていた好成績が一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でジュビロ磐田との対戦に敗れれば降格という事態に陥る。そして試合は、前田の1得点1アシストを含む2-1のスコアで磐田が勝利し、G大阪は降格が決定。6年連続でジンクスが継続する結果となった。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たAFCアジアカップ2011

    2010年、アルベルト・ザッケローニが監督に就任して以降は初采配時から代表に選ばれ、2011年1月に行われたAFCアジアカップ2011で日本代表に選出され、全6試合に先発出場。グループリーグのサウジアラビア戦では2得点。準決勝韓国戦では同点に追いつくゴールを決め、日本代表の2大会ぶり4回目の優勝に貢献した。怪我の影響でその後少しの間呼ばれなくなるが、同年11月、代表に復帰し、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選のタジキスタン戦では途中出場し1得点。北朝鮮戦ではスタメン出場を果たした。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た暁星中学校・高等学校

    兵庫県神戸市で生まれる。1歳の頃からアメリカへ転居し、小学1年生までの6年間をロサンゼルスで過ごす。小学2年生の頃に日本に帰国し、東京、横浜へと転居した。横浜市の鴨志田緑小学校3年生の時に本格的にサッカーを始める。その後、東京都の暁星中学校でサッカー部に入部し、東京都選抜チーム、ナショナルトレセンの一員となった。暁星高校時代は東京都代表の国体選抜メンバーやU-18日本代表、ヴェルディ川崎の強化指定選手にも選ばれ、国体選抜では1学年下の田中達也とともに、2年次の国体ではベスト8に入る。高校サッカー選手権予選では、高2高3のいずれも東京都予選の準決勝で敗れた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たミッドフィルダー

    ジュビロ磐田入団時のポジションはミッドフィルダーであった。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たサッカーサウジアラビア代表

    2010年、アルベルト・ザッケローニが監督に就任して以降は初采配時から代表に選ばれ、2011年1月に行われたAFCアジアカップ2011で日本代表に選出され、全6試合に先発出場。グループリーグのサウジアラビア戦では2得点。準決勝韓国戦では同点に追いつくゴールを決め、日本代表の2大会ぶり4回目の優勝に貢献した。怪我の影響でその後少しの間呼ばれなくなるが、同年11月、代表に復帰し、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選のタジキスタン戦では途中出場し1得点。北朝鮮戦ではスタメン出場を果たした。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た2010年のJリーグ

    2010年11月27日、ヤマハスタジアムでの名古屋グランパス戦で、史上9人目 (日本人のみでは5人目) となるJ1通算100ゴールをヘディングで決め達成する。また、ジュビロ磐田に所属経験のある選手としては中山雅史、藤田俊哉(達成時は名古屋グランパス)に次ぐ3人目のJ1通算100ゴール達成者となる。ひとつのクラブで通算100ゴールを達成したのは日本人では中山と前田のみである。また、得点は去年よりも減少はしたものの、17得点を記録し、2年連続の得点王(ジョシュア・ケネディ(名古屋)と同点で、2者が受賞)に輝いた。2年連続得点王は史上初である個人タイトルとしてはこの他にヤマザキナビスコカップMVPそして、Jリーグベストイレブンにも2年連続で選ばれた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「前田遼一」のニューストピックワード